制震ダンパー | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

耐震改修工事をしています。

これは伝統耐震診断という実際の家の揺れを

診断した後に時刻歴応答解析という特殊な解析

に基づいて行っています。

地震の揺れを吸収するダンパーが付いています。

 

耐震診断のデータをもとに既存の構造耐力を推定し

仮定の地震波を入力し層間変位を規定内に抑える

ためにダンパーや面格子を装着します。

層間変位を少なくすることで揺れによる壁の亀裂を

抑え、地震による倒壊を防ぐものです。

 

在来工法の家では筋かいや合板を使って家を頑丈

に固定しますが、もともと揺れる性質のある伝統工法

の家に使われるものです。

同じように油圧を使ったダンパーが在来の家にも使わ

れるようになってきています。

構造上の耐力には算入できませんが、合板や筋かいが

破断するのを防ぐ役目はあると思います。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス