プログラマー志望なら、一度は思考ゲームのプログラミングに取り組んでおけ! | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 チェスの中二病化を促進する5つの要因!?』



すっかりチェスの魅力に、はまり込んだ学生時代の私は、
その後、自らもチェスの思考プログラムの研究に没頭して行く…、



などと言えればカッコ良いのだが…、



さすがに─、



当時、情報処理の勉強を始めたばかりの学生にとって、
いきなりチェスのプログラムというのはハードルが高かったため、



自分が取り組んだのはオセロのプログラムだった。






まだ─、



今日のような、高度な機械学習の手法は、
開発されてはおらず、



プログラマが経験と勘でもって評価関数をチューニングするという、
従来のアナログ的な手法ではあったが、



それでも─、



数手読みの単純なアルゴリズムでも案外、強いプログラムが、
開発できたとしても、とりたてて "脅威" ではないので、ご心配なく。



従って─、



この手のボードゲームにおいて人間を凌ぐプログラムが、
開発できたとしても、とりたてて "脅威" ではないので、ご心配なく。




( 即、こんなことにはなりません…。)



しかし─、



これは自慢するわけではないが(!?)、



実際─、



自分が書いた思考プログラムが、
自分に対して手を打ち返して来る瞬間というのは、



ある種─、



プログラマーにとっての ( プログラマーだけが体験し得る )、
一つの "悟り" の境地でもある。



そういう意味では─、



今日、いまさらオセロの思考プログラムなどに、
作成する価値はないとの意見もあるかも知れないが、



別に─、



オセロでなくても、五目並べでも、どうぶつしょうぎでも構わない。
ゲームの思考プログラムというのは、






ゲームという─、



とっつきやすい題材に加え、ソフトウェアの設計法から、
データ構造の取り扱い、グラフィックスを活用したインターフェイスの処理、



さらには─、



今日、流行りの人工知能などの手法も含めれば、



おおよそ─、



ソフトウェア開発における必須かつ重要な技術の多くを、
そこから学び取ることが出来る。



そういう意味においても─、



今日なお、プログラミング初学者の課題としては、
有益なものの1つだと思われる。






また─、



チェスに話を戻せば、こと日本においては依然、相手を見つけるのが、
難しいという点で、つまらないといった話も時折、聞かれるが、



昨今─、



スマホアプリでもグランドマスター級と言われる現代において、






敢えて─、



人工知能と "世界チャンピオン" との疑似対戦を、
体験してみるのも一興だ!!( むしろ、そっちの方こそ!!)






ちなみに─、



人工知能に関して言うと、その後、ソフトウェア業界に入り、
かれこれ十年以上に渡り、ソフト開発の仕事に取り組んでは来たものの、



ついぞ─、



そのような分野に関わることはなかったが…、



最近になって─、



画像認証を自動認識させる人工知能を搭載した、
ソフトウェアの開発に取り組む機会を得たことなどから、



アメーバ ( アメブロ ) の「 片思い 」読者登録を一掃する!まだ、読者登録の管理で悩み続けますか?
■アメーバ ( アメブロ ) の "片思い" 読者登録を一掃する!
AI ( 人工知能 ) により、画像認証も自動認識!
『 Ameba ReaderManager 』( 無料 )


まぁ─、



それはそれで、役には立ったと思われる。



そのようなわけで─、



私の周囲には ( 私も含めて ) かつて良き中二病であり、



その後も─、



己の世界を貫き通している ( やや自意識過剰気味の!?)、
愛すべき大人たちを、そこここに見つけることが出来る。



そして─、



曲りなりにも、それが仕事やライフワークにまで、
なっているのなら、



もはや─、



それを中二病とは言うまい。



中二病は趣味や職業で判断されるものではないだろうから…。
( ※中二病:中学二年生頃に見られる背伸びしがちな言動を自虐する語。)






ちなみに─、



これは日本だけに見られる独自の現象というわけではなく、
海外に目を向ければ、



これなんかは、まさにハリウッド版「 中二病 」映画 (!?)、
と言ったところか…。




↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







( 次回へつづく... )
『 これぞ、まさしくハリウッド版「 中二病 」映画!?』


サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス