11月8日

木星は、さそり座からいて座へ移動します。

 

木星はYES(自己肯定)の星。

さそり座に木星が入った昨年10月からは

さそり座の領域に関わることでそれぞれの木星を育ててきました。

 

木星はYESの星。

わたしたちの自己肯定感に関わる星です。

 

人間であることの意味は木星と土星が語る

~木星の象徴、希望とは?~

https://ameblo.jp/neoluminous/entry-12160476764.html

 

 

◇◇◇

 

自分にNOがあるうちは
人は人と出会うことはない。
人を見て、ずっと自分しか見ない鏡(二元)の世界にいる。
 
自分にYESが出たとき、
わたしたちは世界と”接続”する。
 
世界の美しさに触れる。
自分や他者の美しさに気づく。
目の前の人に初めて出会うことができる。
 
そこに希望と可能性がある。
それは、木星の働き。
 
人間が”人間”であること。
 
わたしたちが出会う日。

 

***************
11月3日(土)文化の日
今年最大級のスピリチュアルイベント
地球フェス『パラダイムシフト』
ただいま500名参加!!
「一般発売終了」は10月25日まで!!
***************

 

明日6日金星がさそり座10度で逆行を始めます。

さそり座の長期滞在となり、

木星さそり座の学びの総仕上げをしていくような逆行です。

 

金星は、11月2日てんびん座に入り、

11月16日てんびん座25度で順行に戻ります。

 

その後、12月3日再びさそり座へ入り、

来年1月8日にさそり座を抜けます。

 

星たちがさそり座に入るとき、

それは、奥深い領域を見ることになります。

 

人間関係で言えば、協力関係のさらに深いところにある絆、信頼。

性や一体感、生や死を通じて見る世界、

遺産、引き継ぐもの、受け継がれるもの。

いずれも自分ではコントロールできない領域です。

 

コントロールできなことは

人にとって「恐れ」「心配」として現れることもあります。

それは、恐れではないとき、「信頼」につながります。

 

さそり座の信頼は受容的に見えますが、

受け身(依存的)であるとき、それは犠牲になります。

自らが率先して、世界に自分を差し出すような信頼です。

それは、世界への信頼と自己信頼があります。

 

依存的な生き方と受容的な生き方は同じではありません。

スピリチュアルを学ぶと

受容的であることが依存的になることが多くあります。

 

さそり座での金星逆行期間は、

恋愛や人間関係、金銭的なこと、表現すること、価値観を

通じてこの一年結んできた自己信頼を確認する時間になるでしょう。

依存的な関係は、淘汰されていくでしょう。

 

そして、9日にてんびん座で新月を迎えます。

てんびん座の守護星も金星です。

 

今月は、「金星」がテーマになっていきそうな一か月。

 

特に9日新月を迎えるまで

木星さそり座、金星さそり座は結んできた自己信頼を試すように

さらに奥深い領域へ入り込んでいきます。

 

一方、てんびん座エネルギーにとっては

人間関係が深くなっていくことは恐れになり、

深くなることへのストップが入りますが

もう元に戻る道を失っています。

 

深くなっていく力と

もう戻る道がないけれど深くなっていくことへ恐れが出るとき。

 

これらが葛藤していくと

そのどちらでもない空間、別次元を開いていきます。

それは、度量(ステージ)の拡大につながります。

 

恐れも出やすいときです。

 

自分と世界を信頼して、

自分のすべてを差し出していく。

 

けれど、それは、自分の真実に沿っていなければ

もうわたしたちは自らを差し出すことができません。

 

ポイントはみずがめ座の火星にもありそうですね。

 

 

自分の真実について、

実はてんびん座はそこに真のテーマがある領域。

次はてんびん座の真のテーマについて触れます。

 

 

 

◇◇◇

「アート×セミナー×エンタメ!新感覚体感型イベント」
『パラダイムシフト』~ルールなき地球アトラクションのルール講説~
 
11月3日(土)
14時開演~18時半終了予定(13時開場)
ティアラこうとう(江東公会堂)大ホール
 
この日、ルミナは宙模様の話もしますが
参加者全員のエネルギーを受けての瞑想、音と色のエネルギー即興します。
ルミナが歌もうたって、ライブペインティングもするのは・・・
そうありません!
 
☆詳細はこちら
https://www.evergreenpub.jp/earthfes2018/

 

地球フェス テーマソング 了戒翔太