樹脂サッシ カバー工法 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームにおいて断熱性を高める方法として

サッシを取り換えたり、内側にもう一枚樹脂の

サッシを取り付けたりします。

最近はメーカーによって今付いているサッシを

撤去しないで障子だけを外してその上から新し

い樹脂製のサッシを取り付けることができる商品

があります。

今回私の家のリフォームで試しに何か所か採用

しました。

外側の網戸と雨戸のレール・戸袋は前のままです。

内側から見ると既存のサッシ枠の上から樹脂の枠を

かぶせています。

デメリットは少々高価であることと既存の枠の上から

かぶせるのでガラスの面(障子)が少し小さくなること

です。

メリットは外壁をカットしてサッシを取り外す必要がな

いこと、そして取り付けた後モルタルおよび塗装で補

修または全塗装する必要がないことです。

 

外壁を部分的にカットすると防水紙も一緒に切断する

ことになり既存の防水紙と新しい防水紙の間で水が

浸透することがあります。

それを防ぐために外壁全体を新しくサイディングを施工

するという方法を取っているところもあります。

 

施工できる大きさに限度がありますが、欄間も施工できます。

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