こころ、つなぐ、ならは

こころ、つなぐ、ならは

―福島県楢葉町公式ブログ―
   
      

東日本大震災による津波と福島第一原発事故によって全町避難を余儀なくされた福島県双葉郡楢葉町。
平成27年(2015年)9月5日午前0時、震災発生から約4年6カ月ぶりに避難指示が解除され、復興へのスタートラインに立ちました!
帰町に対する取り組みを進め、離れ離れになった町民に、身近な話題、町の情報を楢葉町役場の政策広報室からお知らせしているブログです。

テーマ:

30年度「楢葉町タブレット講習会」が終了です (*'▽')

いわき・楢葉会場の講習会と、3月の修了式の様子を紹介します メモ

 

いわきでは、毎月、第8仮設住宅 談話室を会場に、午前中に講習会を行い、相談会を予定していた午後も、参加者からの要望を受けて講習会を続けてきました \(^o^)/

 

いわき会場

 

「ここに来て、みんなの顔を見て、話が出来るのも楽しみなんだよね」と参加者。

夫婦そろっての参加や、姉妹そろっての参加で盛り上げていただきました。感謝!感謝!

 

楢葉町では、みんなの交流館 ならはCANvasを会場に、午前中に講習会、午後は、個別に都合の良い時間に来ていただく相談会を開催してきました (^O^)/

 

楢葉会場

 

「こんなに楽しい講習会なら、もって早くから参加していれば良かった」

の感想も マイク

楢葉会場でも、夫婦そろって参加される姿に、ホッコリ!! 良い感じ!良い感じ!

 

そして3月、一年のしめくくりです 口笛

7日(木)楢葉、12日(火)いわきで、30年度「楢葉町タブレット講習会」の修了式が行われました ゴール

 

楢葉会場  講習会(3月7日)

 

いわき会場 講習会(3月12日)

 

講習会では、この1年間で、6回以上講習会に参加した方に「タブレット講習終了証書」が贈られました certificate*

 

更に、12月から2月の間に「ならは写真館」に3回以上投稿いただいた方を対象に「ならは×アプリ盛り上げたで賞」が贈られました certificate*

受賞者の感想 マイク

「初めは、講習会に恐る恐る出かけましたが、参加したら楽しいし、優しいサポートを受けて続けることができました。4月からも参加します」

「いわきで講習会がなくなり、集まる場所もなくなるのが寂しいなぁ」

「このような集まる場所が大事なんだよね」

「あまり利用していませんでしたが、講習会に参加して使い方を少しずつ覚えて活用できるようになりました。4月からも続けて参加しますのでよろしくお願いします」

「撮影した写真を『ならは写真館』に投稿して見てもらうのがうれしい」

 

皆さん、31年度も引き続き「楢葉町タブレット講習会、相談会」へ、参加をお願いしま~す (*^^)v

 

 

<4月の講習会>

4月17日(水)9時30分~11時30分

ならはCANvas 多目的室

 

<4月の相談会> 

4月17日(水)13時30分~15時30分

ならはCANvas 多目的室

 

お願い 31年度も「楢葉町タブレット」を活用して下さいね お願い

 

 


テーマ:

サケの旅立ちを一緒に体感してみませんか (*'▽')

 

 

木戸川漁協から提供いただいた画像で、サケのふ化と稚魚の成長の様子を紹介します メモ

これで、皆さんも木戸川のサケをもっと身近に感じるハズ (*^^)v

 

受精した卵は、浮上槽で管理されます 水槽

 

約30日間、約10度の水温で飼育すると卵の中の目が見えるようになり,その後24日位でふ化します 目 

 

お腹についているふくろの栄養分を吸収して成長して、泳げるようになります ニコニコ

 

ふ化後、約40日で稚魚は浮上して、餌を食べるようになります \(^o^)/

 

今年は3月6日に、大きく育った稚魚 約300万尾が、木戸川に放流されます !!

 

皆さんに見送られたサケは、その後 記事(白地)

 

放流された稚魚は、成長に必要なエサが豊富な外洋に出て、体力を付けてからほとんどが4年、早いもので2年、長いもので7年をかけて、アラスカ湾まで数千キロの大回遊(群れをなして大規模に移動する)をします ゴール

 

サケは、川の臭いをたよりに戻る場所を見つけ出すらしいのですが、大回遊の中で、川の臭いがわかるはずもないのに、生まれた川にたどりつけるのがサケの不思議です !?

サケには、自分の位置がわかる能力が備わっているようです ナビ

 

川から海に出た稚魚が、ふるさとに帰ってくる確率が1%にも満たないとのこと、過酷な旅を終えて、木戸川に戻ったサケに、お帰りなさいと声をかけたくなります ( ^^) _U~~

 

サケの壮大なドラマの始まりです 頑張れ

皆さんも一緒に、木戸川にサケの稚魚を放流してみませんか メガホン

 

**************************************************************************

木戸川漁協 放流は、

日時:3月6日(水)10時30分

場所:木戸川 やな場下流

 


テーマ:

楢葉町公民館復興事業として、楢葉町武道館を会場に、毎週水曜日に開催されている「合気道教室」に2年ぶりにお邪魔しました ヽ(^。^)ノ

 

 

皆さん知ってましたか? 実は、この「合気道」の発祥には、会津(福島)が大きくかかわっていたんです びっくり

 

指導されている平石 潔先生にお聞きしたところ、会津藩で伝えられていた「大東流合気柔術」をルーツに、各流派の武術を取りいれて、昭和に入って確立されたのが「合気道」とのこと。

会津の歴史がここにも受け継がれていたんですね (*'▽')

 

練習内容を紹介します カメラ

 

教室は、礼から始まり、ケガをしない様に身体をほぐし、基本動作をくり返します 練習

 

「受け身だけでなく、攻撃も円の動きが大事です」と、平石 潔先生 ( ..)φメモメモ

 

合気道は、攻撃する相手の力を利用して、円の動きで流しながら、関節技で相手を抑えるのが基本 筋肉

 

練習は、2年前、初めて合気道を経験する人に、構え、受け身などを中心に繰り返していた時とは違い、形、受け、捌き(さばき)、受け身など、より実践的に見えます 目

 

合気道は、技をかける側とかけられる側に分かれ、繰り返し形を練習して、実際に役に立つように技を身に付けていきます 技

 

教室は、礼で終了です おじぎ

 

参加している皆さんに、合気道(教室)の魅力について聞きました メモ

「相手と競うのではなく、お互いに高め合うものという、合気道の精神にも引きつけられます」

「しばらく運動をしていなかったので、最初は受け身の練習でも、翌日筋肉痛になりつらかったが、

少しずつ出来る様になってきたので楽しい」

「指導者が相手と向き合う姿勢に学ばされます」

「この教室が始まり、楢葉町で出来る事が増えてうれしい」

 

技だけでなく心も磨かれる合気道、皆さんそれを実感している様です (^o^)

 

お子さんが礼儀作法を身につけることにも役立ちますし、皆さんも柔らかい動きとケガしにくい身体を身につけるために、合気道教室に参加してはいかがでしょうか メガホン

 

**************************************

≪合気道教室≫

日時:毎週水曜日 18:00~20:00

場所:楢葉町武道館

講師:青木 ひろみ先生

・受講対象者に年齢制限はありません

・途中からも参加OKです

・動きやすい服装でお願いします

 

お問合せ・参加申込み先(随時参加者募集中です)

楢葉町教育委員会(公民館)担当 坂本 和也

☎0240-23-6190 

ファックス0240-23-6192

 

Ameba人気のブログ