会社を辞めれば軋轢を生んだ上司ともおさらば?とんでもない!"そいつ" は次の会社にもいる | サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト

人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもと。


テーマ:

前回の記事は、こちら─、
『 経営者が求心力を失う瞬間 』



そして─、



その後も、同種の主張を展開する人間とは、
幾度となく出会うこととなり、



その度ごとに─、



あの社長とオーバーラップさせてしまう、
自分がいるのだった。



こうした経験は、その後も私の中で、
常に反芻し続けるテーマとなり、



徐々に、その居場所を拡大して行くことになる。



"ニーズを重視するとは、いかなることか?"



このブログでも、常にその根底には、
このテーマが存在していることを、



お気づきの読者も、おられるかも知れない。



"ニーズを重視するとは、いかなることか?"



少なくとも─、



それは決して、
ニーズだけを重視することではない。



確固とした技術力と、それにもとづく商品力。



そして─、



それらを販売していく能力とが伴ってこそ、
はじめてビジネスは成立する。



しかし…、



( 次回へつづく... )
『 世の中には、語る資格のある人間と、そうでない人間とがいる、それを間違った者は… 』



サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス