愚かな過去と空っぽな未来
時間というのは、時として残酷であり、ありがたくもある。