コロナ禍で僕らがやるべきこと。今年4-5月に開催した「若林夏 人足イラスト展」 | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」
新型コロナウイルスに関する情報について

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!

コロナ禍はどうやら予想以上に長く続きそうだ。

長くても2年経てば、僕らは以前のマスクなしの生活を取り戻せるように思っていたけれど、どうにもそう簡単にはいかないようで。

今年5月にコロナ禍が少しだけ収まっていたタイミングでのイベントの風景。

コロナ禍で閉じこもることで、人の、子供たちの心が少し寂しくなるタイミングで、僕らはもっとこういうことをすべきなのではないか、と思う今日この頃。

 

若林夏 人足イラスト展

2021年4月17日(土)~5月8日(土)

at ヨハク社 https://yohakusha.official.ec

 

 

TOURIST INFORMATION おおいなび(静岡県島田市/KADODE OOIGAWA内)のオリジナルグッズ「旅先で、なにかと便利なシリーズ発売記念イベント」として開催された若林夏/人足イラスト展。

※注 人足(川越人足):江戸時代架橋が許されなかった大井川において、人を肩や輦台(れんだい)に乗せて川を渡すことを業としていた人

 

初日17日はオープニングイベントとして展示会場のヨハク社にて人足まつりが開催されました。

 

まずは島田市緑茶化計画のメインビジュアルでもお馴染みイラストレーター若林夏による人足似顔絵屋。

描く人がみんな人足にされてしまう、このイベントならではの似顔絵です。

 

外は豪雨。 

告知も直前2日前だったにもかかわらず開店と同時にお客様が!

ご家族でいらっしゃり、お子様3人が可愛く人足化されました。

 

その後も切れ間なくお客様が続き14時の時点で当日分の予約が満員に。

夏さんは休みなくマシンのように人々を人足化していきます。

どんどん描き上がる似顔絵に興味津々の男の子や、緑茶化計画のポスターを見て夏さんのファンになりました!という女子、イラストレーターになりたいという娘さんとお父さん、全員で人足化したご家族などなど、総勢30名の人足が描かれました。

会場のヨハク社では、島田市緑茶化計画に関わるポスターの原画やラフスケッチ、今回のおおいなびオリジナルグッズのボツ案など

夏さん目線で島田市を楽しく切り取った展示が楽しめました。

また島田市緑茶化計画メインビジュアルを使った缶バッジ作りや塗り絵ができる島田市広報課による緑茶化ワークショップ、山の農家・深山園による美味しいお茶の販売や本物の川越輦台などのフォトスポットもあり、盛り沢山。

予約がいっぱいになりお断りしなくてはならなかった方や2時間以上お待たせしてしまった人もいましたが、みなさんこの空間で楽しく過ごしていただけたようです。 

 

緑茶化計画発足当初から島田市にも何度も来ている夏さんですが市民の皆さんと触れ合うのは今回が初めて。

島田の人のあたたかさに感激していました。

 

翌日には島田市博物館にて企画展「カワゴシだもんで」を鑑賞。

川越人足のリアルな歴史を学びより一層島田愛を深めていただきました。 

 

今回「川越人足」を軸にたくさんの人、場所が繋がりました。

おおいなびの人足グッズが越すに越されぬ大井川をぴょんと飛び越えて流域を繋いでいく存在になってほしいと思います。

 

(文と写真:前川亜希子)

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中