奈良で働く社長の...。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

西野亮廣さんの絵本をフィリピンのこどもに届ける大作戦

やっと公開できそうなのでお知らせ。

以前、ブログに書いたこの記事

「日本の絵本で世界の子どもに笑顔を!」
https://ameblo.jp/neono55/entry-12534019440.html


この記事を西野亮廣さんの講演会の準備等で連絡させて頂いてた、西野さんの相棒(?)田村さんに送ったところご本人にも知らせてくださいました。

文中「でも、20冊では全然足りなかった...」というところに気を止めてくださり…

「ちなみにあと何冊あれば足りますか?」と質問頂き、現地に確認したところ「100冊くらいです」って伝えるとそれを西野さんにお話頂き…

って想定外の出来事が!
※おねだりはしてないっすよ

西野さん最高に男前!ほんまありがとうございます。
voicyで西野さんの番組に協賛頂いてる皆様もありがとうございます!

西野亮廣エンタメ研究所voicy


しかも、2019年10月10日のご本人のブログで紹介まで!


「英訳付きの日本の絵本が海外で大ウケ」
https://ameblo.jp/nishino-akihiro/day-20191010.htm


ただ文中、僕のページも紹介頂いたのですが押すと…



エラーか〜い!(笑)

せっかくのリンクですが設定間違ってる…西野さん。
と、僕のページがバズることはありませんでした(笑)
僕っぽい!

とそんなことがあり、100冊の絵本が実際届き頂いた
本を、ただ国際郵便で送るのは面白くないので、SDGsの伝道師玉木くんに相談したところ

「二人でもっていこう!」

となりました。

そんな11月下旬に偶然、大阪の公園で西野さんがランニングするから来る人~!ってFBで上がったので、速攻走りに行き…
絵本の御礼と講演会宜しくお願いしますって伝える。



西野さんマジで足速い。

そこから僕も西野さんの講演会等でバタバタしてましたが、現地の方に相談した結果2020年2月5日〜8日で現地に行くことが決定!



そんな折、1月に現地のsakiさんが一時帰国されるとのことでお会いさせていただきました。

アエタ族の人たちはモノを大切にする文化がないので、できれば絵本にカバーをしてほしいという依頼だったので頂いた100冊にみんなでカバーをしてる風景。




現地からの宿題がもうひとつ

「絵本を届けるだけではもったいないので彼らになにか残してあげる何かをして欲しい」と…。

色々、話し合った結果、玉木くんが「えんとつ町のプペル」を少し短くし紙芝居を作ってくれました。

これを現地の子どもたちに英語でお話を語るのですが、僕たち二人とも英語が苦手(笑)

どうなることやら。
またご報告します~。


2020年仕事始め

年末年始もさほどゆっくり出来ずに未だに仕事納めもできてない感じの脇田です。

と、いうたところで、時間は過ぎて今日から通常営業。

年始はメンバーと一緒に恒例地元のお寺「生駒の聖天さん」こと宝山寺へ。


初めて、聖天さんのくさもち食べてきました。
おいしかった。


今年は「諸行無常・諸法無我」をキーワードに会社の目標として「丁寧に生きる」ことを目指そうと思います。

丁寧とは...
注意深く念入りであること。細かい点にまで注意の行き届いていること。
態度がぞんざいでなく礼儀正しく心がこもっているさま。

良く使うけど改めて見るとできてないな〜と。

そこでボクの思う丁寧な生き方
・自分の行いに意味を持たせる(自分)
・人に愛のある優しさを。(他人)
・身体を動かし血流を良くする。(生活)
・時流を見る。(仕事)
・ルーツを見直す(人生)
・行動に少しの余裕を持つ。(時間)
(今までだいぶ雑過ぎ!)


2020年の終わりには少しはマシな生き方できてますように〜!

プペルバスin愛染寮

【プペルバスin愛染寮】
いよいよ、明日は講演会!

本当は12/17を予定してた生駒唯一の児童養護施設・愛染寮さん

17日は雨らしくできれば晴れの日にこどもたちに見せてあげたかったので、急遽今日の開催。

3〜18歳までの子供たちが五十数名いてるそう。
明日の講演会も数名来てくれるそうで嬉しい。

これまたすごい縁が、西野さんが以前「えんとつ町プペル」のサイン本を既に送ってた施設でした。

多分全国の施設に送ってるんでしょうが生駒のたった一つの施設にも漏らさず贈るとは、すごい人だな〜。

プペルバス見たのでこれから園児たちに絵本会だそうです。

何年も前から、ずっと何かしたかった施設さんだったのですが、やり方がわからず今日まで何もできませんでした。

プペルバスのお陰で、できてよかった。

先生にお話しさせて頂いたところサッカー教室も是非と言うことだったので、これを機に来年誘ってみよ〜!

#西野亮廣講演会 
#西野亮廣 
#プペルバス 
#西野亮廣講演会in生駒







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>