切手 | MIYUKI&KAMIOのつぶやきと陶芸のブログ

MIYUKI&KAMIOのつぶやきと陶芸のブログ

陶芸家の夫、尾形香三夫との加齢なる日々・・
日常の出来事・・陶芸談義・・


テーマ:

 

MIYUKIです。

 

湿っぽい日曜日になりました。

 

今日は切手の話しにお付き合い下さい。

 

数十年も前の話しになりますが、あるお客様の一人から、陶器が無事に届いたという連絡とともに、一枚の記念切手のシートが入っていました。

 

意外な贈り物にちょっと驚きましたが、なかなか素敵な切手シートだったので、その時からなんとなく、本当になんとなく気にいった切手があると、シートで買っていました。

 

思えば私が小学生頃、切手収集が男子の間でものすごく流行っていて、お互い自慢しあっていました。

 

一人のかなりやんちゃな男子生徒が、遅刻して教室に入ってきました。当然先生に叱られたのですが、

 

「だって今日は、○○の記念切手の発売日だから、絶対に手に入れたくて、並んで待っていた!」

 

当時はこんな感じで、あくまでも男子の間で空前の切手ブームが沸いていたのを思い出します。

 

この切手ブームも去ってしまいましたが、その後も切手の世界は色々と趣向を凝らしていました。

 

記念切手やシリーズもの、自分がデザインしたオリジナル切手、人気漫画のキャラクターや、映画スター、人気スポーツ選手の切手等々、色々な企画販売があります。

 

しかしながら、私の切手シート集めもいつしかフェードアウトし、今では時々郵便局で目に留まったものを、実用を兼ねて買う程度になっていました。

 

最近は、地方から出されている特色ある切手が沢山並べられるようになりました。個人的には、シール型がとても便利で、デザインに関係なく買い求める事が多くなりました。

 

あらためて思う事は、種類の豊富さ!

 

最近になって、過去に集めていた切手シートのファイルや紙箱が出てきました。

 

ふっとページをめくり、

 

「あら綺麗!」

 

「素敵!」

 

とあらためて見入ってしまいました・・・・と書きたいところなのですが、この情緒のない私めは、

 

「これは今いくらで売れるのかな?」 (^▽^;)  ・・・でした!

 

久々にご対面した切手たちに沸き起こった、一番の関心ごとが・・・「価格」・・・

 

あの小さな空間にデザインされた、切手ならではの美空間を味わい直すよりも、価格とは!

 

切手マニアの方たちには、大変申し訳ない話です。

 

2年前の工房の引っ越しを機に、断捨離ではないのですが、残ってもその先は?と思えるものはなるべく処分していく、という流れになっているのです。

 

インターネットで検索して分かった事

 

余程古いもの(私が生まれる前)は別なのでしょうが、だいたい価格の50%~80%位にしかならない事が判明。

 

需要が無い事が一番の原因です。

 

そう言われてみると、私の身近で熱心に切手収集をしている人は確かにいません・・・

 

主人は、

 

「東京オリンピックの記念切手を持っている」

 

と鼻息荒く自慢げに言うので調べてみると、額面通りくらいかもしくはそれ以下・・でしょうか?

 

であれば、郵便局で使いやすい「62円と82円」の切手に交換できないものかと思いましたが、手数料がかかり、局員が言うには、

 

「お客様、使って頂けるのが一番有効かつ損をしないかと思われます」

 

同じような事を言ってくる人が多分沢山いるのでしょう、間髪入れずに、まさに説得力ある顔で、トーンでおっしゃいました。

 

へぇ~~そうなんだ

 

使えば額面通り、売れば半額・・・

 

そういう世界であることが分かりました。

 

かなり古くなったこの私は、額面通りを通り越し、かなりのお値打ちになっていること、間違いなし!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

 

 

 

 

MIYUKI&KAMIOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス