KADODE OOIGAWA ちょこっと解説(8)大井川流域観光拠点としての「おおいなび」 | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」
新型コロナウイルスに関する情報について

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!

大きい敷地とはいえ、たかだか15000㎡弱である。

大井川流域の広大さ、さらに将来的に大きな可能性を秘めた南アルプスに比べれば、わずかなものでしかない。

その流域の魅力をKADODE OOIGAWAの魅力に付け足すために、島田市観光協会が運営する「TOURIST INFORMATION おおいなび」は存在する、と言っても過言ではない。

 

通常KADODEのような施設の滞在時間は1-2時間程度である。

だがここに車を止め、おおいなびで情報を収集して予約などして電車に乗り、1泊2日大井川流域を楽しんで最後にKADODEで買い物をして帰ってくれれば、それはそのままKADODEの魅力とも置き換わる。

そのための装置として、沿線を楽しむための体験プログラムなどの「大井川でやるべき100のこと」を構築した。

沿線のKADODE以外の事業者にお金を落としてもらう仕組みを作ることで、地元にも喜んでもらう。

一人勝ちではなく、皆で勝ちに行く。

これがこれからの開発に求められることだと思っている。

 

蓬萊橋897.4茶屋を発展させ、川越し人足をコンセプトしたイラストを若林夏さんに起こしてもらい、島田市緑茶化計画のSHIMADA GREEN Ci-TEA(7種)を提供する。

緑茶水道で緑茶が飲める。

緑茶色のポストがある。

大鉄が真っ黒なSLソフトクリームを提供する。

そして沿線の美味しいものや大鉄グッズを販売する。

 

老若男女楽しんでもらうために、あえてアナログの黒板MAPや一人一人カスタマイズできる100カードパンフも揃えている。

それらはスタッフにより、情報や内容が季節により更新されている。

言葉で書くのは簡単なことだが、

言葉で書くのは簡単なことだが、スタッフたちの熱意があってのこと。

その意味にでおおいなびはいいスタッフに恵まれている!

 

というわけで、コロナ対策をしっかりとして、夏休みはKADODE OOIGAWAへぜひ!!!

 

 

 

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中