寒いかと思ったら
日向はとってもあたたかい
縁側で本を読む時間
最高

 

というわけで、こうのとりも

早いもので12回目を迎えました。

 

今月から、森のようちえんスタッフのあきちゃんと一緒に

佐々木正美著の『子どもへのまなざし』を

少しずつ読みながら、

子どもを育てるって・・・親になるって・・・

ちょっとずつ考えられたらな~と思っていました。

 

 

 
ところが!
毎回はじまりの時間にしている質問「最近どうですか?」
が盛り上がり盛り上がり終わらな~い爆  笑
 
はじめましての人も
ひさしぶりの人も
最近あった、あれやこれやをシェアして
いっぱい話しました。
 
毎日家で子どもと二人きり
誰かとゆっくり話す暇もない
そんな私たちにとって、
なんでもないことも、あることも
聞いてもらって話してっていう時間
とっても大事。
夫の話や、夫の話や、夫の話
あと他になんだっけ?笑
赤ちゃん連れてお出かけするのがどれだけ大変かっていう話
などなど。
とにかく色んな話をしました。
 
そして、
今日は・・・こんな小さい字を読む気になれない・・・
ということで、要約してご紹介。
 

~幼少期って

建造物でいうと、基礎工事の時期。
基礎工事がしっかりしてないと、建物がぐらぐらしちゃうよね~
 
 

最近出会った

私一押しの本がこちら。

もう、育児で悩んでいたことが、

すべてこの本に書いてあった。

ほんと、すごいです。

これ、皆に読んで欲しい。

読んで。ぜひ。

建物つながりで、『子どもを信じること』から、一部を要約。

 

幼少期って
土地を広げる時期。
その時期に知識を得て建物を建てることに一生懸命になると
ある時までは、他の子より少し高い建物かもしれない。
でも土地が狭いとそれ以上他の建物が建てられない。
幼少期に、土地を耕し、たくさん遊んで
ひろ~~い土地にしておくといいよ。
 
そんな話。
 
他にも、
示唆に富んだ絵本をご紹介。
大人が読んで感動するんです・・・・たまらん。
心に染みます。ふか~くじわ~っと
あなたが好きなページはどこ?
絵も素敵。
表紙裏の楽譜、ピアノで弾いてみたら
本のイメージにぴったり♪

 

 

そして、こちら。

あきちゃんが優しい声で皆に読んでくれました。

もう子どもが育った母さんは

「あ~。。。。そうだったなあ。。。。。」

今真っ最中の母さんは

「ぐっとくる・・・・」

そんな絵本です。

 

にいはま森のようちえんの園児の

誕生日の日に読んでいるスペシャル絵本。

 

妊婦さんも、授乳中の赤ちゃん連れも、
よちよち歩きの子ども連れも、小学生の親も、
巣立った子どもを思い出しながらでも。
 
こうのとりで、美味しいスープを飲みながら
あなたとお話しするのを楽しみにしていますおねがい

 

SY

 

 

 
 
にいはま森のようちえん
 

 

くすっこ、もう188回目!

 たくさんたくさん色んなところで遊んだなぁ。


今回のくすっこは、久々の垣生山!



いつぶりだっけ?


春以来⁉

 

なんて言いながら、子どもたちのペースで進んでいきます。


くすっこの目的は山に登ることじゃなくて、

ゴール地点にたどり着くことじゃなくて、

子どもたちの興味や関心に、親である私達がとことん付き合う時間。


早く次に進みたい子もいるし、

途中でお弁当を食べる子もいる。


お弁当食べてるのを見て、自分も食べたくなっちゃうし、


野いちごを見つけて食べたくなっちゃうし、



壊れたベンチがシーソーみたいで乗りたくなっちゃう!



どれも素敵な時間だなぁー。



 

私は、にいはま森のようちえんに出会うまで、


子どもの行動に意味があるなんて思ってなかったし、


みんなと同じペースで行かなきゃって思ってたし、


服が泥だらけになるなんて耐えられなかった。


毛足の長いフリースには、フサフサした植物の種がたくさん付きます。笑
アウトドア向きじゃないね…(Hくん両親のつぶやき。)

カブトムシの角みたいだねぇ!(Kくん)


 身を潰すとキレイな青✨

独特の匂い。

くさいくさい!(Yくん)
どこかで嗅いだことあるにおい…(スタッフS)



今は、どんなに泥だらけになっても、服を破いても笑えるようになりました笑い泣き

もちろん、くすっこはその覚悟で参加しているのでニヤリ

日常では、笑えないときも多々ありますムキー

ツバクロに到着。


落ち葉の絨毯

お気に入りの木の枝を探す。

初参加のTさん家族。
どうでしたか?と、今日の感想を訪ねてみました。

「息子がすごく成長した気がします。
 登山口の階段では、帰る〜って嫌がってたけど、
 自分の足でどんどん歩いてここまでこれました!」

途中の休憩の時、「早く次のお山行くっ!」って先に進もうとしてたもんね爆笑

子どもたちの意外な姿、成長した姿がみられるかもしれません指差し

スタンプカードたまったよー!!
スタンプカード、10個貯まったら1回無料で参加していただけますニコニコ

くすっこは毎週月曜日。
0歳から参加できますよウインク

大人も、自然の中でリフレッシュしに来てください。
困ったときは、いつでもスタッフに、お声がけくださいねウインク

yas
 
 
にいはま森のようちえん
 

 

この日のこうのとりは、ハッピー会議シェアの会からスタート!

参加者の、ハッピーだったことをシェア。
それを、周りの人はイエーイ!とか、やったー!とか、盛り上げるチュー 飛び出すハート

始めての体験だったけど、楽しかったです!ガヤ芸人になった気分爆笑

みんなそれぞれ、
大阪で新しい素敵な服を買った、
家族旅行に行った、
美味しいものを食べたetc…

人のハッピーを聞くと、自分も楽しいことをしたくなるから不思議。
SNSで、誰かのハッピーを見ているとしんどくなっちゃうときネガティブがあるけど、誰かのハッピーも、自分のハッピーも、共有するって素敵な時間だなぁと思いました✨

人間って、ついつい嫌なところに目がいきがち。

でも、それってダメなことではなくて、危機管理の為なんだとかびっくり

危機管理も大切。良いところを見つける習慣も大切。
家族でハッピー会議、ぜひやってみてくださいお願い


今日は、選択理論の4回目。
最終回ということで復習も交えながらのお話でした。


選択理論の主軸となる考えに、

 ❝他人と過去は変えられないけど


  自分と未来は替えられる❞


という言葉があります。

幸せになるために、
思考、行為は自分で選択できる。

そうです。自分で選択すればいいのです!

しかし…感情がついつい先行してしまう私悲しい
相手を変えようとしてしまう時が多々あります不安


選択理論では、
他人を変えることは出来ない。と考えます。
人は、常にこれが最善であると思う行動をしているから。周りがそれを変えることは到底無理なのです。。。

人は、自分が正しいと思ったときには
相手を批判したり、
責めたり、
文句を言ったり、
脅したり、
罰を与えたり、
ご褒美で釣ったりします。
欲求が満たされないショボーン


これは、人間関係を壊してしまう習慣で、相手は変わってくれません。頑なになるだけ。
こんな人の言うことなんて聞きたくないですよねー!ゲロー


逆に、相手の自由を尊重できる人は
相手の話をよくきくし、
支援するし、
励ますし、
尊敬するし、
信頼するし、
受容するし、
交渉をします。
欲求が満たされて幸せおねがい


こんな風に対応してもらえたら、相手のこと好きになるし、いい人間関係が築けそう飛び出すハート

いい人間関係を築くには、
相手に選んでもらえる人になるのが最大の近道なのです✨

私が今、相手に言おうとしていることを言うことで、2人の関係がどうなるだろうか…。
よりよくなる言葉を言いたい照れ

そしてそれは、幸せと夢を実現させる一歩になるはずキラキラ


帰ってから、さっそく息子とハッピー会議爆笑
私の息子、まぁ日々の辛かったことに目が行く性格のようで…

今日は最悪な事ばっかりやったえーんといいながら布団に潜り込んでいくことが少なからずあります。(小1です。)

今日は悲しいスイッチはOFFでしたが、楽しかったことを共有するとニコニコでしたニコニコ
こんな日が増えたらいいなと思いつつ…。
家族と、これからもいい関係が築けるように選択理論を私の宝箱に入れておきたいと思います!

