中山記念の予想。登録馬、出走馬、2018年予想。

中山記念の予想。登録馬、出走馬、2018年予想。

第92回 中山記念(GII)2018の予想を公開しています。開催日は2018年2月25日。中山競馬場 芝1800m。

「最新重賞レースの予想2018」

2018/2/25(日)中山競馬場 芝1800m 『中山記念(GⅡ)』
出走予定馬の情報、注目馬ピックアップ、レース展開予想などなど・・・最新の重賞レースについて集めた情報をもとに色々書いてます。皆さまの予想に役に立つ情報を配信できれば幸いです。
随時更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します。



【重賞レース】
2月:根岸ステークス東京新聞杯京都記念フェブラリーステークス
3月:中山記念弥生賞阪神スプリングジャンプフィリーズレビュースプリングステークス弥生賞

テーマ:

2/25(日)中山11R・芝1800m(別定)にて
《中山記念》が開催されます。

 

 




春のG1へ、そして世界のG1へ。

歴代の優勝馬達には、
前年のG1戦線を賑わせてきた馬や
ビッグレースで上位争いを繰り広げた
スターホースが名を連ねている。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
中山記念の出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 マイネルサージュ 56.0 差 三浦皇成
2 2 サクラアンプルール 57.0 差 蛯名正義
3 3 ヴィブロス 56.0 差 内田博幸
4 4 ペルシアンナイト 57.0 差 デムーロ
5 5 ウインブライト 56.0 先 松岡正海
6 6 マイネルハニー 56.0 先 柴田大知
7 7 ディサイファ 56.0 差 田中勝春
7 8 マルターズアポジー 56.0 逃 柴田善臣
8 9 ショウナンバッハ 56.0 追 戸崎圭太
8 10 アエロリット 55.0 先 横山典弘


以上、出走馬10頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
・人気上位が予想される注目馬
==============


ペルシアンナイト

前走のマイルCSを見事に差し切り
G1タイトルを手中に収めた。

皐月賞でも2着の実績があるように
小回りで機動力が利くタイプなので
適性面の不安は無い。

この春はマイル路線だけでなく
中距離王者も目指す立場。

鞍上にはM.デムーロを確保。

まずはココを勝利して飛躍の2018年にしたい。


ウインブライト

中山金杯で接戦の2着。

ゴール寸前で交わされてしまったが
十分に力を示す内容だった。

4歳を迎えて本格化の兆しが見えてきた。

そして、今回の舞台である
中山芝1800mは2戦2勝と相性抜群。

自力が強化されているのは間違いないので
積極的に狙ってみたい1頭。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


アエロリット

前走の秋華賞は7着に敗退。

渋った馬場が合わなかったのか
直線で伸びきれなかった。

その後は放牧に出てリフレッシュ

今回はそれ以来となる約4ヶ月ぶりの実戦。

完勝した昨年夏のクイーンSと同じ
1800mに距離が短縮されること、
輸送距離が短くなるのはプラス材料。

巻き返しを期待したい。


ヴィブロス

昨年は同レース(5着)をステップに
ドバイターフで見事に勝利。

同年度のJRA賞最優秀4歳以上牝馬を受賞した。

連覇が懸かるドバイターフに向け
昨年と同じくここから始動する。

鞍上は好調をキープしている
内田騎手と1年ぶりのコンビ結成。

ベテランの手綱で秋華賞以来の勝利を掴み
胸を張って海外を渡りたい。


サクラアンプルール

昨年は同レース2着で台頭を果たし
札幌記念で重賞初制覇を成し遂げた。

中央での4勝のうち3勝を中山で
挙げているコース巧者。

前走の有馬記念では16着に敗れたが
直線で不利があったので度外視。

G1の大舞台でもまれた経験を生かし
昨年以上のパフォーマンスを期待。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-0-1-6】
2番人気【3-1-2-4】
3番人気【3-1-2-4】
4番人気【0-4-2-4】
5番人気【0-0-1-9】
6番人気【0-0-0-10】
7~9番人気【0-3-2-25】
10番人気以下【1-1-0-36】


勝馬10頭中9頭は3番人気内の馬で
人気上位陣が堅実なレース。

配当妙味も加味すれば、
2~4番人気が狙いどころ。

また、相手には8人気までの中穴で
過度な大穴は決まらないので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-0-10】
2枠【2-0-2-10】
3枠【2-2-2-8】
4枠【2-0-1-11】
5枠【0-3-2-10】
6枠【0-2-1-16】
7枠【2-0-1-17】
8枠【1-2-1-16】


コーナーを4つ回るため
多頭数の場合の外枠と、内枠の
差し・追い込み馬は厳しい。

データでは内枠がやや優勢で、
とくに3枠が複勝率42.9%と好成績。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-2-2-6】
先行【7-3-3-21】
差し【3-2-3-37】
追込【0-3-1-33】
マクリ【0-0-1-1】


ペースが落ち着きやすく
逃げ・先行が有利なコースだが

最初の直線が短いので、
先行争いが激化するようなら
逃げは苦しくなるので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


中一月に迫ったG1大阪杯を
見据えての戦いとなりそうな中山記念だが
メンバーはわずかに10頭。


この時期のG2戦は頭数が少なくても不思議ではないが
大阪杯を占うには役不足の感があるメンバー構成。


ココは素直にG2タイトルを争う場か。


このレースは実績馬が強い傾向があるが
昨年は3・8・7番人気の順で決まった。


もっとも、勝ったネオリアリズムは
札幌記念の勝ち馬でマイルCSでも3着していた。


しかも、前走は香港G1に遠征しており、
ココを勝った次戦では香港G1も勝っている。


3着のロゴタイプはG1を3つ勝っていて
この2頭は実績的にも近況も1・2番人気馬と
比べて遜色はなかった。


つまり、人気の盲点といったところ。


また、前走が重賞ではない馬については
勝ち負けしていることが絶対条件だ。


少なくとも、前走で人気にもならず、
結果もそのとおりだった馬には手を回せない。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【サクラアンプルール
==============

昨年8番人気でこのレース2着と健闘し
一気にG1大阪杯にも出走する存在に成長。

力があることは、夏の札幌記念勝ちで証明された。

G1で通用するかどうかはともかく、
天皇賞から有馬記念というトップホースの路線を
歩んできた今回は昨年以上の結果が求められる。


対抗は【マルターズアポジー
==============

ローカル重賞を3つ勝っている中距離巧者。

昨年の大阪杯ではサクラアンプルールに
先着した実績がある。

58kgを背負った京成杯AHの走りを見ても
ここなら好走が見込めそうだ。


そして【ウインブライト
============

着実に力を付けてきており、
勝ち負け十分な相手関係とあっては
下手な競馬にはならないだろう。


最後に【ヴィブロス
==========

昨年の5着以上の結果は残せるだろう。


以上を加味した馬券戦略は

◎2.サクラアンプルール
○8.マルターズアポジー
▲5.ウインブライト
☆3.ヴィブロス


上記の4頭ボックスで勝負したい。

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

最新の競馬ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス