兵庫県西宮市
自分時間と家族時間の質をあげる
お母さんのためのアトリエ、お裁縫スペースstitch店主、
秋満かずえです。

本日のアカデミー、テーマはコンプレックス!
わたくし、ながーいリストにして参加しました。


右の鮎美さん
「コンプレックス?たぶん、ないわ!」と話してるシーンキラキラ



コンプレックスなら
なんぼでも書けます。
なかでも、
スローペースなことは自分の中で相当なコンプレックスです。



とっさに考えて、臨機応変に動いたりすることは苦手だから、プロジェクトを企画するとき
初めてのときはあらゆることを想定して、
入念に準備してのぞみます。

だから、
あれも




これも



これはもちろん



そして、これだって



ワクワクはしながら、
一方で、ゼーハーゼーハー相当なエネルギーを費やして挑戦しています。


もう、なんでこんなことひらめいちゃったんや~!
わたしのバカ~!!
と。


だけど、こうやってトライしてきた向こうには、いつも想像もできなかった世界がひろがっていて、
(ちなみに想像できるのは、大抵悪いほうの未来、◯◯になったらどうしよう、
◯◯がおきて困るかも、迷惑かけたり嫌われたりしないかな、というもの)


スローだってオッケー!
要領がわるくたって、
緊張しいだって、それがどうしたん?

と、ありのままのわたしのことを受け入れてくれる世界がありました。






そうやってエイヤッ!と挑戦することを
いつもそばで見せてくれる人がいるから、頑張れるし、枠を外してみることを許可できる。




挑戦したその先に
自分だけじゃなくて、かかわっている人たちの笑顔や次の未来をまた創造していけるんだよ
と見せてくれる人。

私にとって、佐伯あこさんはそういう存在です。


怖いはゴーサイン!

あこさんが私たちに向けて何度も何度も言ってくれる言葉です。

カッコつけてるつもりでも、
考えているよりも実は周りのみんなはぜんぶお見通しで、
もっともっとリラックスして
オープンハートでいても大丈夫なんだよって、迎えてくれます。



こうやって、学んで、実践して、自分で体験したことをまたstitchから循環させていきたいと思います。

佐伯あこさんから

毎日届くメルマガ

2020年こそは手帳が1年続く

無料小冊子プレゼント付き

下矢印下矢印

https://peraichi.com/landing_pages/view/sumpeace21