そして…
このにいはま森のようちえんには、自由を尊重してくれて、話を聞いてくれるスタッフがたくさんいますルンルン
ぜひぜひ遊びに来てくださいニコニコ

 

 次回のこうのとりは12月6日、9時半から。


冬らしい気温になってきたので、暖かい服装でお越しくださいね指差し


yas


 
 
にいはま森のようちえん
 

 

今日は、「にいはま森のようちえん」園児の保護者&スタッフが集まって、
『まんまるの会』を行いました。

まんまるの会:みんなでまんまるくなって、お話しながら、気持ちもまんまるになって、お家に帰れたらいいなぁの会。


 普段、保護者の方がなかなか行く機会のない、
小山のてっぺんで、焚き火をしながらおしゃべり。


今回は

 にて行われた三泊四日のカウンセリングワークショップの報告会☆

報告会というか、感じたことのシェア?

これからの提案?

なんか迷路に迷い込んだ時間になっちゃった笑い泣き



※ゆるやかにまんまる



トエックのカウンセリングワークショップ



古民家で、3食手作りの温かみのあるお食事付き。

ちょっとスマホから離れて、

自分を受け止めてくれる人たちの中にいる。

しんどいことは強要されない。


それだけでもう、 デトックスラブラブ

 



この四日間でよく出てきたキーワードは

不具合、不自由


↑問題じゃないんですねキョロキョロ


問題って、解決したくなるもんねもやもや


そうじゃなくて、

不自由に感じてることを聴きあう、

聴いて感じたことを伝える。

そんな双方向のやり取りを繰り返します。 

(いや、もっといろいろやったけど)



聴きあう場



親と子

妻と夫

職場で

スタッフ対保護者

子対子



なにか不自由に感じることを

相手に話してみる。



私達母親が、一人で全てを抱え込んで、

「もう頑張れない…悲しい」まで追い込まれちゃったら、

その先にはたくさんの不具合が起きちゃいますよね。



じゃあどうやったら、それを防げるのか、

どうやったら、家庭の中の悪循環を断ち切れるのか。




だからにいはま森のようちえんでは、

預ける親と預かる園

っていう関係を越えて、

聴きあう関係になりたいなって改めて保護者の方へお話しました。



こんなしどろもどろな報告会でも、

保護者の方からも、普段聞けない気持ちを聴かせてもらいましたラブラブ



にいはま森のようちえんで

子どもに自然の中で、

自由な遊びを経験して欲しいキラキラ


っていう想いはもちろんあるんだけど…



それだけじゃなくて

子育て、仕事、家事を抱えたお母さんたちと

「自分のあり方」

「自分の大事にしたいこと」

を一緒に考える場を作りたいと思っています。




「はぁー、しんど。森のようちえんに行って聴いてもらお」って思ってもらえるようになりたい。


もちろん、しんどくないときだって、

「森のようちえんに行ったら、落ち着くぅ」っていう、

実家でちゃぶ台を囲むような空間を作っていきたいなって思いますキラキラ





子どもの内なる力を信じる

今回も、静岡の全国フォーラムでも出てきた話


子どもは内側に「良くなりたい」「学びたい」っていう力を持っている



私自身が、信じるよりも先に

「こう育ってほしい」「こんな子どもであってほしい」っていう親の期待がまだまだあるんだなぁって気付きました…。


私の場合は、外で元気に友達と走り回る子ども像を我が子に押し付けがち。




子どもの選択を信じる。

その選択が価値があるか、正しいか、ムダがないか、を決めるのは親ではない。


これ、しばらく私の中のテーマになりそうです。




それから、

「普通の幼稚園を選ぼうが、森のようちえんを選ぼうが、

 公教育を選ぼうが、オルタナティブスクールを選ぼうが、

それは手段であって、目的でもゴールでもない。

これは、ほんと、忘れちゃいけないことだなって流れ星

難しいなぁ。




現代人、

特に核家族を支えている親たちは、

「自分の気持ちを聴いてもらう場」が本当はとっても大事なんだと思う。



自分に余裕がなかったら、

子どもの話なんて聴く余裕ないよね。



まずは、

私達が自分自身を大切にするところから、

はじめませんか?




くすっこ

こうのとり

おとなのじかん

まんまるの会

森のあそびば

を通して、


あなたのこころに寄り添いたいルンルン


話したくないことは話さなくて大丈夫。

他の人の話を聴くだけでも、

自分が癒やされることもあります。




もちろん、ただただ、自然の中で楽しむのも、

とってもおすすめですよウインク



 
 
にいはま森のようちえん
 

 

 

↑読みました?

達成感にあふれた4人の話。

 

その裏側でも、

スタッフの心を震わせるやり取りが。

こちらの主役も4人。

ちょっと小さい組さんたち。

2歳さん2人3歳さん1人4歳さん1人のチームです。

1人は最後に合流します☆

 

(私の最近の保育課題テーマ

「ゴールはなくてもいい。解決しようとしない。」

をちょっと覚えておいてください。)

 

さて、銚子の滝を目指す先頭集団と

一緒にスタートした2歳のYちゃん3歳のHちゃん4歳のKちゃん

 

Hちゃん、リュックがちょっと濡れて

上着も脱いで、水筒もあるし

リュック背負いたくないし

なかなか進みません。

 

すたすたと進むYちゃん

「お~~い。Hちゃんが大変そうだ~!

チームがばらばらだ~!どうしよ~」

と声をかけると、
 
Yちゃんすたすたと戻ってきてくれました。
Hちゃん素敵な笑顔で
「ありがと」
リュックを背負い、急に元気になったHちゃん
今度はすたすたすたと先へ行きます。
「お~~い。Yちゃんが後ろにいるよ~!
チームがばらばらだ~!大人1人でどうしよ~」
と声をかけても止まらない気持ちと足。
 
Yちゃんぼやく。
「あれー?さっきぼく待ってあげたのになあ
おかしいなあ。。。」
2歳さんのぼやきが大人みたいで笑ってしまった
そうこうしてたら
Hちゃん思い直してお迎えにきてくれました
 
その間、間に立って、一緒に困った~を共有してくれた
Kちゃん
しばらく行くと、
H「お腹すいてきちゃった」
Y「ぼくもお腹すいてきた」
K「ぼくはまだお腹すいてない」
私「私もまだお腹すいてないな~」
 
そしてなんとなく歩き始める
H「私あっち(進む方)にいって、お弁当食べる」
Y「ぼくもあっち(進む方)にいってお弁当食べたい」
K「ぼくはこっち(戻る方)に帰りたい」
私「Hはあっち行きたいんだねえ。Yはあっち行きたいんだねえ。
Kはこっち行きたいんだねえ。大人は私1人かあ。どうしよう?」
 
H「私はあっち」
Y「ぼくもあっち」
K「ぼくはこっち」
私「Hはあっち、Yはあっち、Kはこっちなんだねえ。どうする?」
繰り返すこと15回(数えてみた)
 
(このとき、私の中には、最初のテーマ
「ゴールはなくてもいい。解決しようとしない。」
があったのでした。)
 
K「わかった!!」(←ひらめいた顔)
「誰かの気持ちが変わるの待てばいいやん!」
Y「それいいねえ」(2歳の相づち笑)
おもしろい。
私「なるほど~!!!めっちゃいい考えやん」
K「それか、大人1人増やしたらいいんだ。
ちょっと〇〇ちゃんに聞いてみよう」
H「でも私は早くあっち行きたいなー」
ごもっとも。
 
この人達のすごいところは、
自分と意見が違う人の意見を変えようとしないところ。
全然圧をかけないのよ。
これは、低年齢ならではなのかもしれない。
無線で、他スタッフの様子を聞いてみるが、
他も取り込み中で、こちらに来られるスタッフはいない模様。
 
ここでもう一度聞いてみた。
私「あれ?皆どっち行きたいんだっけ?」
H「あっちって言ってるじゃ~ん」
Y「ぼくはあっち」
K「ぼくもあっち」
 
あれ!?皆同じ方向になってる笑い泣き
「わ~!皆行きたいとこ一緒になったんだ~
じゃあ行けるね爆  笑
 
話し合い開始から
30分ほど経過したでしょうか。
2歳でも、3歳でも、4歳でも
自分の意見はあって、
そしてそれを調整する力も!
待てる大人が近くにいるかどうかなんだな~と思いました。
今日は待てた!私!
 
こんな保育ができる
にいはま森のようちえんで働けて
幸せだなあ。。。
 
そして戻ってきた3人。
4人目の主役と合流。
Kくん。
「ぼくあっち(逆方向)行く」
というわけで、もう一度話し合いが始まったのでした笑
 
Yちゃんの、チームを気にしながら動ける力
Hちゃんの、自分のぶれない気持ちを一生懸命伝える力
Kくんの、自分の意志を伝える力
Kちゃんの、皆の気持ちを汲みながら調整する力
 
そして、ここへ繋がっていくんだなぁ。



いいもの見せてもらったなあ。
明日はどんなドラマがあるかな☆
 
SY
 
 
 
にいはま森のようちえん