腸元氣堂のブログ

腸元氣堂のブログ

腸を元氣にするセラピスト。

腸活には腸もみ整体がおすすめです。

東京3店舗つくばで1店舗で展開中。

腸元氣堂です。

 

 

むくみとは間質液中に水分が多くなりすぎることです。

血管内や細胞内に水を保持する機能の低下です。

下図で言えば真ん中に水分が溜まりすぎることです。

248946669_2115335628616691_2231094410139234945_n

 

 

上の図で胃腸や呼吸、腎臓などの影響を受けて血漿が維持されます。

いわゆる血管内の水分です。

この水分はアルブミンというたんぱく質で維持されています。

私のサロンでむくみが解消される大きな原因のひとつにこのアルブミン不足の解消があると思っています。

それはだし汁効果であり、胃がたんぱく質の消化をうまくできるようになったからなのだと考えられます。

 

 

次に上の図で真ん中に位置する間質液ですが、

この部分の水分はナトリウム量によって調節されています。

このため塩分の摂り過ぎによるむくみが起こります。

 

ナトリウム濃度異常を考える 際に最も重要なのは、

ナトリウム濃度 の異常はナトリウムに対する水の相対 量の異常であるということです。

ナト リウム量が同じでも、水分量の変動に よりナトリウム濃度も変動することに なります。

(中略)

血清ナトリウム値は通常135~145mEqという狭い範囲で調節されます。

この微調節はナトリウムではなく、水の出し入れを調節することでなされていて、

その中心は抗利尿ホルモンに よる腎臓での水の調節と口渇による飲 水の2つです。

こちら参照→『電解質異常、ナトリウムとカリウム』

 

 

ナトリウムと関係の深いカリウムは細胞内に多く存在します。

上の図で言うと細胞内液の部分です。

この部分の水分を維持させているのがカリウムで不足すると水分が維持できなくなります。

細胞内で発生した老廃物の運搬も水分不足ではうまく行われず、

ナトリウムとカリウムのバランスは細胞膜を隔てて水分調節に大きく貢献しています。

 

 

 

ナトリウムもカリウムも身体には必要なので

私のサロンでは塩分を取り過ぎないようにとは話しません。

 

塩分はしっかり選ぶように話しています。

 

塩にはたくさん種類があります。

一番選んではいけない塩はナトリウム100%の塩です。

細胞にミネラルが行き渡らなくなります。

 

海塩だとカリウムも入っています。

私のサロンで紹介しているお塩にはカリウムも含まれています。

0000bunseki-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

こちらです。

67708613_1391008471049414_5408020397314539520_n

 

 

むくみ解消の決め手はやはり腸もみ。

腸管の群がりの後ろにある胸管はリンパを通しています。

腸もみをすることでこの部分の刺激も行うことになります。

 

特に足やお腹のむくみが気になる方にはおススメです。

249314944_2115377221945865_7312085396359459971_n

 

食事改善と腸もみ整体でむくみ解消する理由をまとめてみました。

20210408%e3%81%a80614zengo_page-0002

 

 

 

【美容&健康マンガ 腸もみでカラダをメンテナンス】
漫画で分かりやすく腸元氣堂をお伝えしてます。
こちら
74467913_1454617424688518_6535315575822876672_n
【腸もみ・整体のご予約】
メールはこちら
お電話はこちら⇒ 03-6662-4642
tyo-genki_075
◆腸もみ整体 綾瀬店(本店)
東京都足立区綾瀬2-5-10 高富ビル102
◆腸もみ整体 Kjour銀座店 ※女性限定
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル4F
◆腸もみ整体 Yim Yim Studio 中延店
東京都品川区豊町6-12-9
◆腸もみ整体 嵐の湯つくば店
茨城県牛久市ひたち野西3-36-1



引用元:【東京】腸もみ整体 むくみの原因を知り腸もみ整体で流れを作る・・・