箱根芦ノ湖の風と大地と森と火
九頭龍神社、箱根神社に見守られて再誕生!
あなたのホロスコープを体感してみませんか?


 

 



【再誕生の体感アスペクト】

 「わたし」のいのちまるごとを感じる・星の響きを感じる

 写真を見ていただくとわかるかな。

体感アスペクトは
会場にホロスコープを再現して、受講者に「惑星」役をやってもらい
紙テープで惑星同士のアスペクト(座相)を会場に再現します。

 
アスペクトっていうのは、惑星と惑星が
どのような関係の場所にいたか表します。

地球に立っていただき、
自分の生まれた時の惑星たちのエネルギーをリアルに体感するセミナーです。

 
これね、外側で見てるとわかりにくいのだけど
この中に立つと凄いエネルギー。
多くの人がそのエネルギーを感じて涙する。

人ひとりのエネルギーってほんとすごいと思う。
ここに立つと生まれて来た時祝福されてきたことを体感するの。

惑星役だって立ってるだけでそのエナジーが流れ込んでくるのね。

惑星たちがメッセージを伝えてくれる。

それは、何か伝えようとして出てくるのではなく、

惑星になった人の内側に湧きおこってきた感覚を分かち合うと

なぜか、真ん中に立つ人のこころに響くものになる。

 

これぞ、ワンネス。
それぞれが自分の役割をしていることが
全体をつくっていく。

 

その真ん中に立つことを決意するとき
この星を持って生まれたことを受け容れることになる。

 

最大の受容。
「わたし」のいのち、まるごとを感じる。

 
そのとき、起こることは・・・・

 
6月13日 ユニバーサルアーツアカデミー主催

芦ノ湖 体感アスペクト

 

 

 


【なぜ、体感アスペクトが生まれたか】


どうして、こんなものを生み出したかっていうとね。
わたしは、自分の目覚めがあったとき
自分が祝福されてこの地球に来たことを想い出したの。
 

生まれて間もなくから両親のもとを離れ
里子に出てあっちこちの家にお世話になってきたわたし。
幸せな日々を送ることができるようになった30代になっても
どうしてもぬぐい切れない想いがあったのね。

「自分は生まれてきてよかったのか?」ってこと。

それに付随して両親のことを許せないことを
どこかで責める自分に責められていたのね。
だからね、いつも何かが許せなかった。

それを口に出して言うこともなかったけど
こころの奥の奥にある寂しさのようなものはいつもあった。

それが、目覚めを迎えた朝
生まれて来た時のことを宇宙の視点から思い出した。
再びスローモーションでいくつものテレビで同時に見ているようだった。


「(地球へ)ようこそ」


そして、見送られるいのちも

「ようこそ」と言われている景色を見た。

この世を祝福されて去っていた姉の姿が見えた。

ああ、そうか、わたしは忘れていただけで
本当は祝福されて生まれて来たんだって思い出した。
宇宙の音楽が聞こえた。

わたしはその時、初めて
両親を憎む自分を許すことができたのね。
許せなくていいって思えた。

許せない自分を許すことができた。

そうしたら
世界の見え方が変わった。

 
そして、どんなに短いいのちでもどんなひどい状況でも
すべてのいのちが祝福されてきたこと
この世界は祝福に満ちている景色を見た。

 
私があの日体感したようにあの祝福を
多くの人に体感してほしいっていう願いがわたしの中にあって
それを実現したのが体感アスペクト。

 

この体感アスペクトは
「地球へようこそ~!」って言葉で完了する。


 

ずっとね、
星読みを教える上で大切にしてきたことは
紙面上の世界でなく宇宙を立体で感じること。

 

この広い宇宙、星たちも次元を越えて先祖やすべての存在が
いつもあなたを見守っていて
あなたが生まれたことを祝福している。

 

どんなに孤独でひとりぼっちに感じることがあって
祝福を感じられないときがあっても
星たちはあなたを見守り、愛を送り続けている。

想像してみて
この地球に生まれた時、
太陽系の惑星たちの壮大な祝福の音楽の中
生まれて来たこと。

 

惑星の響きに良い悪いはないの。
それぞれの惑星の響きが
アスペクトによって音楽をつくるの。

 繊細な響き、大胆な響き・・・

それぞれに長短がある。

そして、わたしたちは、人生を通じて
惑星たちの響きをレッスンしていくの。

そのレッスンは苦しいものもあるだろうし
楽しいものもある。
どう感じるかは、それぞれの感受性によって違う。

だからアスペクトが厳しいアスペクトであることが
人生を決めるものじゃない。

繊細な音をレッスンしてきたか、大胆な音をレッスンしてきたか・・
どんな響きをレッスンしてきたかってこと。
感じかたは別物なの。

そして、すべての惑星の響きを自分で演奏できるようになったとき
わたしたちは、はじめて自分の人生の指揮者になる。

 天から降りてくる音楽を自由に奏でることができる。

だから、最終的にどんなアスペクトであるかは
人生の吉凶には関係ない。

 
星を読むこと、
惑星同士のアスペクトを読み取ることは
オーケストラを聞くのと似てる。

存在全部にどかっと座ってその音楽を聴くの。
そうすると小さな響きも全部聞こえてくる。
細部に宿った神性が光る。

人ひとりの人生の響きは本当に壮大な宇宙のオーケストラ。

今もこの宇宙の響きのなかで
見守られて生まれるいのちと見送られるいのちがある。

そんなところに降り立つと
宇宙の歌はよく聴こえてくる。
 

今回は、あわせて瞑想プログラムもあります。

瞑想と言っても動く瞑想ワークです。

こころとからだをひらいて、感性と感覚をひらいていきます。

 

Heart&Earth Meditetionプログラムはこちらから↓

 

 

体感アスペクトだけの参加も歓迎!

瞑想プログラムだけの参加も歓迎!

そして、両方参加するとさらに体感アスペクトが深まります。

 

全体の詳細は、こちらから↓

2021年 HEART & EARTH Meditation Program / 体感アスペクト®: (peraichi.com)
一般社団法人ユニバーサルアーツアカデミー主催

HEART&EARTH MEDITETION &体感アスペクト®

 

ご参加お待ちしています!

 
 

 

『風の時代の夢の叶え方』
オンライン無料講演会のご招待


4月29日(祝)10時~12時開催
「風の時代の夢の叶え方」

 

この度、財団法人 絵本未来創造機構代表の

仲宗根敦子さんとこれからの時代について対談させていただきます。

最近はサロンでの発信が多いので、貴重な機会です。ぜひ、ご覧くださいね。

 

=======
2021年から風の時代と
良く耳にしますが、
風の時代ってなに?
これから世界が向かう方向性は?
風の時代の夢を叶える方法とは?
 

オンライン講演会は、無料で参加いただけます。
お申し込みが必要です。
こちらから御願いいたします。

https://learn.eq-ehon.com/seminar/detail/?type=free&id=269


※見逃し配信もありますので、
録画視聴も可能です^ ^

 

4月になって、すっかり新しい地球になったようなエネルギーを

感じています。みなさんは、いかがでしょうか??

 

この4月は「たまご」の殻を内側からバリバリと壊していくような

そんな時間かもしれません。

 

刷新という言葉も来ています。

そして、地球のエネルギーがとても高まっていて

植物、水、生物たちのメッセージが

どんどん届ています。

 

 

昨年から龍頭図を

サロンメンバーさん、UAAメンバーで

探究してきました。

 

そこでわかったことは

地上のネイタルチャートだけではわからなかったご縁が

天のチャートと呼ばれる龍頭図と

地上のネイタルチャートを見ていくことで

明確にわかることがわかってきました。

 

さらに、

家族、祖父母、祖祖父母、こどもと天地のチャートをみていくと

まるでDNA螺旋のように

星座が受け継がれていることがわかってきました。

 

それは、脈々とつづく壮大ないのちの物語を

見ているような不思議な感覚になり、

みなさん、自分のいのちを深く感じ入り、涙します。

 

天と地のチャート、それをつなぐドラゴンヘッドテイルの働きを知ると

ホロスコープが立体に見えてきます。

「たましい」の働きが見えてくるのです。

 

血縁だけでなく、養子縁組や

縁の深い人たちも同様です。

 

それぞれに戸籍謄本や除籍謄本を取り寄せたりして、

祖父母の誕生日でチャートを算出し

祖父母がどんな人であったかを

聞いたりして、先祖に想いを寄せる時間となりました。

 

先祖のチャートを見ていると

「わたし」とはいったいどんな存在なのか

不思議に感じます。

 

「わたし」とは、この脈々とつづく命

先祖の代表としてこの地上にあらわれている。

 

 

大人気の講座

「天と地のチャートから”わたし”を知る」ZOOM講座募集開始です。

 

 

不思議な感動に包まれ、
天と地のチャートを学びながら多くの人が涙します。

龍頭図をどのように読んでいっていいかわからない方、
天(龍頭図)と地(ネイタル)を統合して読みたい方、
内なる天地を融合させたい方、先祖を近く感じたい方、
魂の構造、神秘学、神智学、人間の覚醒など興味のある方

西洋・インドの占星術の垣根を越え、
統合的かつ仏教的概念が入った星読みになります。

これまで星読みを学んできた方には目からウロコでしょう。

 

詳細↓

 

 

 

 

 

 

 

 

【植物と星 ~植物はみんな知っている~】

 


植物にも出身星があるそうです。
それを教えてくれたのは
石垣島のはっちゃんこと入口 初美さん。

 

ツヤ感のある葉っぱを持つ植物は

金星出身らしいです!!

 

うちにある植物を見てくださり、

ポトスは内側のつながり

アイビーは外側のつながりだと

お話もしてくださった。

 


はっちゃんとは、須藤昇さんとのトークイベントがご縁でした。

先日、2年越しの約束を果たしにはっちゃんに会いに石垣島へ。

 


はっちゃんは、植物・ハーブの知恵・叡智を伝えるスペシャリストとして、

石垣島でその知恵とともに暮らしながら、

国内の医療機関で講演をしたり講座をされています。


そして、2015年4月に新種のハブに噛まれ、

心肺停止し、一度あの世に行ってきた方でもあります。


その時、見てきたあの世(宇宙)のお話は
とても興味深く、そしてたましいに響きます。

 

少しだけそのお話を紹介します。

 

◇◇◇

はっちゃんが見てきたあの世の話し。

はっちゃん、心肺停止になり
身体から魂が抜けて聞いていた医師たちの話し、
それから宇宙?空間に飛び、
人の魂の姿、星との繋がり等等見てこられた。

あちらで
神様?にこう聞かれたそう。

神様「愛しましたか?」

はっちゃん「愛しました!」


神様「愛されましたか」

はっちゃん「愛されました!」


神様「愛すべき時を過ごしましたか?


その問いにはっちゃんはハッとしたそう。

「愛すべき時」。。。


一生懸命に人のために尽くした人生で
こどもたちもほんと愛して愛されて
何の後悔もない、
でも、自分の時間を持ててなかった!

あー!わたし、自分を生きるって決めてきたのに、
自分を生きる時を持ってなかった!
また、やっちゃった!

と青ざめて、また再びこの世に戻ることを
選んだそう。

 

◇◇◇
そんな、はっちゃんとの対談で
植物にはそれぞれに「幾何学模様」があり、
それは、その植物の出身星を示していて、
わたしたちは、自分の出身星にあう植物を選んで
食べたり、取り入れたりしていると。

 

たましいは必要な植物を知っているし、
植物はわたしたちを知っている。


植物とわたしたちって、言葉はないけど
響き合ってたましいで会話してるんですね。

 


そんな植物と星の話、植物の出身星の感じ方、
メッセージの読み取りの講座をはっちゃんとやりますよ。


4月5日UAA主催ZOOM講座 詳細はこちら↓
https://www.event-form.jp/event/16156/UkOixkHelu2i

 

そして、もう残りわずかの期間ですが、
4月12日~16日まではっちゃん、須藤昇さんと
universlove石垣島リトリートやります。


あと2名様入っていたけだけます。
ご縁のある方へ。

https://www.event-form.jp/event/15790/igRae8


先日、石垣島のフクギで染物しました。
染物もやっていると体に気持ち良い。

はっちゃんガーデンで植物遊び、
浜遊び、浜ごはん、いろいろ楽しんで遊んで
からだもこころも自由に。


ご縁のある方、お待ちしています!

 

 

◇◇◇

現在、ルミナの活動は

オンラインサロン→メルマガ→FB→ブログという感じになってます。

 

メルマガはこちらから

現在、おもに月のタイミングなどで配信。

 

 

 

今年は、一般社団法人ユニバーサルアーツアカデミーにて

星読みの講座はやっていきます。

星読みに限らず、いろんな講座をやってます。

覗いてみてくださいね。

 

 

ルミナ メイン講師

天と地のチャートからわたしを知る4月開講講座募集開始です

 

 

 

 

 

 

 

 

【うお座新月瞑想 ~水が新しくなる~】

 
今日19時21分うお座で新月を迎えますね。
鎌倉はかなり強い雨とともに春雷。

 


魂の導きで本来あるべき場所への配置が始まる新月。
これは、今日に限ってのことではなく
これから5月の木星うお座入りまでそんな時間へ。
魂の「通過儀礼」の扉が開き始めた。

 


今年受け取っているメッセージは「水」
「水が新しくなる」と。
新しい水のエネルギーが流れ込む。

 

◇◇◇
わたしたちはあらゆる機会を
いつももらっていますが
決めるのは「自分」です。


うお座は受容的な象徴ですが
受容と決意は同じものです。


どう生きるかは
すべて自分で決めることができます。


やがて、その世界が外側へあふれ出していく。
宿命(さだめ)を越えて。


そのあふれ出す力はこの地球では「水」。

 

 


今夜は、UAA主催新月のオンラインキャンドル瞑想会です。
瞑想はいつも素晴らしい瞑想をナビゲートくださる須藤昇さん。


今日はどんな瞑想でしょうか。


ルミナは、瞑想が始まる前に
今回のうお座新月について。


水のメッセージや
うお座の受容とCompassion(慈悲)について
お話しさせていただきます。
(UAA会員は無料で参加できます。会員登録は無料)
https://www.u-a-academy.org/


Compassion
それは、深い言葉です。
Passionという言葉もこの中に入りますが
そのもともとの意味には”キリストの受難”があります。
受け入れ難いことを受け容れる。
それが情熱も意味する。


Comーはともに、一緒にという意味。

 


Compassion
本当に奥深いことば。
日本語でいうなら慈悲が一番あうと思う。


慈と悲は同じことば。
キリストの受難と情熱が同じ言葉であることとも
通じるように思います。


慈悲と言うと仏教的なやさしい響きになりますよね。
Compassionはこころをわしづかみにするような響き。
どちらもそうやすやすと口にできないぐらい
”大きな”ことばだと思います。

 

 


うお座を生きてみて思うこと。


うお座のエネルギーはかぎりなく
Compassionに近いと思います。


それはときにすべてを壊し飲み込んでいく。
うお座の荒魂は、凄まじい。
この力を情熱と呼ぶのでしょうが
それは、荒ぶる神と言ったほうが近い。
大地を切り裂き、津波を起こすポセイドン。
スサノオのような力。

 


今日の雨も雷もますます激しい。
うお座の神様到来。

 


時に考えられないことに自分を捧げたりする。
信じる何かに自分を捧げていく。


信じているんですよね。
神(宿命)を超える力を。

 


目的みたいなものを越えた
大きないのちそのもののはたらき。

 


星も意味も越える。


水はそんな力を持つ。
人はそれを祈りと呼ぶ。

 


この地球には水がある。
美しい水。
宇宙が今伝えたいこと。

 

 

 

 

UAAでは、毎月新月満月に会員は誰でも参加できる

オンライン瞑想会を開催しています。