ご存知!!キャプテンハーロックが教える上手く行かない時の対処法!? | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

自分も大学を卒業後、ソフトウェア業界に入り、
その道一筋で、今日までやって来たが、



幸か不幸か職場は三つほど変わり、
その過程でプラスの評価もマイナスの評価も受けて来た。



いつだったか─、



私の下についていた後輩たちがクライアント先に出向いた際、
随分と先方から好評価を得たようで、



「 きっと君の普段からの指導が良いんだろう 」



と営業部長から思わぬ、お褒めの言葉をいただいた…。
( いや、とりたてて何もしてないんですが、これホント、
謙遜でもなんでもなくて… [汗] )






そうかと思えば─、



結構、大きなシステムの開発を終え、自分としては満足のいくかたちで、
年度末を迎えることができた、ある年などは、



どういうわけか─、



マイナスの査定を食らった。その理由は今もって謎なのだが、
どうやら上司によると…、



私が優先させた事案と、
上司の優先事項との間にはズレがあったようだ。



しかしだ─(!)



仮にそうだとしても、この年に完成させたシステムは、
そのマイナスを補って余りあるものがあるぞ!



百歩譲ったとしてもプラマイゼロにはなるはずだ!?
と抗議はしたものの、その上司の "天秤" では違ったらしい…。






そうかと思えば─、



ある年などは、相次ぐ仕様変更や不具合修正で開発作業が遅々として進まず、
悶々とした面持ちで迎えた年度末だったのだが、



そんな時は、あっさりと「 よく頑張ってくれている 」などと言われ、
拍子抜けした記憶がある。



まったくもって、人の評価というものは分からないものだ。



『 情熱プログラマー 』という著書の中で、
著者の Chad Fowler 氏も述べているが、






とかく─、



人間が行う評価において客観性などというものは有り得ない。
そのことを身をもって学んで来た。



そして─、



厄介なことに、上手く行かない時というのは、
何をやっても上手く行かないものだ。



もちろん─、



普段から自助努力を怠らないことは重要だが、



そうだとしても─、



それだけではどうにもならない事態というものも、
それなりの歳月、仕事に取り組んで来れば少なからず遭遇する。



そう─、



「 男にはな、何をやってもダメという時がある。
そういう時、男はな黙って、ただ寝てればいいんだ。」

( 宇宙海賊キャプテンハーロック )







↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
↑↑↑「 いいね!」と思っていただけたら、こちらもクリックしてもらえると嬉しいです!







サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス