緊急‼️拡散希望‼️尼崎多頭飼育崩壊‼️ | TEAM ねこのて活動日記〜命を繋ぐために〜

TEAM ねこのて活動日記〜命を繋ぐために〜

初めまして、2018年4月に結成しました「team ねこのて」という、主に行政収容猫の保護と譲渡をしているボランティアグループです。M代表の自宅シェルターには、現在80匹の保護猫がいます。そこでの日々の活動報告をしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。


テーマ:
今日、午後2時にM代表の電話が鳴りました。

尼崎で多頭飼育崩壊が起こったということでした。

残された猫は45匹…‼️

飼い主は、明日には家を出なければなりません。

愛護センターにも相談しましたが

45匹を受け入れる場所もありません。



思いあまった飼い主は、もう公園にでも

遺棄するしかない…と尼崎CONに相談してきました。

遺棄は犯罪です。


ましてや、家で暮らしている猫たちが

外で暮らしていける訳がありません…。


そこでお願いです‼️

緊急で、預かりボランティアさんを
募集します‼️


1匹でも2匹でも構いません。

預かっても良いと思われる方は

特定非営利活動法人CONまでご連絡いただけませんか?




あるいは、teamねこのてまでご連絡ください。
その場合は、尼崎多頭飼育崩壊と明記してください。








M代表は、写真を見て
「今まで見てきた多頭飼育崩壊とは少し違うね。
頑張って、飼おうとしてたと思う。」
と言いました。

M代表が、尼崎で関わってきた多頭飼育崩壊は
ゴミ屋敷そのもので、猫たちが食べる物がなく
ガリガリに痩せて…
ひどい時は共食いしていた、そんな悲惨な現場
ばかりでした。




みんな馴れ馴れで、可愛い良い子ばかりです。






最初に飼い始めた猫に、避妊手術さえしていれば
そして、完全室内飼いにしていれば
このお宅は、家を出ることも
猫を手放すことも無かったのではないか…


ごく普通の、猫を飼ってるお宅のままで
猫を可愛がって、
猫に癒されて…。
誰にも迷惑をかけることも無かったのでは?

そんな風に思われてなりません。





ご飯はしっかり貰えて、
どの子も健康そうです。

こうなってしまう前に、どこか誰かに
相談は出来なかったのでしょうか。





飼い主さんと離れ
慣れ親しんだ、兄弟姉妹とも離れて
これからは暮らさないといけません。

まだ1歳にならない子たちも
何匹かいたそうです。





「何が起きたの?わたしたち、どうなるの?」

不安気な瞳に言葉が詰まります。

大丈夫だよ。きっと助けてあげるからね。」

CONのメンバーさんたちは

そんな気持ちで写真を撮られたことでしょう。








teamねこのても、協力させていただきます。









ねこのてさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス