【アイスブレイクで使える】自分の話を聞いてもらえる喜びを体感するトーキングゲーム | 出張マジックショーや体験型イベント企画とコミュニケーションスキルアップ研修 コミュニケーションマジシャンMr.ニンニン

出張マジックショーや体験型イベント企画とコミュニケーションスキルアップ研修 コミュニケーションマジシャンMr.ニンニン

楽しい時間を過ごしていただく出張マジックや体験型マジック、手品を使ったユニークなコミュニケーションスキルを伝授する忍者マジシャンMr.ニンニンの活動や利用事例をご紹介します。

こんにちは、社内イベントや社内レク、労働組合イベント企画向けの
体験型マジックプランを提案しているイベント会社代表の藤川です。

 

初めての人があつまるオンライン飲み会などの集まり機会や、オンライン社内イベントや、オンライン組合レクなど、開催される機会も増えています。

 

 

 

 

 

特に初めての人たちとの交流では、自己紹介を行うことも多いですが、繋がりを強くし、そのあともコミュニケーションを円滑にするには、


意外な一面を感じてもらえたり、共通項を見つけてもらえるような、アイスブレイクがあると盛り上がります!


 



 

 




そこで、ありきたりの自己紹介ではなく、様々なテーマからもっと深く自分の事を知ってもらえて、アイスブレイクにもなるカードゲームを、2回にわたって、ご紹介します。


 

 通常はリアルの場面で使用されていますが、工夫すればオンラインでも可能だと思いますので、ぜひ、参考にしてください。

 




 

<きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム>

 

まずは、このゲームです。

 

 

 

 


 
 

アイスブレイクで自己紹介をする際にとても気になるのが、

「自分の話を聞いてもらえるだろうか」

 

 

そんな不安を払しょくし、

「心を開いたコミュニケーションの心地よさに気づける」

 

のが、この「トーキングゲーム」の最大の効果です。







そして、このゲームのルールはたったひとつ。

それは、人の話を黙って聴くこと。




このゲームは、勝ち負けのあるゲームではなく、
質問カードを引いて、そこに書かれた質問に答えるだけ・・・

これを順番に繰り返していく、トーキングゲーム です。

 

 

 

 

 

 

 

ゲームで使用する質問カードも、

 

  • 好きなものを答えたり
  • 幸福な記憶を引き出したり
  • 将来に目を向けたり
  • 友達関係のルールを考えたり

 

と、マイナスな感情を引きおこさないよう考えられいています。

 

 

 

また、それにそってゲームを進めてゆく事によって生まれる、

  • 自分の話を聞いてもらう喜び
  • 相手の話を聞く楽しさ


により、心地よさを体感できる内容です。

 

 

 

 

 



答える人のジャマをしない、上手に聴くための3つのルール

 

また、トーキングゲームは、人の話を上手に聞くためのルールが設定されていて、それは、

  1. 答えている人に質問しない
  2. 笑ったり、からかったりしない
  3. 早く!と言わない


と、答える人の邪魔をしない上手に聞くためのルールはこの3つ。

 

 

でも、これはこのゲームだけじゃなく、普段の会話やコミュニケーション機会でも当てはまることを気づかされました。

 

 



ぜひ、オンラインの飲み会や集まりの自己紹介やアイスブレイクの機会を、しっとりと心地よい時間にしたい方は、ぜひ利用してみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

→参加体験型のイベント企画でコミュニケーション促進機会を作る!社内イベントや組合レクのアイデアはこちらへ