女子聖学院、合格していました!! | nito column
新型コロナウイルスに関する情報について

nito column

教室長や講師達の、日々の「気付き」を綴っていきます。

こんばんは。

塾長ですブタ

 

中学受験、最後の一人、

女子聖学院合格していましたお祝い

 

Aちゃん、

合格おめでとうキラキラキラキラキラキラ

 

他校の結果待ちをしていたのです。

なんと、昭和女子大学付属は、

今年、昨年の倍以上の倍率でした。

2科受験だと、

実質倍率抜きに考えると、8倍以上の倍率でした。

その結果待ちをしていたので、

三日目の最後まで待っていたのですが、無念。

 

しかしながら、

女子聖学院は、

一日目も、二日目の午前も受験していなかったにもかかわらず、

二日目の午後日程で合格できたので、

私の方がドキドキしていたので、本当にほっとしました。

 

Aちゃんは、お兄ちゃんもnito個別学院の生徒です。

最初は受験をするとかしないとかではなく、

二年前からバレエやダンス、テニスなど、

習いごともたくさんしていました。

また、どちらかと言えば恥ずかしがり屋さんなので、

遠足やクリスマス会などのイベントには、

お友達が参加しないと参加しません。

昨年の読書感想文教室では、

私が泣かせてしまいました。

そうです、繊細な心の持ち主です。

そして、勉強はあまり好きではありません(笑)

中学受験を決心したのも、小学6年生の直前だったと思います。

 

受験まで、紆余曲折ありましたが、

最終的には、

Aちゃんが行きたいと思っている女子聖学院に合格出来て、

私もほっとしています。

 

しかも、お母様はとてもお仕事が忙しいのに、

Aちゃんの受験は大変だったと思います。

本当にお疲れさまでした。

 

中学ではテニス部に入るともう決めているそうなので、

のびのびと、楽しい中学生活を過ごしてほしいなーと思います。

ただ、定期テストは頑張って、成績は上位を目指しましょう!

本人もそれは心得ているようで、

受験の翌日の2月4日(火)から、

すでに、中学入学に向けて英語もスタートしました。

中学での活躍、期待しています音譜

 

最後になりますが、

あらためまして、

 

Aちゃん、お母様、

合格おめでとうございましたお祝い

 

 

 

 

 

 

 

ぶーぶー塾長ぶーぶー