離婚回避のために必須となる要素とは?

 

今日はこのことについて

お話いたします。


夫を愛しているといいつつ、心の底に
ある本音…。

これは相手に伝わります。

この動機は簡単に見抜かれてしまいます。

最初は自分の本音と建前の区別が
つかないのは仕方がないのです。

しかしここを曖昧にしたまま、ただ修復を
望んでもムリなのです。




「修復したい動機がどこにあるのか?」
これを自問してみましょう。

修復に関してどんなことに心が揺れ動くのか?
心の動きに敏感になるのです。

夫はあなたの動機を察し
それに反応を返してくるからです。

自分の本音を勇気を持って
見つめ直しましょう。

あなたは以下の理由のどれに
心が騒ぎますか?

●夫と別れたら子どもがかわいそう
●離婚すれば世間体が悪いし恥をかきたくない
●生活ができなくなったら困るから
●一人になることが怖い
●夫の浮気が許せないから
●夫の勝手な行動を憎んでいる

この理由だとよい反応は期待できないのです。

なぜなら夫の気持ちや苦しみに妻が
寄り添っていない限り、離婚回避を

期待しても難しいのです。

 

なぜ修復が可能なのか?

 

夫が修復にメリットがあると感じるからです。


夫婦の本音はなぜか不思議に

伝わります。


夫婦は潜在意識が連結しているので
ごまかしが効きません。

お互いにどんな本音を持っているのかを
敏感に察するのでトラブルになるのです。

一度、深呼吸をしてみてください。

修復に対する深い思い、無償の

愛情を持って取り組めば宇宙が、

それに協力してくれるのです。

自分の奥底にある不動の意思

これに注目することです。

これなしにどんな試みをしても
常に不安と恐怖からしか行動が
出来ないのです。

もちろんある程度の夫の力量も必要です。

しかし、半世紀を共に生きる関係である
以上、これを築き上げる意思を
持ちましょう。

 

夫という人間が自分にとってどれほどの
価値があるか?


夫との出会いが自分の人生にとって
必然だという理由。

 

これを深く落とし込むことで
だんだん見えてくるものがあります。

 


 

お知らせ

    誰も教えなかった90分の「夫婦学セミナー」

     が無料で学べる
     「誰も教えなかった夫婦学」はコチラをクリック

    2体験セッションのお申込みはコチラから

  

 

メルマガ応援ありがとう^^
 にほんブログ村

私は人間は100%幸せになれる可能性を
秘めていると信じています。

そもそも、それなしに夫婦修復に

向き合うことは不可能です。

破綻した夫婦の修復は、カウンセラーに

それ相応の根拠と確信がないと務まりません。

 

可能性がないものに向き合っていたら
精神や体が消耗してしまうからです。

ちょっと飛躍して聞こえるかもしれませんが
「人間は基本、幸福であることが自然」
なのです。

今、不幸であっても、これは仮の姿。
いずれ幸せな未来が用意されている人。

これを信念として、みなさんに向き合って
いるのです。

今日はこの根拠をお話しますね。



人間は過去、何十万年という気の遠くなるような

悠久の歴史が続いてきました。

そこには自然淘汰の法則が存在し
弱肉強食や厳しい自然環境などで
弱いものは倒れ、絶えてきました。

また外界からだけでなく弱い遺伝子、
正常でない遺伝子は自ずと淘汰されて
しまうのです。

私達は長い歴史の流れの中で生き残ってきた
いわゆる勝ち組の血統です。

力強く、たくましく正しい血統を繋いできた
すごい先祖がいたからこそ今日まで続いたのです。

このことをつきつめて考えてみれば
自分は生き残る可能性を蓄え、それなりの
愛や、強さを内在していると
信じて間違いありません。

子孫が続くということはそう簡単では
ないからです。

古代の話ではなく、近代もそうです。

夫婦関係が極端に悪い背景が3代
続くだけで、その子孫は続かない

というデータがあるのです。

 

その証拠に現代は、「未婚者」が

激増しています。

 

両親を見ていると「結婚に対する期待値」

が持てない、

これが結婚に二の足をふんでいる人の

本音なのです。

しっかりと子孫を残している家系は

試練に耐え、それなりの深い愛情や優性の
遺伝子要素を培ってきたのです。

だからあなたが生き残ったのです。
今、こうして健康に生きている自分が
動かぬ証拠です。

勝ち組の子孫として優性遺伝子を
プログラムされた自分。

幸福な人とは?

それはこの事実を受け入れそれを人生に
生かして生きている人です。

つまりプログラムされたものを生かして
いるか、知らずに無視しているか。

これだけなのです。

可能性がない人はいない。というたぐいの
本が巷にあふれています。

その根拠はこれが本質です。

今、あなたが幸せに生きていないならば
その理由があるはずです。

それは宇宙的なプログラムに沿って

生きてないだけと捉えてみるのです。

先祖から受け継いだものを大事に

していこうとすれば、その地点から

幸せに向かっていると言っていいのです。

それに気づくことが必要なのです。
 

 

 

お知らせ

    誰も教えなかった90分の「夫婦学セミナー」

     が無料で学べる
     「誰も教えなかった夫婦学」はコチラをクリック

    2体験セッションのお申込みはコチラから

  

 

メルマガ応援ありがとう^^
 にほんブログ村

世の中、人々は適齢期が来れば

配偶者を探し、当たり前のように

結婚します。

親たちも子どもが結婚したら

自分の役目を終えたとほっとして
「これで一人前になったね。おめでとう」

の言葉を投げかけるのです。 

しかし実のところ親たちの夫婦関係は

かつてどうだったのか?

 

というと現実にはちっとも

「おめでたくはない。」ことが多いのです。

 見渡してみれば、愛情があふれ

躍動感のある円満夫婦と
いうのは非常に少ないといえます。 

 

現在、日本では2分に一組の夫婦が

離婚しています。

過去20年の間、夫婦研究を

専門としてきた私ですが
自分の経験も含めて今になって

いろいろ気づくことがあります。

 

夫婦の基本を知らないばかりに苦労を

背負い込んでいるケースが跡を絶ちません。

 

ちょっと、考えてみましょう。

 

 

かつて夫婦の基本的知識を

学んだ人が、どれほどいるでしょうか?

 

両親や学校の先生が教えてくれた?

夫婦の専門学校があった?

 

残念ながら、ほとんどが結婚生活には

素人さんなのです。

 

あの人気カウンセラーも、あのセラピストさんも

起業家さんも政治家の先生も

離婚経験がある。

 

それが現実なのです。

 

それは、夫婦がよかれと思って

努力している、その努力の中身が
かなり的はずれだということです。

ちょうど立派な車は買ったけれど
運転方法を知らずに乗り回しているのと同じです。 

最後、廃車同然になってしまうのです。 

これほど危険きわまりないことはないのです。

ところが当の本人は
まるで怖いもの知らずなのです。 

 

気がついたときには、手のほどこしようがない家族・・・


破綻してから、それをいざ修復となると

複雑な作業工程が必要とされます。 

しかし、夫婦にはある方程式があって

それにそって行動すれば、夫婦は修復が

可能です。

 

夫婦が崩壊するのも、家系的な課題が

関係していて、それが遺伝的に

連鎖するという癖を持ちます。

 

これは法則というしかいいようがないのですが、

修理するべきところをしっかり理解して

対応することです。


数ヶ月という期間の間に修復がいくらでも
可能なのです。

 

人生に因果関係の法則があるように

夫婦も血統的な因果関係があります。

 

それは親から子、子から孫へと連鎖します。

 

夫婦の課題は本人だけの問題ではなく

もっとさかのぼったところに

その要因があって起こるものです。


これに素直に向き合っていくことで

夫婦はまた再生することが可能なのです。

親は子どもに財産を残そうとします。 

しかし、本来、子どもにはお金より

夫婦仲を残す。

 

これが生涯を通じて得策である。ということです。

 

 

お知らせ

    誰も教えなかった90分の「夫婦学セミナー」

     が無料で学べる
     「誰も教えなかった夫婦学」はコチラをクリック

    2体験セッションのお申込みはコチラから

  

 

メルマガ応援ありがとう^^
 にほんブログ村

夫婦の機能不全は、体の健康をも蝕みます。

 

生きていることが、すごくしんどい・・・。

何をしてもつまらないし、投げやりになります。

 

私のところにいらっしゃる夫婦のケースは

癌で例えると7割はステージ3から4ぐらいのレベルです。

 

つまり末期状態です。

 

夫婦問題での苦しみは時間とともに

癌細胞のように、繁殖してしまいます。

 

つまり、一刻も早い治療が必要なのです。

放っておいて自然に治癒

ということはほぼありません。

 

相談に来る意思があるうちは

まだ心が健全だとも言えます。

 

ところが放置しているうち、ウツのような

心理状態になり

ただただ人生にあやつられるまま・・・

という状況になってしまいます。

 

たしかに修復は相手のある話ですから

改善に対しては誰もが腰が重いものです。

 

自分ががんばっても、もし結果が

与えられなかったら・・・。

 

これまで自分なりにやってきたことが

ことごとく裏目にでてしまった。

 

今更無理・・・。

 

などの心理になってしまうことでしょう。

 

どこでどう間違ったのだろう。

自分だけが悪いわけではない。

 

大半の人が、グルグル思考になり

傷ついた経験や、その苦しみに負けて

しまうことでしょう。


 

しかし敢えて言います。

 

受身の立場を切り捨てて、自ら決断して

しかるべき治療をすることです。

 

時間が過ぎれば過ぎるほどに

混沌としてしまうのです。

 

どんな問題も原因があって起こるものです。

原因に立ち返って、そこからの

振り返りをするのです。

 

人生には選択肢があります。

 

成長し進化し続けることができるし

放置することも、できるのです。

 

人間は人生の操り人形ではありません。

 

ましてや家族は、他の誰でもない

自分が守るしかありません。

 

起こる出来事には、その背景が必ずあります。

 

その意味を知ること、そしてこの現実は

自分の成長の機会ととらえて

しっかりと対応するべきなのです。

 

あきらめることは、いつだってできますが

修復は今しかできない。

ということです。

 

その苦しみの向こう側に何かギフトが

待っているかもしれません。

 

そのようにとらえることで、必ず

見えてくるものがあります。

 

私も数々の成功事例を体験しながら

痛感していることです。

 

どん底から這い上がった人には神様から

最高のギフトが与えられるものです。

 

人は思いがけない強さを持ち合わせています。
 

これは生きることの再生、発見に繋がり、

未来を見出すきっかけとなります。

 

 

お知らせ

    誰も教えなかった90分の「夫婦学セミナー」

     が無料で学べる
     「夫婦愛の法則」のステップメールは
     コチラをクリック

    2体験セッションのお申込みはコチラから

  

 

メルマガ応援ありがとう^^
 にほんブログ村

成功法則の第1人者のマーフィー博士を
ご存知でしょうか?

博士は多くの著書のなかで、

人は思い描いた通りの人生となる、

と唱えています。

 

彼は夫婦相談についても言及していますが

夫婦問題は夫婦専門のカウンセリングでなくてはならない。

と提唱しています。

しかも「離婚もありき」ではなく、どこまでも

修復ありき、でなされるものでなくては

なりません。

 

人間は悩みの淵にあっても、即座には

行動しません。

 

かなり最悪の状況になって初めて行動
します。



人の脳は一般に「現状維持が大好き」
なのです。

しかし、結婚問題はまったなしです。

 

夫は、もう夫婦はいい、と
うんざりしている一方で、
妻はそのうち、夫の機嫌が
なおるだろう、と楽観視しています。

そこに大きな計算違いが生じてしまうのです。

しかるべき行動を取らずにいたら
何も新しいことは起こらないのです。

 

腰が重いからと行って放置すれば

当人だけでなく、子どもや両親、

親族関係にも、影響が及びます。

子どもは両親の夫婦間での潜在意識を
そのまま相続しますが、これが

そのまま将来の子どもの、結婚の形となるのです。

 

当面の課題をすりぬけても、将来、

お子さんがどういう人生を送るのか?

 

そこまでを考えて、心配するのが親の役目なのです。

離婚問題の母体となるのは、やはり
両親の夫婦関係です。

 

しかし、その根っこは思いの外、深く

祖父母や曾祖父母の代にまでさかのぼります。

 

つまり、すべては血統を通じた遺伝子情報なのです。

家庭というものは他の悩みとは
次元が違います。

体重を減らすとかビジネスで成功する
英語を学ぶというなどという
たぐいのものではありません。

家庭はかけがえのない世界で最も
尊いものです。
失ったら二度と、取り戻せないものなのです。


しかし現実には配偶者から離婚を
言い出されてからのケース、また完全に

破綻してからの相談が多く手の施しようがない
状況からの出発です。

夫婦間での温度差、夫婦の馴れ合い。

これがまず、障害となります。

私は修復とは金脈を探し出すのと同じだと
思っています。

成功する人とそうでない人の能力の違いは
そう大差はありません。

謙虚に粘り強く挑戦した人と、もうダメだと
あきらめてしまう人。

後、ほんの数センチ、掘り進めたら
金脈を掘り当てることができたかも
しれないのです。

その違いなのです。

もう一歩、あと一歩。
後数センチのところに宝物が
眠っているかもしれないのです。

不可能に挑戦するか、しないかの

違いであり、同時に可能性を持たない人はいないのです。

私は手の施しようのない地点からの
奇跡的な生還を見てきました。

カウンセラーは助産婦の立場でしかなく
きっかけを与えるに過ぎません。
 

自分に秘められた無限の可能性に

挑戦する人にのみ奇跡は起こります。

これがすべての鍵なのです。
 

 

お知らせ

    誰も教えなかった90分の「夫婦学セミナー」

     が無料で学べる
     「夫婦愛の法則」のステップメールは
     コチラをクリック

    2体験セッションのお申込みはコチラから

  

 

メルマガ応援ありがとう^^
 にほんブログ村