明けましておめでとうございます門松


大変、大変、大変ご無沙汰でございました(*u_u*)ペコ


前回の記事が6月1日になっていたので、
半年も放置していたんですね…


この半年いろいろ色々ありましたが、
ひと言で表すと…





“元気です”(*^O^*)♪





お気付きの方がいらっしゃるかは分かりませんが、
地味~にタイトル変更しました!!


~奇跡を信じて6年~右矢印~奇跡を信じて7年~



はい。






肺がんステージⅣの宣告から丸6年、
今年で7年目に突入いたしました~(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★



がん宣告を受けた時には無治療で14ヶ月と言われ、
全脳照射をした時には普通に生活できるのは2年ぐらいだろうと言われたのに
宣告から17ヶ月後には娘が生まれ、3歳の七五三の晴れ姿だけは見せてあげたいと思っていたら、
ランドセル背負う姿まであともう少しのところまで来ましたよ~«٩(*´ ꒳ `*)۶»



しかも、昨年は1度も入院しないで1年を過ごすことが出来ましたラブラブ!



一昨年の12/9からタグリッソを飲み始め、
あれよあれよという間に腫瘍マーカーが下降したかと思ったら、5月には1.1、6月以降は軒並み0.8という奇跡的な数字をキープしております✌

もう、タグリッソ様様ですねチュー


脳のほうもお陰様で落ち着いていて、8月ぐらいに1度、MRIの検査結果サイバーナイフで治療したところが少し鮮明になっているかも…となったのですが、 再発や憎悪は確認されませんでした。

若干、脳萎縮はあるようですが、
物忘れが少し多くなってきたかなぁ?ってぐらいで、生活には支障がない程度です(*^^*)



まぁ、治療が6年も続いていますから、なんの問題もなく日常生活を過ごせるかといったら、それは不可能ですが、あまり無理をせず不具合のあるところは誤魔化し誤魔化しながら、何とか元気に生活していますウインク



そして、昨年10月には家族が増え、





ミィ(♀ 5ヶ月) 毎日賑やかになりましたびっくり



神様からもう少し家族の時間がいただけたので、日々感謝をして大切に過ごしていきたいです。



今年はもう少し更新回数を増やしていきたいなぁ…




てな感じで、
近況報告でした(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)ペコリ♡...*゜











近況報告!

テーマ:

大変、大変、ご無沙汰でございましたm(_ _ )m

 

前回の記事が4/9になってましたので、約2ヶ月ぶりになるんですね…テヘペロてへぺろ

 

便りが無いのは元気な証拠とはいいますが…

 

何かあったわけでもなく、何もなかったわけでもありませんが、

 

5/21㈰に測量士補の試験が終わり、なんて言うんでしょうか

 

燃え尽き症候群?

 

やり切った感でいっぱいでしたニコ

 

だいぶ空いてしまったので書きたいことはいっぱいあるのですが

 

とりあえず時系列に近況報告!!13

 

 

まずは姫子さんキティちゃん×ハート

 

インフル後、本格的に保育園に行き始めたはいいものの、

 

やはり初っ端の1週間のブランクは大きく、4月いっぱいは毎朝泣きながら保育園に行っていました(T_T)

 

GW明けまでそんな状態が続いていたけど、ここのところだいぶ慣れてきたのか

朝から「行きたくないよ~」とは言わなくなり、やっと新しいお友達との日常の話しをしてくれるようになりなりました笑

 

先週末は運動会でお友達と楽しそうにジャレあっている姿が見れたのでほっと一安心

もう、大丈夫かな?

 

そんでもって姫子さん誕生日だったり、

測量士補の試験に合わせて松島にママちゃんと妹を招待してぇの温泉旅行を敢行したり

といろいろイベント盛りだくさんでバッタバタでした…

 

 

 

そして、本題の

うちのダンナさま。アテンション

 

結論から言うと…

 

すこぶる元気ですビックリえー!!!

 

 

3月末の腫瘍マーカーが

 

2.0(癌になってから最高記録!)

だったのにはびっくりしましたが、

 

4月   1.4

 

5月   1.1 エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?  

 

と、ありえない数字を叩き出しちゃっているんですあはは笑

 

タグリッソ効いてますねぇ~(*^^*)

 

副作用的には

 

一番辛い&生活に支障をきたしてるのが

足の親指の爪囲炎

 

  歩けないわけじゃないけど、気をつけて歩かないと後々大変なことになる。

  (爪と皮膚が裂けて完治するまで時間がかかる)

  長時間(5分ぐらい)立っているのが辛い

  (踏ん張れない)

  下りの坂道が危険

  手荷物を持って階段を降りるのが危険

 

まぁ、爪囲炎だけでなく以前行ったアブラキサンによる

末梢神経障害の症状が未だに残っるんだけど、

もしかしたら昨年末のサイバーナイフによる後遺症で

治療した領域の運動障害が出ているのかなぁ?

と考える今日このごろですが

 

目に見える数字(腫瘍マーカー)が下がるってことは

本人にとってとてもプラスに作用するみたい。

 

いままでほとんど引きこもりで

どこ誘っても首をたてに振らなくて…

 

せっかく調子がいいのに外に出ないのはもったいなし

元気なうちに家族旅行したい!と思って、

GWに強引に温泉に連れ出したんですあはー

 

近場だったんだけど、とても喜んでくれて、

帰りの車では、

「次は○○に行ってみるってのはどう?」

なんて言ってくる始末(*^^*)

 

ちょっぴり前向きになってくれたみたいで

あぁ~、無理やり連れ出してよかった~にこ

 

いや、ホントにこんなに変わるとは思わなかったのでビックリビックリ!

 

正直いつどうなるか分かりませんが、

神様!もう少しこのままでいさせてください!

と、願わずにはいられませんv

 

ここのところ暖かくなってきて(暑いぐらいですが…)

パパの体調も良いので

月イチとまではいきませんが

2か月に一度ぐらいは近場のレジャースポット

(あまり足に負担をかけないような所)に

連れ出せればなぁ…

 

と思っている次第でございますにこ

 

来月はハワイアンズに行くぞーおー

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村

 

 


肺がん ブログランキングへ

季節外れの…

テーマ:

またまたご無沙汰でございました。

 

あっという間に

前回の記事から3週間が経過してしまいました(T_T)

もうすっかり春ですねぇ音譜

東京は桜が満開かしら?

こちらはやっと蕾が膨らんできたところです桜

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

 

 

 

ま~たこの3週間でいろんな事がありましたよ❕❕❕

 

 

姫子のミニ卒園式のあと、年度末の怒涛のような工期の嵐を

なんとか乗り越えて迎えたのが

先月28日の呼吸器内科の受診日でした。

 

 

副作用で懸念していた爪囲炎は自分なりに対処の仕方を試行錯誤しているみたいで、

いまだそんなに重症化はしていません。

 

が、次に出てきたのが吐き気、胃のあたりの不快感。

 

起床時のムカつきがひどく、朝食が食べれないほど。

なのに朝の食後に服用する薬が錠剤が12錠、粉薬が4包と大量で

薬を飲んだあと、午前中いっぱいは気持ち悪くて何もする気がおきないと…ぐすん

 

 

でも、腫瘍マーカーCEAは

2月   4.8

3月   2.0   Σ(゚Д゚)!);));))))))))

 

と、これがとっても効いてくれてるんですグッド!

 

 

吐き気の件を主治医に相談したところ、

薬の量が多くて胃に負担がかかっているのも考えられるが、

おそらくタグリッソの副作用だろうとのことでした。

 

対策としては、

1日一回服用するもので、現在朝に飲んでいるものを

昼か夜に回して朝の飲む量を減らしてみる。

現在処方されている胃薬よりも少し効き目の強いものに変更する。

 

それでもムカムカや胃の不快感が改善されないようであれば

減薬ないし休薬してみては?

 

とのことでした。

 

うちのダンナさま。としては、

我慢できない程のムカムカではないし

こんなに効いてるのに減薬や休薬なんてありえない❕❕


だそうです^^;

 

まぁ、様子を見つつ、あまり無理をしないようにして欲しいですが…

 

 

 

そしてそして、ここからが本題!!

 

4/1㈯

姫子さん新しい保育園の入園式でございました。

 

3月中に一度子供を連れての説明会があり、

その時は初対面なのに新しいお友達とも普通に遊んでいたので

4月から環境が変わっても大丈夫だと思っていたら…

 

式が始まる前に保護者と離されるんですが、

まさかまさかの大号泣。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

園児入場の際には先生に抱っこされて入場し、

最後まで先生の膝の上に座っていました(;´д`)トホホ…

 

でもまぁなんとか入園式も終わったし

来週から新年度のスタート!のはずだったのですが…

 

4/2㈰

姫子さん。朝から発熱…

夕方には38℃台後半になり、なんとなくイヤな予感が…

 

4/3㈪

姫子さん。朝から40.2℃ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

朝イチで小児科へ

 

イヤな予感的中!!

季節外れのインフルエンザガーン

まんまとA型に感染していました~ガーン

 

 

ハイッ! 一週間登園停止~もやもや

てことは、私も一週間自宅軟禁決定~アセアセ

 

 

 

じつは先月、ありがたいことに社長からお誘いいただき、

4月から社員にしてもらえる事になったのですが

初っ端から一週間休むことになってしまうなんて…笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

社長すいませ~ん、来週から頑張って働きます~お願い(遠い目)

 

 

 

まぁ、なってしまったものはしょうがないし、

試験勉強(測量士補の)も進んでいなかったので

時間ができたから勉強しよう音譜

って、もう開き直りましたよ爆  笑

 

 

と、ここまでは良かったんですが…

 

 

 

翌日、うちのダンナさま。に異変がっあせる

 

 

朝から何だか怠いし、喉痛いし、少し熱っぽいと

こちらもまたまたイヤな予感ぐすん

 

案の定夕方から徐々に熱があがってきて、夜には39.7℃に。

もうこれはインフル確定だな…

 

 

4年前、副腎転移巣に放射線治療を行った結果慢性副腎不全となり、

大量出血や高熱による身体的ショックに陥った場合、副腎皮質ホルモンが分泌されず

急性副腎不全の症状により意識混濁、血圧低下、最悪の場合死に至る可能性があると

いわれていました。

 

 

そしてこの日、熱が上がるに連れて段々とふらつきがひどくなり、

一人ではベッドから起き上がったり、立ち上がったりすることができない状態に。

 

トイレに歩いていくのさえままならず、もうフラフラで支えていないと倒れてしまう感じでした。

 

 

翌日朝イチでいつもお世話になっている総合病院へ連れて行こうと思ったのですが、

うちのダンナさま。が動ける状態でなかったので

ひとまず私が姫子を連れて病院へ行き、事情を説明して受付だけして帰宅。

 

高熱を出したときにはステロイド剤をいつもの2~3倍の量を飲むように言われていたので、とりあえず3倍量を飲ませてしばらく様子を見てたのですが、

やっぱりこの状態で総合病院まで行って何時間も待たされて

なんてとてもじゃないけど無理。

それ以前に階段を降りれるかな?

私ひとりでは下までパパを下ろせないし…

 

でも、インフルだったら一刻も早くタミフルかイナビルを飲ませないとマズイ

救急車呼ぶ?

って聞いたら、いいっていうし…

それじゃ、自宅近く(道路隔てた向かい側)のいつも私がお世話になっているクリニックへ行こうと提案しました。

 

最初は主治医でもないし、総合病院じゃないしと、行きたくなさそうでしたが、

もうそんなこと言ってられる状態ではないと思ったんでしょう、

しばらくして行くと言い出しました。

 

 

ここの先生は、もともと大きな総合病院の呼吸器の医師で10年ほど前に独立、

偶然にもうちのお店のお客さんだったんです。

 

うちのダンナさま。は診てもらったことはないのですが、

ガンのことや副腎不全のことは話していて、私が行くたびに患者は私なのに

いつもうちのダンナさま。のことを心配してくれていたんです。

 

なので、初診ではあったんですが、いちいち細かいことを説明することもなく、

ちゃちゃっと検査をしてくださり、インフルA型診断確定!

 

すぐにイナビルを処方されました。

 

 

ステロイド剤を増量したのと、イナビルのおかげで翌日の夕方には

だいぶ良くなってきて、一人で起き上がれるようになりましたウシシ

 

 

 

そして本日、内分泌科(副腎不全の先生)の受診日。

 

インフル罹患直後ということで、本人の代わりに私が受診してきました。

 

今日までの一連の出来事を先生に話したところ、

起き上がれないほどのふらつきは急性副腎不全の症状だそうで、

かなり危険な状態であったんではないかと…。

救急車を呼ぼうか迷う前に、すぐに呼びなさい!といわれ、

もう、そういう場合は点滴で大量のステロイド剤を投与しないと危ないんだそうですアセアセ

 

 

今回もし、ステロイド剤を増量せず、イナビルを飲んでなかったら

死んでたかもしれないと「奥さん!ナイス判断!」グッと褒められちゃいました爆  笑

 

今後の対策としては、

姫子がインフルにかかったらパパにはすぐ病院に行ってもらい

予防的措置でイナビルを処方してもらう。

急性副腎不全の症状が出たらすぐに救急車を呼ぶか、

近所のクリニックでステロイド剤の点滴をしてもらう。

↑紹介状を書いてくれるそうです。

 

ということになりました。(*´Д`)=зホッ

 

 

 

ホント、今回はパパのあんな状態を目の当たりにして

このまま弱っていってしまったら、介護していかなくちゃいけないと

覚悟したというか…

 

介助や介護の知識がまったく無いので、少しずつ勉強しなくちゃいけないかなとか、

 

真剣に考えさせられました。

 

 

 

とりあえず今回は事なきを得ましたが、

感染症とっても怖いですあせる

 

次回、姫子が何かしらの感染症をもらってきたら

パパとの濃厚接触は禁止プンプン

 

ほんと徹底しないとパパの命が危険に晒されるわDASH!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村

 


肺がん ブログランキングへ