団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

この週末、トコナツ歩兵団が共同プロデュースを手掛けた

いわき湯本温泉「フラのまちフェスティバル2017」に行ってきた。

 

関東地方は本降りの雨。

湯本はときおり小雨交じりの天気。

それでも幸いなことに中止にならなかっただけでも有難い。

 

悪条件のなか16組のフラダンサーたちが湯本駅ステージと鶴のあし湯ステージで踊り、

16店舗に湯本のまちに出店していただいた。

 

トコナツ歩兵団はフラ女将のプロデューサーである。

そのなかで月に一度鶴のあし湯で踊る「フラのまちオンステージ」を企画し、

2年目の今年はその集大成として「フラのまちフェスティバル」を企画した。

無論、女将さんや支えてくれるいわき市のスタッフの皆さんと共にである。

 

このプロジェクトにおいて、僕はあくまでも女将さんたちと一緒に企画をする。

そしてデザインをするのみである。

以降実施に至るまでのプロセスは、地元で協力してくれる様々な団体に委ねることになる。

ある意味コントロールできないし、ある意味自主性にお任せする。

当日の僕の役目はビールを飲みながら、雰囲気を楽しみ、女将さんや出演者に拍手を送るのみである。

 

予算は、ない。

ほとんどと言っていいほど、ない。

 

それでも女将さんたちは16組の仲間たち(大先輩たちを含む)を集め、

16店の飲食物販と地元の商店に出店していただき、

2カ所のステージを作り、

雨のなかを考えれば、少なくないゲストに来訪していただき、

声援を送ってもらった。

 

3年前、「アイドルになりたい(笑)」から始まった女将さんたちのプロジェクトは、

ゆっくりと楽しみながら、時に立ち止まり、時に涙し、だいたい笑って、

まちに協力してもらえるフェスティバルができるまでに成長してきた。

無論、内容も規模もまだまだである。

 

それでも、僕は素直に感動した。

女将さんたちに、湯本のまちに関われてよかったなあと。

 

依然、当初目的であった「宿泊客増」までは程遠い状況である。

お金がないなりに、ないなかで生まれて育ったフラ女将であり、フラのまちであるけれど、

当初の目的はまだまだ達成できていない。

 

第2期が始まるのか、それともこの達成感でしぼんでしまうのか、

フラ女将と湯本次第なのである。

 

そしてそれもまた、楽しいなのである。

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

団長/プロデューサー/プランナー/小説家 渡部祐介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。