中杉 弘の徒然日記

毎日・毎日起きている事件について
非常に軽く書いています。

帰化人が国を亡ぼす: みんな帰化人だった!
¥917
Amazon.co.jp
日本に帰化した朝鮮人は日本人ではない。
日本籍をもった朝鮮人である。このことを多くの日本人は知らなければならない。
日本籍朝鮮人は朝鮮人であるが故に日本の歴史を尊重しません。
天皇陛下を敬うことはない。
何故ならば朝鮮人に歴史はなかったからだ。
このような日本籍朝鮮人によって、マスコミ・NHKは支配され、歴史はゆがめられ、
政治家となった日本籍朝鮮人によって、日本は乗っ取られている。
日本に帰化したと称する朝鮮人は日本籍朝鮮人である。

NEW !
テーマ:

 本当に民進党にいる奴は馬鹿ばかりです。何故かというと国民がどちらを向いているのか理解できていません。選挙制度とか、幹事長が誰になるとか、くだらないことばかり言っています。

 一番大事なことは、国民が民進党の考えを受け入れていないのです。それがわからないのでしょうか? 自分たちの主張を変えない限りは「馬鹿」といわずして、なんというのでしょう。

物事を進めるときに相手が受け入れてくれない場合は、自分を変えていけばよいのです。まして民進党は政治的な主張をしているのです。国民の考えと反対の方向へもっていこうということです。「外国人に参政権を与えよう」「日本に道州制を持ち込もう」「外国人の人権を守ろう」など言っていることは、今の国民感情と正反対のことを言っています。共産党もそうです。それでは票は取れません。

日本国民が望んでいることは明確です。多くなった外国人の排除です。しかも外国人が国家の要職に就くなど、とんでもありません。外国人の排除を今の日本国民は望んでいるのです。

小学校の教員に在日朝鮮人が1万人もいます。どんな歴史を教えているのでしょう。川崎市に在日朝鮮人の公務員が400名もいます。川崎市役所は、何をやっているのでしょう。

しかも生活保護を受給する窓口に在日朝鮮人がいるのです。そんなことを今の日本人は望んでいません。そんなことをやっていけば、民進党は滅びるのです。なぜ野田豚も気が付かないのでしょう。蓮舫は工作員ですから国民感情は永久にわかりません。

もっというと自民党よりも右の政策を打ち出せば、民進党に指示が集まります。自民党は屁っ放り腰で、さらに民進党も屁っ放り腰ですから、そんなものに国民は飽き飽きしているのです。

 堂々と「日本国」と言える政治家を望んでいるのです。国民は外国人参政権など望んでいません。川崎市役所に在日朝鮮人の公務員が400名も入っていいのでしょうか? その分、日本人の就職がなくなるのです。

 学校教員に1万人の在日朝鮮人がいるのです。国営放送であるはずのNHKには、500名の朝鮮人が入っています。日本人の職が失われているのです。なぜ、それを指摘しないのでしょう。

 しかも、NHKの給料は平均で1600万円です。国民から徴収した大事なお金で給料を一人1600万円も取っているのです。そんなことは誰も望んでいません。

 それに突っ込めば民進党は支持をされます。何をやっているのでしょう。在日朝鮮人が生活保護を受けることも望んでいません。パチンコ業界のお金がどんどん北朝鮮に流れることも望んでいません。

 自民党はそのようなところはいい加減です。安部さんは「パチンコは個人の趣味だからやってもいいじゃないか」などというのです。全然よくありません。国民が馬鹿になるように仕向けているのです。

 そのようなところを突いて、自民党よりも右寄りのことを言えばよいのです。朝鮮人には「貴方、生活保護は本国に帰って受けてください。生活がやっていけないというならば、どうぞ本国へお帰りください」と言えばよいのです。

 今、そのようなことを日本国民が望んでいるのです。そのようなことを言えばスッキリするのです。「民進党は違うな」と言われます。そうでないと、朝鮮民進党です。朝鮮人の権利は守るけれども、日本人の権利は守らないということです。こんな政党は、もう流行りません。

 なぜ、民進党には朝鮮人ばかりいるのでしょう。あいつも朝鮮人、こいつも朝鮮人、みんな朝鮮人です。民進党の連中はほとんどが朝鮮人と言ってよいでしょう。

 蓮舫も勘違いしていますが、国会議員は国から給料をもらうのです。人権を振り回す前に国権の給料をもらうのですから、その資格があるかどうかの問題です。国籍条項でウソをついて日本人でもないのに「日本人だ」と言って選挙に出て国会議員になったのです。

 そんな日本人かどうかもわからない奴に、年間1億円の給料を出しているのです。これもおかしいのです。もっと調べて「確実に問題はない」と言わなければ、国政の選挙に出すべきではありません。

 まして野党第二党の党首に外国人の蓮舫が入り込んでいるのです。蓮舫は犯罪者です。なんで民進党は気が付かないのでしょう。おかしな奴らです。

 僕の事務所に昔、松原仁が来たことがありますが、何を考えているのでしょう。松原仁も結構よいことを言うのですが、すべて腰砕けです。あいつも朝鮮人なのでしょう。民進党にいる連中はみんな朝鮮人だと疑ったほうがよいのです。それで日本をぶっ壊そうとしているのです。スッキリしない奴らです。

 桜井誠さんの日本第一党は伸びるかもしれません。筋が通っていますが、まだ油断はできません。桜井誠さんは「北朝鮮の工作員だ」という説もあります。手放しで喜ぶわけにはいきません。

 まあ、民進党を見ていて歯ぎしりする思いです。日本人ならばそう思うでしょう。民進党の主張そのものがおかしいのです。国民の民意がないことを言っているのです。そうでないことを国民はやってもらいたいのに、そちらの方向へはいかないのです。

何故、こんな考え方が出るのでしょうか? そこで出てきたのが蓮舫です。国籍も定かでない奴を民進党は党首にしたのです。野田豚が回りをウロウロして、まさに妖怪です。魑魅魍魎です。朝鮮人は山葡萄原人の生き残りです。もっとしっかりしなさい、民進党! 愛国的なことを言ってみなさい。

 「民進党だから愛国的なことを言わない」ということはありません。何か勘違いしています。民進党が「靖国神社は大事だ」と言ってもよいのです。元民主社会党の西村慎吾さんはそう言っていました。

今の民進党は小物がわめいてウロウロしているだけです。こんな状態では政治に何の影響も与えられません。早く蓮舫を叩き出して、やり直しなさい!

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(2)

テーマ:

 もう日本は朝鮮人により占領が完了しているとも言えます。ある人いわく「もう手遅れだよ」と言っています。もう手遅れかもしれません。憲法を踏みにじり、様々なところに朝鮮人が進出しています。

 僕が『帰化人が国を亡ぼす』で書いたように朝鮮人は順を追っているのです。上と下からの挟み撃ちです。上というのは、GHQによる朝鮮人による日本支配の構図です。この路線を引いたのです。その下手人として、岸信介・児玉誉士夫・笹川良一を置いたのです。この3人がアメリカの代理人ということです。

 アメリカ人は白人なので直接統治はやりにくいので、この3人がアメリカの命令によって仕事をしたのです。その条件でA級戦犯を釈放されたのです。GHQは実に巧妙に舵を取ったのです。

 児玉誉士夫は右翼を握ったのです。これは日本が右傾化しないための右翼です。変な右翼です。日本の政治家は岸信介が掌握したのです。GHQから見たら、この3人は駒です。岸信介は政治を握り、右翼対策は児玉誉士夫が握り、ギャンブルは笹川良一が握ったのです。この3人組が日本の社会にドーンと乗っかったのです。

 それぞれCIAのコードネームを持っています。彼らが日本人のために仕事をしているというのは、ウソです。支配するためにGHQの代理人として仕事をやったのです。それは見事に成功したのです。そのときに日本の社会のあらゆる階層に朝鮮人を送り込んだのです。

 朝鮮人にしてみれば日本の社会で活躍できるのですから、「命令を聞けよ」と言えばよいのです。その流れが流れて今日まできているのです。従って経済の大御所である経団連の会長は榊原定征(崔定征)という朝鮮人です。副会長までも朝鮮人です。

 財界支配にいきなり朝鮮人が出てきたわけではありません。ずっと日本の社会を支配してきて、朝鮮人が出てくるように仕組んできたのです。遂に朝鮮人が出てきて今は経団連の会長になってしまったのです。

 日本の経団連の会長がなぜ朝鮮人なのでしょう。誰が考えてもわけがわかりません。遂にそうなってしまったのです。闇に隠れていたものがようやく表面に出てきたのです。

 「パチンコ?どんどん広めろ。朝鮮人を豊かにしてやれ」ということで、パチンコを広めてきたのです。パチンコは日本人の良心を奪い、日本人が馬鹿になります。「日本人が馬鹿になり、朝鮮人が金持ちになり、これはいいぞ。どんどん進めろ」と進めてきたのです。なんと驚いたことにパチンコ屋に対して、日本政府は税金をかけられないのです。パチンコの売り上げは、40兆円あると言われているのです。

 理屈はこうです。「我々は戦勝国民である」と言って総連と民団をつくったのです。パチンコ業界は朝鮮人がやっています。「我々は戦勝国であるから、それに税金をかけるのは敗戦国のクセに無礼だ。もし、税金をかけるならば、「これくらい利益が出ているのではないでしょうか?」とお伺いを立ててこい。業者一人一人に聞くのではなくて、民団や総連に聞いてこい」ふんぞり返ってそう言われたのです。

 税務署の役人「パチンコ業界からいくら税金がいただけるのでしょうか?」と総連や民団にお伺いを立てて「わかりました」とおずおずと税務署の連中は帰るのです。それで莫大な金が朝鮮人の下に流れるのです。パチンコは税金がかけられないのです。ふざけているでしょう。このような構図を引いたのです。

 パチンコの金が朝鮮人に貯まるとそのお金は北朝鮮にも流れていきます。北朝鮮に流れると南北で緊張関係になります。北朝鮮が軍事的に強くなればなるほど、韓国と緊張関係になり、武器は両方に売れます。

 GHQは日本が弱体化していく方向へいくように、暴力団を育成したのです。戦後に日本で暴れまくった「第三国人」という腕章を巻いた朝鮮進駐軍の連中は2つに別れたのです。一つは総連をつくったのです。2つめは組に入ったのです。同じ暴れていた奴が山口組に入り、片方は総連をつくったのですから、その元にあるのは朝鮮進駐軍です。このように思ってよいのです。

 「民間人を牛耳るために宗教は朝鮮からもってこい。日本の神道をなくせ。朝鮮の如何わしい邪教を日本に広めろ。そうすれば日本人は馬鹿になるのだ」というGHQの指令に力を貸したのが岸信介と立正佼成会の庭野日敬です。庭野日敬も在日朝鮮人です。

 「公務員? 朝鮮人は憲法により公務員にはなれません。それでも入れてしまえ」とやってしまいました。今や川崎市では400名の在日朝鮮人の公務員がいます。それが日本人を管理しているのです。ふざけたことをやっています。

 民主党政権下の時に、生活保護を許可する窓口に在日朝鮮人が就いてしまったのです。朝鮮人が生活保護を審査するのです。「貴方は朝鮮人ですか? はい、生活保護を受けさせましょう」「貴方は日本人ですか? はい、生活保護の受給はダメです」こんな立場を握られてしまったのです。

 川崎市を皮切りに、全国の自治体で在日朝鮮人が入り込んでいるのです。本当にビックリします。教員もそうです。大学の先生から国籍条項を外して遂に義務教育からも国籍条項を外してしまったので、在日朝鮮人の教員が全国で1万人くらいいます。

 在日朝鮮人は、どこで大きな声を出したのかというと、マスコミに対してわめいたのです。マスコミに向かって「これは人種差別だ!これは平等にしてもらわないと困るのだ。我々は外国人だと言っても人権があるのだ。それを朝鮮人だからこれはできないと言うのは人種差別だ!」と集団で押しかけてわめくのです。

 これを朝日新聞に仕掛けて、NHKに仕掛けて、TBSに仕掛けて、どんどん朝鮮人枠を増やしていったのです。「朝鮮人がいないから、このような記事が書かれる。それは我々がチェックする」というのです。ですから、朝鮮人の犯罪の実名報道は絶対にしません。

 「現在、日本で行われている猟奇事件、殺人事件は朝鮮人の犯罪だ」というマスコミはいません。麻原彰晃が朝鮮人だということは、未だに隠されています。上祐史浩「父親は、在日北朝鮮人である」と言われています。オウム真理教は朝鮮人の集団だったのです。それも隠されています。マスコミは一言も言いません。だから、日本人はわかりません。

 それだけ監視体制が効いているのです。TBSは「毎年10名の朝鮮人特別枠をつくれ」と言われています。10年経てば100名の朝鮮人がいます。20年経てば200人の朝鮮人がいるのです。30年経てば300名の朝鮮人が局の中にウロウロしている状態です。それは悪くなるはずです。

 朝鮮人の報道はすべてウソばかりです。すべてのマスコミにわたって、TBSと同じことが行われて、NHKや電通も朝鮮人に乗っ取られているのです。電通には何千名の朝鮮人がいます。孫正義のソフトバンクも毎年朝鮮大学校の卒業生を一番多く採用しています。10年先はどうなるのか目に見えています。ソフトバンクは、朝鮮人の会社です。そこで何が盗まれるのでしょう。個人の情報や電話番号が朝鮮人に盗まれるのです。

 いたるところに朝鮮人がいます。虎視眈々と日本の社会の崩壊を願っているのです。彼らの意識は朝鮮人ではありません。

 あるサッカー選手が韓国に帰ったら歓迎されるだろうと思ったら、「お前は半チョッパリだな。半チョッパリは朝鮮戦争の時に逃げたのだよ。おまえらは白丁という奴隷階級なのだ」と言われて、ひどい扱いを受けたのです。「二度と韓国へは行かない」と言って日本に帰化したのです。

 彼らの本拠地は本国の韓国ではありません。「我々はどこにも国がない。日本海でしょうかね」と元野球選手の張本勲が言ったそうです。

 朝鮮人は深く静かにこの日本に新しい朝鮮国を作ろうとしているとわかります。朝鮮の属国になるためにやっているのではありません。朝鮮人が支配した新しい日本です。名前は日本ですが、それはもう朝鮮国です。そのようなことを目指しているのです。

 それに逆らってくるもの、最後に朝鮮化できないものが日本の皇室です。だから、皇室の中に朝鮮人を送り込んで皇室を壊そうと働いているのです。それが女性宮家の問題です。

 皇室に一人でも朝鮮人が入ってしまえば、その瞬間に日本の皇室は終わります。もうそれは日本であって日本ではありません。小林パチノリは女性宮家賛成論者です。何を考えているのでしょうか?

 政治・経済・芸能を朝鮮人が握る恐ろしい国になってしまったのです。まだ上が朝鮮人でも日本人は底力がありますから下でやっていられますが、やがて朝鮮人は排斥しなければいけません。一人残らずこの日本からたたき出さなければいけません。当たり前です。「日本が大好きで日本人になりました」という朝鮮人ではないのです。「日本人が大嫌いだから日本の公務員になってやったのだ」という考えです。だから排斥しなければダメなのです。

 「日本は大好きだ。早く帰化したい。俺もやっと日本人になれてうれしい。」というならばよいのです。誰も馬鹿になどしません。朝鮮人が一番嫌いなのは日本の歴史と天皇です。姜尚中も東大教授を辞めてから、天皇を「日王」と言っているのです。大馬鹿者です。このような朝鮮人を日本の社会から追い出そうではありませんか!

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(5)

テーマ:

 アメリカ人は怒っています。北朝鮮はアメリカの独立記念日に大陸間弾道弾(ICBM)を打ち上げました。金正恩は我々の戦略的な選択を見せつけられた米国の野郎どもは非常に不愉快だろう。独立記念日の贈り物が気にくわないだろうが、今後も大小の贈り物たちを頻繁に送り続けてやろうと言っています。

 北朝鮮は拷問したアメリカ人の学生オット・ワームビアを解放しました。アメリカはものすごく怒っています。ケビン・メアを見ていてよくわかりました。プライムニュースでは、北朝鮮の話になると「クー」と睨みつけている感じです。

 ともかくものすごく怒っていると感じます。「今すぐにでも皆殺しにしたい」と思っているのでしょう。アメリカがジーと我慢すればするほどICBMができてきて、アメリカの危険が増してきます。北朝鮮の挑発を我慢すればするほど世界が安全な方向へ向くなどありえません。

 それをわからないで、武貞教授も「話し合いをしよう」と言っています。「日本・韓国・中国・ロシアで話し合いをして、北朝鮮の謀略をふせごう」と言っているのです。

 ケビン・メアが言った言葉は「覚悟」です。北朝鮮と話し合いを何度してきたことでしょう。話が通じる人間たちではありません。また話してもその内容に意味がありません。北朝鮮は約束しても守らないのです。

 すると「話をする」という限界をはるかに超えています。アメリカはそのようなことに敏感です。ケビン・メアが「この野郎!」と思うと頬がピクピクとします。それを見透かしたように金正恩が挑発するのです。「早くやってこいよ。来れないんだろう?」と金正恩は思っています。

 西洋人は名誉を侮辱されると決闘までやるのです。これはもう「やる!」と決めています。アメリカは必ずやります。ただ、「いつ、どのようにやるのか?」と決めて実行に移すだけです。

 いろいろと考えてみると、そんな強気の発言をしているのは、金正恩だけなのです。他の幹部たちは金正恩がいなくなれば、そんなことは言わないでしょう。するとアメリカは、「金正恩の首を斬るのが一番よい」と思うでしょう。そうすることにより、北朝鮮の人民の命は助かるのです。

 アメリカが北朝鮮を総攻撃したら、大変な死傷者が出ることになります。やはり、被害を最小限にするには、金正恩の首を斬ってしまえばよいのです。それは一番安上がりの方法ですから、なんらかの方法を考えていると思います。

 いきなりの空爆よりもそれが先でしょう。それもできないのでしょうか? しかし、そんなことはありません。アメリカはステルス戦闘機や、オーロラをもっています。そのような最新兵器を使えばよいのです。オーロラを使って金正恩を打ち取ってしまえばよいのです。アメリカにはそのような技術はあります。オーロラはUFOと同じ技術です。

 北朝鮮はここまでアメリカを刺激したらダメです。アメリカ人は怒っています。ケビン・メアは「通常兵器だけでも北朝鮮を攻撃できますよ」と言っています。アメリカ人は覚悟をもっているのです。しかし、北朝鮮を攻撃したら莫大な損害がでます。日本にも損害がでるでしょうね。

 ソウルは火の海になるでしょう。だからアメリカは考えているのです。攻撃するのは簡単だけれども、同盟国に損害がでないように、日本と韓国にいる30万人の在日米軍・在韓米軍に傷がつかないように考えているのです。アメリカは必ずやります。

 それは成功するでしょう。何回もアメリカは人質事件の救出作戦をやっています。ヘリコプターが砂漠に落ちた事件もたくさんあります。そんなことはあっても必ずやります。そうでないとメンツがたちません。やらなければアメリカを誰も信用しなくなります。「なんだ、アメリカは弱い。弱みを握られていると何もできないのだな。バーカ、バーカ、アメリカ、ヤンキーゴーホーム!」と世界中で言われたらどうしようもありません。アメリカは汚名を返上するためには一発かまさなければいけないのです。

 一番良い方法は金正恩の首を斬ることです。これが最高の解決策です。やると思います。その辺から始まると思います。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(2)

テーマ:

 5日のフジテレビのプライムニュースでは、北朝鮮問題が取り上げられていました。出演者は、ケビン・メア、武貞教授、金慶珠、山本一太です。

 「大陸間弾道ミサイルをどうしたらよいのか?」ということを述べていました。ケビン・メアは、非常によいことを言っていました。「アメリカは単独で北朝鮮を壊滅できる力を持っています。しかも、核兵器を使わないで」と言ったのです。

 反町はそれを突っ込んで「どのようなことですか?」と聞けばよいのに、言わないのです。サッと聞き流して、他の人に話をふっているのです。反町という男をずっと見ていますが、あいつはおかしいのです。

 まず事件について自分の頭で絵を描くのです。「世界はそのように動いているのに違いない」と考えているのです。それに対して発言をふります。少しでも自分と違う意見を言うと、パッとマイクを引っ込めてしまうのです。

 自分の意見にあった人を探すのです。自分の意見とある程度等しいと思うと、長く話をさせるのです。反町の頭の中には武力解決は全然入っていないということです。「武力で北朝鮮をやっつけるということは考えてもないのです。頭の中に入っていないのです。

 だからケビン・メアに長々とそんな話をされたら迷惑だから話をさせないのです。こちらが聞きたいのは、ケビン・メアの話です。「核兵器を使わないで北朝鮮を壊滅させます」と言うのですから、どのように壊滅させるのか聞きたいのです。それが聞けなかったのです。反町は自分の意見と合っているところを探して発言させるのです。

 最後に自分の決意を書くのですが、ケビン・メアは漢字で「覚悟」と書いたのです。他の人間は「対話」と書いています。そんなことばかり言っています。

 ケビン・メアは「北朝鮮と何回でも離し合ってきました。何を話してもムダな人達ですから、これ以上話し合っても仕方ないでしょう。話し合いはもうしないのです。残る道は一つです。その場合、覚悟をするのです。戦争が始まれば、日本に何発かミサイルが落ちてくるかもしれません。韓国は火の海になるかもしれない。覚悟はあるのですか?」ということを言いたいのです。

 アメリカもそれなりの覚悟を持って攻撃するときはやるのですがから、「その場合は日本も覚悟を持ったほうがよい」と言っているのです。まだあります。日本が覚悟をするならば、北朝鮮も怯えるのです。北朝鮮が「やったるぜ!」と言って日本が怯えるならば、要求をのまざるを得なくなってきます。日本が覚悟すれば北朝鮮はかかってこられません。

 女の子も暴行するなら「殺してやる!」と覚悟を決められたら、怖くて暴漢もかかってこられません。覚悟を決めないからやられてしまうのです。「私に一歩でも手を触れたら殺すぞ!」本当にそう思ったらやられることはありません。

 日本が本当にそのような覚悟を持つならば、北朝鮮も攻撃はできません。アメリカは建国記念日に大陸間弾道弾の実験をされて、「建国記念日にプレゼントをしてやった。まだまだプレゼントをしてやるぞ」と言っているのですから、アメリカは黙っているわけにはいきません。

 これだけ北朝鮮にコケにされたら、アメリカのメンツが潰れてしまいます。「まだまだ贈るぞ」と言われてアメリカは何もしないでいたら、世界は見ていますから、「アメリカも落ちたものだな」と言われてしまいます。

 アメリカが北朝鮮を攻撃したら、ソウルは火の海になるかもしれません。「どのように損害を少なくして攻撃したらよいのか」ということを考えているのです。北朝鮮をやっつけることについては、アメリカは自信を持っています。

 何度「話し合い」と言っているのでしょう。馬鹿ではないでしょうか。「朝鮮人の先祖は山葡萄原人だ」という僕のブログを読まなければいけません。話し合いなど通じません。人間がゴリラと話し合いをするのでしょうか? 暴れまくっている熊に話し合いをするのでしょうか? 話し合いなどできるわけがありません。

 人間対人間だから話し合いができるのです。相手が猿やオラウータンや原人の場合は、話し合いは通用しません。朝鮮人は、言語は人間に似ていますが人間ではありません。それを知らないのです。だから、山葡萄原人の話は何回でも書きます。

 朝鮮人は人類ではありません。人間の顔をしていますが、人間ではありません。何故、人間と同じ顔をしているのかというと、悪魔の洞窟門から出てきた山葡萄原人エベンキ人と混血したのです。それが倭人や漢人の男を殺して、残った女を強姦してきたので、原人が人間らしい顔になってきたのです。

 本当は猿人なのです。北朝鮮の教科書には「黒い山葡萄原人だ」と書いてあります。人間と何回も交わっていくうちに、少しずつ人間の血が入ってきているから人間のように見えるので、見ただけではわかりません。

 朝鮮人のルーツが山葡萄原人だとわかれば、話し合いなどできるものではありません。どうすればよいのかというと、ぶちのめすのです。猿が暴れたら、ぶちのめすしかありません。ゴリラは物凄い力を持っています。

 チンパンジーでも人間の3倍の力があります。可愛いと言ってもチンパンジーにパンチをくらうと人間の顔が吹っ飛んでしまいます。そのくらい力があります。麻酔銃を撃つなどしないとダメです。

 北朝鮮と韓国は地上から消えてもらいましょう。約束は守りません。「約束」という言葉すらありません。「社会的正義」などという言葉もありません。何もありません。あるのは、近親相姦と強姦です。人の物はかっぱらい、犬を食べ、糞を食べます。わかるものはそれしかありません。

 「朝鮮人は人間ではない」とわかれば、考え方も変わってきます。朝鮮人の人権などありません。あるのは、山葡萄原人の子孫だということだけです。原人権と人権は全然違います。

 人間にまで達していない原人です。当然、過去に滅びていた原人です。原人は約束を守りません。ホモ・サピエンスは約束を守り、考え方がしっかりとしています。山葡萄原人には約束も友情もありません。山葡萄原人にあるのは裏切りと強姦と虐殺です。約束を守らない原人は滅びるのです。

 韓国は安倍さんをだまして10億円取っておいて、「そんな約束はしていない」などと言っているのです。従軍慰安婦の銅像は引っ込めるどころか、どんどん増やしています。世界中にばらまいているのです。しかも従軍慰安婦はなかったのです。安倍さんもハッキリと言えばよいのです。ピシッと言わないと、原人はわかりません。

 エベンキ人と山葡萄原人の子孫は滅びるべきです。アメリカは皆殺しを考えているかもしれません。朝鮮人をこの地上から無くすのです。そうなってしまうかもしれません。すると朝鮮人は消滅です。

 アメリカは核保有国ですから怒らせたらやると思います。生半可の爆弾を1発落として「参ったか!」などということはやらないと思います。アメリカ人は皆殺しにしてきた民族です。日本には東京大空襲や原爆を落としたのだから、「北朝鮮も皆殺しにする」ということをやるかもしれません。

それによって韓国人も巻き込まれるから韓国も皆殺しになってしまいます。「山葡萄原人はこの地上からいらない」と決意していると思います。

 朝鮮人を見て「同じ人間だ」と思った人は食われてしまいます。彼らは人間を食う人食い人種です。犬を食うから人間も食うのです。

 アメリカ人は怒っています。何度言っても犬食いを止めません。食べ物は他にもあるのに、いきたままで焼き殺すような残酷なことをやるのです。犬の胴体は焼け焦げていて、犬の首が鍋に入っているのです。それが草彅剛の大好物です。

 朝鮮人に対しては、ゲンコツを振り上げてぶっとばすしかありません。多少犠牲になっても仕方ありません。そのくらいの決意がないと、この地上から根絶やしにすることはできません。世界が平和に向かっているのに、今頃になって核兵器をつくって世界中を脅かそうとしているのです。そのような奴はこの地上から消えてもらうしかありません。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(3)

テーマ:

 僕の『中杉弘の徒然日記』に「もうネタ切れかよ」と文句を言ってきた奴がいます。僕にとってネタ切れなどということはあり得ません。すべてのものがブログの対象です。あんまりくだらないことや、人が言っていることは言いません。この世にネタは、いくらでもあります。

 日本籍朝鮮人の問題、安倍さんの問題にしても話題が切れることはありません。何故、同じような物を書いているのかというとここに重点をおいています。これを「刷り込み」といいます。人間は1回話を聞いても忘れてしまいます。行動には至りません。「お話はわかりました。面白いお話ですね。結構でございます」で終わってしまうのです。

 何回も、何回も同じことを言われるとだんだん染み込んでくるのです。遂には自分のものになるのです。自分のものになって、頭に入ればよいのです。

 例えば「朝鮮人は隣の住民だ」と日本人は考えています。「何故、こんなにひどいのか?」と思っても、隣の住民です。二階俊博は「隣の住民なのだから仲良くしなければいけない」「もっと援助をしなければいけない」という感覚になるのです。

 それが僕の話を聞くともう違うのです。人間を殺して食っていた悪魔の洞窟門に住んでいた連中がいたのです。「あそこは通るな」と皆で言っていたのです。だいたいそれが6千年くらい前です。そこにいたのは人食い土人です。穴倉に入っていて、人間が通ると捕まえて食っていたのです。

 この連中は農耕していないから、残った肉は塩辛のように甕につけておきます。この人食い土人は腐ったものが大好きです。それが黒い山葡萄原人です。

 これは新しい角度です。何を根拠にして言っているのかというと、北朝鮮の教科書に書いてあるのです。これで朝鮮人は文句の言いようがありません。「我らが山葡萄原人は全ての人類の母である。猿人の次に山葡萄原人が出てきて、それからホモ・サピエンスが出てきたのだ」という理論です。北朝鮮の政府で動画まで作っています。それを北朝鮮の国民に見せているのです。

 その穴倉にいた連中は現代人とは違います。これは人種が違うということではありません。人種とは、アメリカ人や日本人ということですが、その程度の違いではありません。猿と人間ほどの違いがあります。

 山葡萄原人山葡萄猿人と言ったほうがよいのです。人間まで進化していない連中が、生き残って悪魔の洞窟門に住んでいたのです。これが朝鮮人の最初です。

 このような話は何回でもしてあげないとダメなのです。1回ではわかりません。「そんなことはないだろう」と言っても北朝鮮の教科書に書いてあるのです。しかも、動画付きです。文句の言いようがありません。朝鮮人の先祖は山葡萄原人です。

 その連中が悪魔の洞窟門から出てきたのです。だいたい洞窟から出てくるのは、気候の変動が大きな原因です。1万年くらい前に氷河期がありその時期は寒いのです。寒いから洞窟に入っていたのです。洞窟の中で焚火をしたり、獲物を捕まえると洞窟の中で料理してほし肉をつくったりして食べていたのです。

 人肉は最高の御馳走です。彼らにとっては犬を食うようなものです。人間が通ると「それ、捕まえろ!」と人間を捕まえて食っていたので、そこを通った人間はいなくなってしまうのです。

 悪魔の洞窟門から人骨がでてきたのです。普通、骨は腐って溶けてしまいます。日本でも埋葬すると1年くらい経つと骨が溶けてなくなってしまうのです。まして、石灰石や酸性の土壌だと骨はすぐに溶けてしまいます。

 たまたま悪魔の洞窟門には、2体人骨が残っていて、20代・40代の女性の人骨が発見されたのです。人骨の歯は山形のギザギザになっているのです。黒曜石のような固い石で磨いて歯をとんがらせていたのです。

 何故、歯をとんがらせるのかというと、生肉を食らうためです。普通の歯では生肉は食べられません。生肉を歯で引きちぎるために歯をギザギザにしたのです。すると人間でもガブと食い殺すことができるのです。それは事実です。

 エベンキ人はエスキモーのような連中です。エベンキ人はトナカイを殺して内臓に食らいつくのです。狩をやって集団で三角のテントで生活をしています。動物を殺して皮の着物を着て、広場の真ん中は穴を掘ってトイレにするのです。そのような集団生活です。

 エベンキ人と山葡萄原人は近かったのです。エベンキ人と山葡萄原人が混血して獰猛で残酷な種族が誕生したのです。そのような混血ができてしまったのです。その頃から近親相姦などは普通にあり、なんでもないことです。テント生活をしている連中はそうなってしまいます。

 蒙古に旅人が行くとモンゴル人は家に泊めてくれるのです。女房も差し出してくるので。寝ないと失礼です。そのような風習があります。蒙古もトイレがないから外ですませます。エベンキ人と似ているのです。

 エベンキ人と山葡萄原人の混血人種ができてきて、それが倭人や漢人や他の種族を襲って、男はぶっ殺して、女は強姦して子孫を増やしてきたのが朝鮮人のルーツです。これは間違いありません。

 僕の話を聞いた人は頭にスッと入ってしまうのです。「朝鮮人はどのようなものか?」ということは、普通ではわかりませんが僕は簡潔に一言でいえるのです朝鮮人は山葡萄原人です。気候が変わり、山から下りてきて、エベンキ人と混血して、朝鮮半島で残酷なことをやってきたのです。

 まだその頃、人肉食いの習慣はあったはずです。人肉食いができるから、犬も食うのです。中国人は、人肉食いは当たり前です。

張 献忠(ちょう けんちゅう)は、明末の農民反乱軍の指導者で、黄色い顔色をして虎のような人相で黄虎(こうこ)と呼ばれた将軍です。彼の軍勢は連戦連勝です。四川地方に入ると重慶を破り、成都で大西皇帝を称し、大順に改元して成都を西京としまた。『明會要』巻五十によれば、1578年に人口3102073人だった四川は、嘉慶『四川道志』巻十七によれば、1685年には人口18090人に減少したと言います。
 張 献忠(ちょう けんちゅう)は、一日たりとも人を殺さなかった日はなかったのです。少なからず、子供が食われ、婦女の纏足(てんそく)が収集されたのです。

 山葡萄原人は人類ではなく原人です。友達にもなれないし、もう滅びていなけれればいけない種類です。現代はホモ・サピエンスの時代です。クロマニヨン人、ジャワ原人、北京原人などはもう滅びてしまっているのです。その中に山葡萄原人もいたのです。

 それが洞窟に入っていたおかげで生き延びてきたのです。山葡萄原人は現代人と根本的に違います。まず、約束という概念がありません。猿と約束ができるのでしょうか? 猿と約束はできません。それと同じで朝鮮人と約束をしても意味がありません。朝鮮人は「約束」と言う概念がありませんから、「約束を守るように」と教えてもダメなのです。朝鮮人は人類ではなく山葡萄原人です。これがわかれば、全てわかるのです。

 朝鮮人と日本人は普通の違いではありません。この世にいてはいけない前世紀の原人が朝鮮人です。滅びていなければいけないのです。だから、滅ぼされるでしょう。金正恩がICBMをつくり得意になっています。

 そんなことは現代人のやることではありません。「核を止めよう」と言っている時代に前世紀の遺物を完成させて、「アメリカにもお見舞いする!」と言っているのです。アメリカが何発の核を持っているのか知っているのでしょうか? 北朝鮮などなくなってしまいます。

これでアメリカはある程度決意したと思います。大陸間弾道ができればアメリカ本土まで届いてしまいます。アメリカ人は絶対に許しません。「北朝鮮を全滅させてやる!」と思うでしょう。全滅しても不思議はありません。この地上からいなくなってよい国が北朝鮮です。

 それを「朝鮮人は日本人を見習え」と言っていた人がいますが、そんな話ではありません。見習うことはできません。だから滅びてもらえばよいのです。それが自然の摂理です。

 このような話は何回でも言ってよいのです。何回でも聞いて、自分で資料を検索して「山葡萄原人とは何か?」と自分で調べるのです。山葡萄原人も、エベンキ人もネットで検索すればたくさん資料が出てきます。

 僕は全体のつながりを教えてあげているのです。これが一回頭に入ってしまえば、朝鮮人に対する見方が全然違ってきます。「そうか、朝鮮人は山葡萄原人だったのか。どうりで朝鮮人の行動様式が人類と違うわけだ」とわかってくるのです。

 この話は何回でも書いてあげるから、何回でも読んでください。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(4)

テーマ:

 日本人が行った最低の悪いこととは何でしょう。それは日韓併合です。当時、朝鮮人はもう滅びつつあって、人口は2千万人しかいませんでした。その段階で日韓併合を行ったのです。もう朝鮮は滅んでいたのです。

 朝鮮は北からはロシアに追いかけられて、西を見ると中国に追いかけられて、挟み撃ちで滅茶苦茶です。もう滅びかけていたのです。朝鮮人は前世紀の山葡萄原人だからホモ・サピエンスには敵いません。従って滅びて当たり前です。

 ヨタヨタになって滅びて「また穴倉に帰ろうかな」という段階になって、日本が日韓併合を行ったのです。そのおかげで朝鮮の人口は2千万人から4千万人に増えたのです。日本は死すべき原人を蘇らせてしまったのです。これは世界に向けて日本人がお詫びしなければいけない最大の罪です。

 もう滅びた原人を蘇らせてしまったのです。この日本人の罪を我々は自覚しなければいけません。日韓併合は間違いであったし、世界の人々に朝鮮人の害を広めてしまったのです。見てごらんなさい。日本だけではありません。ベトナムでは猛虎部隊が強姦をやりまくり、男・子供・老人は手足を切り刻んで火をつけて燃やして、ライダイハンの子供を産んで、今でもライダイハンの子供は差別されています。どこへ行っても朝鮮人は嫌われます。

 アルゼンチンでは朝鮮人は追放され、ドイツも朝鮮人は入国拒否です。世界の嫌われ者が朝鮮人です。これは北も南も同じです。北朝鮮が好かれて、韓国が嫌われるということはありません。

 北朝鮮は強制収容所をつくり、3万6千人もぶち込んで、やりたい放題のことをやり、側近300名の処刑を行っています。そのようなことを見ないで文在寅は「北と一緒にやりたい」などと言っています。考えられない馬鹿です。

 身内を300人殺しただけで北朝鮮とは仲良くできません。今でも3万6千人を強制収容所にぶち込んで拷問をやっているのです。そこに金正恩の人格が出ています。ヨーロッパで学んで、近代西洋の考え方が身についているならば、強制収容所など解放しなければいけません。

 しかも、300名の側近は機関銃でバラバラにして、それを犬に食わせたのです。そんなことを現実にやっているのです。それだけでこの人間は信用できません。それでもうわかるのです。北朝鮮には救いはありません。北朝鮮には秩序などありません。

 韓国においては日本から援助を与えてもらい近代国家に仲間入りをしたのに、全く感謝していません。日本人の悪口を言い、ありもしない従軍慰安婦の銅像を造り、しかも外国にまで出かけていき従軍慰安婦の銅像を立てようとしているのです。

 「長崎の軍艦島は強制労働の跡だ」と言うのです。すべてウソです。日本は韓国を併合したのです。植民地になどしていません。出鱈目を言うのはいい加減にしなさい。創始改名では「朝鮮人の名前を奪われて、日本人の名前をつけられた」というのもウソです。

 今、日本にいて在日朝鮮人はなぜ日本名を名乗るのでしょう。自分の名前が大事ならば、朝鮮名でやればよいのです。「やっていいよ」と言っても朝鮮名は使いません。当時の朝鮮人は外国に出かけたりすると、朝鮮人だと馬鹿にされたのです。だから、「日本名をつけさせてくれ」と頼み込んで日本にやってもらったことです。

 今度は強制労働のウソです。今度は従軍看護婦のウソです。何だってありです。全てウソ・ウソ・ウソです。何故、朝鮮人はこのようなウソつきなのでしょう。

 朴 正煕大統領は大日本帝国陸軍中尉です。軍刀を吊って胸を張って歩いていたのです。帝国陸軍の軍服をもらうと朝鮮人は威張れるから泣いて喜んだのです。朝鮮人の中では、ほんの少しは立派な人もいました。

 例えばモンテンルパンの洪 思翊(ホンサイク)中将です。この人は立派でした。「お前は死刑になるのだ。朝鮮人だと言えば死刑にはしない。日本人に強制的に軍隊に入れられたのだから、俺に責任はないと言え、そうすれば死刑にはしない」と言われたのです。

 洪 思翊中将はGHQの申し出を断ったのです。「私は帝国陸軍の中将です」と言って死刑になったのです。この人は立派だったのです。そのような人もいましたが、大部分の朝鮮人はダメです。

 朴 正煕は「我が民族の歴史を見ると真に情けない」と言っています。朝鮮人はどうしようもない民族です。怠け者で仕事はしません。女に荷物を持たせて、朝鮮人の男はプラプラとタバコを吸って歩いていたのです。このような民族性がある限りダメなのです。

 日本は、そのような朝鮮人を日韓併合で日本人の仲間にしてしまったのです。日本人は知らなかったのだと思います。今のようなDNAの研究もありませんし、朝鮮人はどのような民族か知らないから、「朝鮮人も日本人と同じ教育をすれば立派になるだろう」と思い、朝鮮に学校を1万校造ったのです。

 一時的にはよいのですが、朝鮮人はすぐに本性が出てしまいます。その本性とは、彼らは現代人ではなく黒い山葡萄原人の生き残りだったのです。この山葡萄原人は過去に絶滅した原人です。これが悪魔の洞窟門に入り、人間を食って生き延びてきたのです。その子孫が朝鮮人です。

 日韓併合の時には両班が威張っていて、「土地と人民は両班の物」という概念があったのです。「両班以外は人間ではない」と考えていたのです。両班は領地を持っています。その領地をふんぞり返って見回りをするのです。

 欲しい物はみんな持っていくのです。「アイゴー」と平民が泣いても両班がみんな持っていくのです。「お願いします。助けてください」などと言えば、とっ捕まえて「ムチを打て!」と言うと、道路の真ん中で裸にして板に縛り付けます。それでムチを打って苛めたのです。

 いい女がいれば「この娘はもらっていく」と両班が持っていくのです。朝鮮人はそのような生活をしてきたのです。しかも、毎年美女は3千人シナに貢物として送っていたのです。だから朝鮮にはブスしかいません。美しい女性はみんなシナに連れていかれたのです。残った女は両班が取ってしまうので、庶民にはブスやババアしかいません。それは恋愛する相手ではありません。それを相手にしているから、朝鮮では近親相姦や強姦が流行ったのです。朝鮮人にとって強姦は当たり前です。

 庶民はうさばらしができません。シナに税金を納めて、両班が威張って税金を全てもっていくのです。いくら作物をつくっても両班が持っていくので余分な物は作らないのです。「おい、米があるな。もらっていくぞ」と言われれば「お助け下さい」と言ってもダメなのです。だから庶民は働かないのです。働いて収穫できたものは、みんな両班が持っていくのです。それで民衆のレベルが下がってしまったのです。

李氏朝鮮の518年間に民度が下がり、遂には車もできません。木を丸く曲げて車の心棒にする技術がなくなってしまったのです。針をつくる技術もありません。針はない、車もありません。ではどうやって荷物を運んだのかというと、原始時代から続いている頑丈な体で担いだのです。

 男は250キロ、女は150キロの荷物を頭の上に乗せて運んだのです。車があれば車で運びますが、車ができないのです。そんな民族ですから放っておけば消えてしまっていたのです。

 それを日本が併合して大日本帝国の臣民としたなどということは、世界に対して何度お詫びしてもよいのです。滅ぶべき山葡萄原人に力を貸して朝鮮人を生かしてしまったのです。その罪をつくったのが日本です。日本は山葡萄原人である朝鮮人を増やしてしまったことを、世界の皆様にお詫びをしなければいけません。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(6)

テーマ:

 いよいよ、眞子様のご婚約を正式に発表します。これに対して我々国民が最も素朴に思う疑問を書いて宮内庁に手紙を送りましょう。

 この話はおかしいのです。まず、第一番になぜ小室圭さんが外国の新聞報道では「キム・コムロ」になっています。これに関して宮内庁の見解を聞かせてもらいたい。「キム」ということは朝鮮人なのでしょうか? もしそうであればゆゆしき一大事です。

 宮内庁はこれに対して答える義務があります。外国の新聞は「キム・コムロ」になっています。不思議です。

 第二番に小室圭さんのお父さんは自殺しています。それを悲しんでお爺さんも自殺しています。二人も自殺をしている家系になぜ大事な眞子様を嫁がせるのでしょうか? 宮内庁の見解を聞いてみたいと思うのです。みんなで質問状を出しましょう。

 第三番に小室圭さんはまだ職業はありません。弁護士事務所の助手をやっていますが、これは本格的な職業とは言えません。この問題をどうするのでしょう。

 第四番に一緒に同居している「パパ」と呼んでいる老人はどのような関係にあるのでしょう。お母さんと「パパ」と呼んでいる同居している老人は、一体誰なのでしょう。この「パパ」と呼ばれている老人と血縁関係はないらしいのです。これはどのような関係なのでしょう。誰が考えてもこれは不思議な話です。

 第五番に小室圭さんの家柄について我々国民は何も知りません。どのような家柄なのか発表されていないので、外国の新聞に掲載されている「キム・コムロ」が気になるのです。小室圭さんは朝鮮人なのか、或は朝鮮人の血を引く者なのでしょうか? これに宮内庁は答える義務があります。

 みんなで質問状を出しましょう。宮内庁に対する質問状はここです!→(宮内庁〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1電話:03-3213-1111(代表))

 職業も定かでない風来坊に内親王の眞子様は嫁ぐのでしょうか? 前例としてあり得ません。何かの理由があるのでしょう。その理由を明確にしてもらいたいと思います。当然国民には知る権利があります。

 邪推するとこれは、皇室の女性宮家の創設と絡んでいる話ではないのかと思います。そんな推測をしてしまいます。民進党は「憲法改正の論議に応じるために、女性宮家の創設も一緒に論じないとダメだ」と言っています。

 眞子様が皇籍を離脱をして、半分朝鮮人のような奴と一緒になった場合、どうなるのでしょう。「女性皇族を元に戻せ」という意見が出てきます。すると、眞子様も宮様になるのです。そこに朝鮮人だかわけのわからない男がくっついてきたらどうするのでしょう。

 女性宮家をつくって、早々と朝鮮人を旦那にしても、旦那は天皇になれないにしても、その布石の第一歩ではないのでしょうか? 僕にはそのような疑問があります。

 「宮家が途絶えてしまう」というのは、ウソです。皇室の継承者は120名いるのです。女性宮家などを造る必要はありません。あの有名な竹田恒泰さんは、第107番目の皇位継承権を持っているのです。いくらでも男はいるのです。「皇室が途絶える」というのはウソなのです。

 「女性が結婚すると皇室は滅びてしまう」というデマを飛ばしているのです。宮内庁がこのようなデマを飛ばしているのでしょうか? これについても宮内庁は答えなさい。第六番に皇位継承者が120名もいるのに、なぜ女性宮家を創設するのでしょうか? 

 民進党は憲法改正のドサクサに紛れて、女性宮家創設の論議をさせます。早々と眞子様を結婚させて、皇籍を外して民間に下すのです。「旧皇族を復活させる」というときに、眞子様はもう結婚しているのです。眞子様は旦那と共に皇室に戻ってくるのです。民進党は何の陰謀を企んでいるのでしょう。

3分の2のクリスチャンが宮内庁にはいるらしいのです。後は創価学会員です。ゴチャゴチャと変な奴が入り込んだ宮内庁です。竹田恒泰さんも言っています。「宮内庁は陛下のご家来ではない。むしろ、陛下を見張っている単なる役人なのだ」と言っています。この連中は何を考えているのかわかりません。そのような陰謀があるのでしょう。

 それまでも随分陰謀をやってきました。皇室をクリスチャンにしているのです。雅子さんもクリスチャンです。美知子妃殿下もクリスチャンです。何故、クリスチャンばかり皇室に入れているのでしょう。「天皇は神だ」という自覚がないのでしょうか?

 「天皇は神だ」という自覚がないと、この国に神通力が起きません。聖武天皇が大仏を造り、「私は仏の奴(奴隷)だ」と言ったり、天皇がキリスト教を信じてはいけません。天皇は神でないと意味がありません。「神がキリストだ」と言うならば、天皇は偽物です。そうなってしまいます。そこのところは一歩も引いてはダメなのです。

 これは三島由紀夫先生もハッキリと言われています。「天皇はどんな山に籠っても「私は神である」と言い続けなければならない。そうしなければ、死んだ300万人の英霊にお詫びができるのか!」と言ったのです。

 大東亜戦争で死んだ英霊は、天皇が神だと思ったから命を捧げたのです。それを天皇が「私は人間だ」と言ったり、「クリスチャンになりました」などとふざけたことを言ってはいけないのです。天皇はクリスチャンにも仏教徒にもなってはいけません。

 天皇は神です。そのような自覚を持っている人が皇室の中にいないのでしょうか? 宮内庁にはいないでしょう。だからどんどんクリスチャンを増やしているのです。国際基督教大学(こくさいきりすときょうだいがく)は、キリスト教伝道のための大学です。

 そんなものに眞子様と佳子様を入学させるなど、宮内庁は腐り果てています。そのようなことをやっていると、この国に神罰が出ます。天皇に手を出してはいけません。触ってもいけません。我々下々の者が論じてもいけないのですが、間違ったことはわかるので僕は言っているのです。

 ぐちゃぐちゃと下々の者が天皇の問題を言ってはいけませんが、言わなければいけないことがあります。天皇はクリスチャンになってはいけません。天皇は仏教徒になってもいけません。天皇は神です。これだけは絶対に譲ってはいけません。これが天皇の存在価値です。天皇が神であることにより、この国は神国になるのです。神国ならば、神々に守られるのですから、そのことを忘れると大変なことになります。

みんなで宮内庁に「この問題に答えてください」と手紙を出しましょう!

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(9)

テーマ:

ここにコメントしている方々は、僕の考えが辻本清美と同じだと言っています。全く僕のブログを読んでいません。

 僕は言っておきますが、共産党と朝鮮人とシナ人は嫌いです。まして、左翼は人間とも思っていません。何故、それが辻本清美と同じ結論になるのでしょうか。それには理由があって「安倍さんを否定すると」という条件がついています。

 「お前は安倍さんを否定しているだろう」「安倍さんがダメだというならば、誰が首相になればよいのか?」というこの2つの問題をつきつけているのです。こんな問題は簡単です。安倍さんに節操があるか、ないかを考えてみなさい。

 僕はその面を言っているのです。安倍さんがやっている個々の条約などを言っているのではありません。「人間として節操があるのか、ないのか」を問題にしているのです。「政治家に節操はいらない?」そんなはずはありません。

 人を感動させることは「節操がある」ということです。利益を与えてくれるなどは、一時的に感動しますが、その人物が節操を持っていないと感動は本物ではありません。安倍さんは節操を持っているでしょうか? 僕の悪口を言っている人、答えてみなさい。安倍さんにどのような節操があるのか答えてみなさい。

 だいたい統一教会は宗教の中でも最悪の邪教です。何故、邪教だとかわかるでしょう。「朝鮮は神の国であり、日本は悪魔の国であり、朝鮮からあらゆる物を盗んだ日本は悪魔の国なのだ。だから奪った物を全て朝鮮に返すのだ。文鮮明はキリストだ」という教えは誰が考えても節操のかけらもありません。

 一番いけない宗教が統一教会です。「日本人が神だ」と教えるならばよいのですが、「日本は悪魔の国だ」など何を根拠に言えるのでしょうか? これを日本に持ち込んだのは安倍さんのお爺さんの岸信介です。

 岸信介も不節操な人間です。節操があったならばこんな宗教は日本に持ち込みません。GHQから「神道に変わる宗教を興せ」と言われたにしても、こんな宗教を日本に広めるなどロクなものではありません。

 聞くところによると岸信介は満州では麻薬を売っていたらしいのです。戦後は総理大臣になりましたが、総理大臣になるような奴はドロボウです。その孫の安倍さんは当然統一教会員です。世耕弘成、稲田朋美、高市早苗、高村正彦も統一教会です。高村正彦は統一教会の顧問弁護士でした。どいつもこいつも節操のある顔などしていません。

 稲田朋美はなぜニセメガネをかけているのでしょう。大臣になって伊達メガネをかけている馬鹿女がどこにいるのでしょう。普通はメガネをかけていても外すことを考えます。目も悪くないのに伊達メガネをかけているのは、節操のない現れです。

 高市早苗はオリンピックの元総理と散々関係があったというウワサがあります。どこに節操があるのでしょう。どこにも節操がありません。

 統一教会は「日本はよい国だ」といいます。それは日本人をだますために言うのです。「日本はよい国なのだ。このよい国になぜ悪いことばかり起きるのでしょう。原爆を落とされたり、災難が起きています。それは真の神を知らないからだ」と言うのです。

 「日本がよい」というのは、ここまでの段階です。これを外すとその上に文鮮明がいるのです。奴らはそのような考え方になっているのです。実に上手いやり方です。

 例えば統一教会は天地正教という仏教の団体もつくっていますが、宗教団体だけでも400団体は持っています。幕屋(マクヤ)も統一教会です。天地正教は観音様を拝む宗教です。私の知り合いも天地正教の女に騙されて、「年よりだから気の毒でしょう。お掃除に来ました」という女が自宅に来たのです。なんのことはありません。「ジジイをまして財産を盗ろう」という目的で来るのです。

それで300万円くらい取られて、挙句の果てには観音様の写真をもらい、会社に来てニコニコ眺めているのです。「何を眺めているのだ?」と聞くと「これは観音様なんだ」と言うのです。「見せてみなさい」と言うと、そこに写っているのは文鮮明の顔です。文鮮明が王冠みたいなものをかぶり、観音様みたいな恰好をしているのです。それを拝んでいたのです。

 天地正教という仏教系の宗教の上に文鮮明が乗っかっているのです。全てそうなのです。統一教会は日本の皇室の上にも乗っかろうとしているのです。統一教会は久保木修己が毎年天皇陛下の役に扮して、文鮮明に土下座して足をなめるという儀式をやっていたのです。統一教会はとんでもない奴らです。

 全く統一教会は節操がありません。統一教会は、ウソ・ウソ・ウソを教えていくのです。全てウソで処理をしようとしているので、全てにおいてウソをつきます。親に「あんた、統一教会に入っているのでは?」と言われても「何のことですか? 入っていませんよ」とウソをつくのです。

 僕の事務所にも統一教会と思われる男女がきます。「お前ら統一教会だろう?」と言うと、「はあ? 何のことですか? 知りませんよ」と、次から次へとウソをついていくのです。だから安倍さんは基本的にウソつきになってしまっているのです。わかるでしょう。統一教会にはどこに節操がありません。

 こんなことでどんな政治を行うのでしょう。目先のことをウソで誤魔化すのです。人間は節操がないと信用されません。女もそうです。「あの女は誰とでも寝るのだよ」と言われたら、そんな女は愛されません。みんなソッポを向いてしまいます。

 「私はあの人しか愛していないのだから、あの人としか遊ばない」というのが節操です。誘われれば誰とでも飲みに行ったり、誰とでも寝るような女は節操があるとは言えません。そのように言われたら人間は終わりです。

 統一教会の人間は全てがウソなのですから、節操はありません。安倍さんもそうです。何を言っても全てウソです。その奥に隠しているものがあるのです。何を売り物にするのでしょう。統一教会の馬鹿どもはよく聞きなさい。人間は節操が大事です。

 まず、日本人としての節操を持たなければいけません。これがなくなったら、もう日本人ではありません。日本人は約束を守ります。言われたことはキチッとやります。真面目に任務を果たします。弱い者は助けます。それが日本人の基本です。

 ウソをつかない、真面目に取り組みます。日本人はこれでなければいけません。その姿勢に外国の政治家たちも心を打たれるのです。自衛隊員が世界各国で称賛を浴びているのはそれです。自衛隊員はすごいのです。普通の軍隊はレイプしたりするのですが、自衛隊はそんなことはしません。

 テントを立てるときも1センチもずれていません。夜になると外出はしません。節操があるのです。弱い人がいるとすぐに助けにいきます。それでこそ日本の自衛隊員です。「俺も自衛隊に入りたい」と海外の人は言っているのです。人は一人も殺しません。自衛隊はまさに節操の鏡です。殺しまくっていたら、どこにも節操がありません。そんな国になりたいとは誰も思いません。

 山口組も神戸大震災のときには餅をついてみんなに配ったのです。そのようなことをやればヤクザでも「節操がある」と言われます。「弱気を助け、強気をくじく真の侠客だ」といわれる人も中にはいると思います。そのような人は、節操がある人です。堅気には手出ししません。チンピラになればなるほど、堅気に手をだして暴れているのですから節操がありません。そんな奴は誰も感動しません。

 「あいつはこのようなことをやるが、このようなことはしない」という人間は、一本筋が通っていないといけません。男も女もです。それが相手の心を打つのです。節婦がなければ朝鮮人のお仲間になってしまうのです。

 安倍さんもそうです。全然節操がありません。安保法案もそうです。アメリカ軍が攻撃されれば自衛隊は自動的に参戦することになったのです。安倍さんはウソをつきました。「日本の周りしか行きません」と言いながら、南スーダンへ行っています。ウソだったのです。

 米軍の基地が日本からなくなれば、北朝鮮は日本を攻撃する口実がなくなります。日本は平和国家です。その平和国家を攻撃するならば世界が黙っていません。攻撃する気もない国に原爆を落としたら大変なことです。国際的に封殺されます。

 しかし、今は米軍の基地があります。日本から北朝鮮を攻撃するミサイルを撃ってくるのですから、日本の基地を叩かなければいけないのです。米軍の基地があるから日本も攻撃対象になってしまっているのです。これも節操がありません。もう超えているのです。

 この間採決した共謀罪も安倍さんはやらなくても置き土産にしていけば、後で悪い奴が出てきて「おお、こんないい法律があったな。使おうではないか」と思えば、いくらでも使えるのです。

 稲田朋美は北九州が豪雨のときにランチミーティングをしていたと言うのです。何がランチミーティングなのでしょう。馬鹿を言っているものではありません。国民が生きるか死ぬかの大災害のときに何を優雅なことをやっているのでしょう。

 あんなものを防衛大臣にしていること自体、安倍に節操がありません。出鱈目でウソをつきまくっているのです。統一教会の連中はダメです。頭が狂っているから節操がありません。ウソつきは止めなさい。

次の問題に「誰を中杉さんは総理に押すのか?」と言いますが、そんなことはわかりません。自然とそうなるのです。国民のみんなが「節操を持った人が総理に欲しい」と思えば、自然にそのような人が出てくるのです。

国民側が安倍にだまされていると出てきません。もっとだまし屋がくるのです。だまし屋はもうたくさんです。節操を持った日本人を自然に選べば、そんなことは上手くいくのです。だから、「誰がよい」とは言いません。自然にそのような人が出てくるのだと思います。政治家だって良心がありますが、今の政治家は良心がありません。

「節操を持ちなさい」これが答えです。「日本人としての節操とは何か?」というと、天皇陛下を敬い、我が国の歴史を敬い、「世界最古の国家の民である」という誇りを持つことです。そのような日本人にならなければいけません。それが節操を持った人です。

僕はそのように考えているのに、辻本清美と一緒にするなど馬鹿なことを言っているものではありません。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(3)

テーマ:

 前回の都知事選では多少の期待をもって、小池百合子さんに票を入れました。それからしばらく見ていましたがたいしたものです。英語はできるし、頭はよいし、よく勉強もしています。しかもカッコよくてセンスもよいのです。「大した知事だな」と思って、女性に対する見方もかわりました。

 今回はそのイメージがガラガラガラと崩れてしまいました。まず、公明党が手を組んだということです。「これは危ないな。やられるぞ」ということです。「公明党はどのような政党か?」ということを小池百合子さんはわかっていません。

 公明党と手を組んだ瞬間に「これは危ないな。もうダメだな」と僕は思いました。だってそうでしょう。国政では自民党と手を組んで、都政では都民ファーストと手を組んだのです。

 どうしてそんな器用なことができるのでしょうか? 何故、こんなことができるのかというと、ウソつきだからできるのです。公明党は両方の手を持っていますが、右手もウソ、左手もウソです。公明党と手を組んだ者は必ず引き摺り込まれて、引き摺り下ろされるのです。

 公明党は引き摺り下ろした時には知らんふりをするのです。公明党には義理も人情もありません。目先の欲で動いているのです。だから僕はこのような政党は嫌いです。公明党は目先の欲で平気で人を裏切るのです。

 裏切らないのは自分が有利になっているときだけです。高麗の李成桂は高麗王を殺して自分が王になったのです。李成桂が高麗王を殺して高麗を乗っ取ったように、公明党も同じことをやっているのです。このようなことはいずれにしてもよくありません。

 人を裏切る奴はまた裏切るのです。どこまで行っても裏切るのです。そのように運命づけられているのです。普通は裏切り者と手は組みませんが、政治家は便利だから手を組むのです。小池百合子は部下がいないので公明党と組み、自民党も数が足らないから公明党と組んだのです。自民党は憲法に関する考え方もまるっきり反対なのにそれを承知で公明党と手を組むのです。考え方がまるっきり違う人間が手を組むということは、あり得ません。本来ならば考えられないことです。

 一旦手を組んだ公明党は「安倍はあの程度か」となめてしまうのです。それで滅ぼされてしまうのです。公明党のやり方は、朝鮮人のやり方と同じです。公明党は朝鮮政党です。そう思ってもよいくらい朝鮮政党です。

 創価学会はもはや、朝鮮の創価学会です。親玉の池田大作が朝鮮人ならば、朝鮮人的なものの考え方をするのです。

 安倍さんは籠池問題で「100万円返すぞ!」と言われ、都議会選では聴衆から「安倍帰れ!」と言われれば、真っ赤になり、なぜそのように言われるのかわかっていません。これは、ウソつきだからそうなるのです。みんながそれを見抜いてしまっているのです。安倍はウソつきです。それを端的に表しているのが、籠池問題です。

 自分が面倒をみてお金まであげて、あの学校を立ち上げようと努力したのですから、それを「知らない」「関係ない」「会ったこともない」とか、くだらないウソを並べているのです。国民はその手をウソに壁易(へきえき)しているのです。

 みんな「籠池のほうが本当のことを言っている」と思っています。それで安倍さんは嫌がられるのです。何回でもウソをつき、ウソで乗り越えようとしているのです。何回でもやるのです。後はだんまりで、多数決で決めてしまうのです。

 共謀罪もそうです。安倍さんは都合の悪いことはダマテンです。数の力で乗り切り、「何でもない」とウソをついていますが、大変恐ろしい法律です。安倍が総理を辞めたあとで、この法律を使う悪人が出てきたら、ビシビシやられてしまいます。何でもない庶民まで捕まってしまいます。安倍は「庶民は関係ない。特別な組織に属している人だ」と言いますが、立場が変わってしまえば、「共謀罪で逮捕する!」と言われれば庶民でも誰でも逮捕できてしまいます。

 このような大事な法案をサーと通して知らんぷりをしているのです。安保法案もウソだったのです。「周辺国に限る」と言っていたのです。南スーダンまで600名の自衛隊が出かけて行ったのです。何人か戦死しているのです。

 政府の発表ではイラクと南スーダン、二回の海外派兵で「自殺」した自衛隊員が56名。と言うのです。だいたい30名くらいは死んでいるのです。それで「自殺が何人、病死が何人、事故死が何人」と発表しているのです。こんな冒涜はありません。死んだ自衛隊員の身になってみてください。名誉ある日本国のための死ならばよいのです。名誉ある死ではありません。事故だというのです。事故・自殺・病死などとレッテルを張られたら霊は浮かばれません。

 そんなことを言っていると安倍に霊が出てきます。安倍は国会で全員が立ち上がって全員で「自衛官と危険な職業についている人に対して拍手」と言ったのです。あの時に自衛隊員が死んでいるのです。

 このようなウソつきはもう入りません。昭恵夫人もウソつきです。このウソつきは、朝鮮人と統一教会の共通項です。もっとも統一教会は朝鮮人がつくった宗教です。統一教会に入信するとまずウソから教えます。まず、親の影響から放すということを考えます。

 「統一教会に入った」とは絶対に言いません。親に「あんた、統一教会に入ったのでしょう」と言われると「知らない、何のこと?」とウソをつくのです。

 どんどんウソをついていくのです。どこまでいってもウソをつくのです。だから、統一教会の信者はウソつきです。朝鮮人の特質そのものです。全てウソで固めるのです。真実がわかれば連れ戻されてしまいます。だから「関係ない」とウソをつくのです。

 まさに安倍さんや、稲田朋美を見ているとウソばかりついています。稲田朋美はなぜメガネをかけているのでしょう。稲田朋美は近眼でも老眼でもありません。「メガネは伊達メガネだ」と自分で言っています。何故、政治家が目も悪くないのに伊達メガネをかけるのでしょう。メガネをかねないほうが結構美人です。

 伊達メガネをかけるということは、心がやましいのです。本人はやましいから目を見られたくないのです。伊達メガネで誤魔化すのです。稲田朋美もウソつきです。何回ウソをついたのでしょう。稲田朋美も統一教会です。

 悪い奴らです。この統一教会の政治に日本人が飽き飽きしたのです。それで小池百合子の新党に期待したのですが、また同じです。公明党と手を組む小池は何もできません。丸め込まれて消えてしまい、滅びてしまいますから見てみなさい。

 また小池百合子は「都政を成功させまる」と言いながら、頭の中では国政を考えているのです。安倍さんが国会で「どうぞこの椅子へ」と言うと、安倍さんの座っている椅子を指して「私はその椅子がいいのですが」と言うのです。これはジョークですが、「総理の椅子がよい」と言っているのです。衣の下から鎧が出たのです。

 都民ファーストもそのように利用していくのです。狙いは「どのように国政に滑り込んで、政治的な権力を握り、ひっかきまわして、首相の座に躍り出ようか」と考えているのに違いありません。

 なかなか腕がありますが、小池百合子さんのことを朝堂院大覚先生は「あいつの親父は小池勇次郎といって俺は親しい。あいつの親父は借金だらけになって、俺がエジプトに逃がしてあげたのだ。俺が14億のお金を貸してあげてエジプト料理店でもやったらどうか」と言ったのですが、結局失敗したのです。「あの小池百合子は親父とソックリだ」と言っています。小池勇次郎さんは最後は政治家になろうと選挙に出て落選して死んでしまいました。

 朝堂院先生は、一緒に仕事をやってきて14億円貸しているのです。小池百合子さんは頭もよく、弁も立ち、遠くを見る目を持っているのですが、何かが欠けているのです。だから朝堂院先生にそのように言われてしまうのです。

 ここで私は小池都政を見限りました。見限ってもフアンが大勢いるのですから、都政には何の問題もありません。まあ、見ててごらんなさい。小池百合子が如何にダメかということがだんだんわかってきます。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(4)

テーマ:

 人類は様々な物を造ってきました。精神の世界で造り上げた構造物(structure)では、良くも悪くも宗教より偉大な発明はありません。悪く使われれば大変ですが、よく使われれば世界はよくなるし、宗教とは偉大な発明品です。宗教家はそのように思っているのでしょうか?

 物事は発見と発明があります。宗教は発明品です。人間が作ったものです。自然界にあるものではありません。クリエイトしたものですが、その影響力はたいしたものです。宗教は、人類に対していかなるものよりも影響力を持っている偉大なものです。

 これは宗教の持つ力関係について言っているだけで、中身について言っているのではありません。偉大な働きを持っているのです。ISという宗教をつくれば、自分の命をはって死ぬことができるのです。

 自分が死ぬのにニコニコ笑って「行ってきます!」と言うのです。「うわあ、うれしいぞ、天国へ行けるぞ!」と思っているのです。テロは天国に入る門です。そう思っているのですから宗教は偉大です。宗教は人間に勇気を与えるのですから、死ぬことは何も怖くありません。彼らにとって死ぬことは、天国に行くことと同じことです。「ピクニックへ行ってきます!」という感覚ですから、恐怖はありません。これは宗教の力です。

 日本でも念仏宗はすごい力を持っています。極楽浄土へ行くのに「早くいくべ。極楽浄土にみんなで行くべ!」と村長と村人たちが海の中へ入ってしまうのです。ゾロゾロとお念仏を唱えながら次から次へと溺れていくのです。溺れると思っていません。「極楽へ行った」と思っているのです。「わしも早く極楽へ逝くべ」と先を争ってネズミが死ぬように、入水自殺をしたのです。これも宗教の力です。

 今でもイスラム教ではメッカに何憶人と押し寄せるのです。これも宗教の力です。ローマ法王も偉大な力を持っています。ローマ法王が一声発するとアメリカ大統領でも身動きができなくなってしまうのです。

 「私はローマ法王として宣言する。今のアメリカ大統領は悪魔の手先だ」と言えば、もうアメリカ大統領は終わりです。宗教は物凄い力を持っています。しかも、人間がつくった最大の発明品です。この偉大な宗教について疑いを持たないで、みな軽い気持ちで信仰しています。

 創価学会は「選挙で1票入れれば功徳を受ける」など、上手いことを考えたものです。宗教で人間の行動原理を縛るのです。これは人のことを見ていればわかりますが、実は自分も変な宗教に縛られて身動きできないでいるのです。

 宗教からの解放をしてあげないと、この次の世紀は開かれません。僕がやろうとしていることは、宗教からの解放をやろうとしているのです。よい宗教もあれば、悪い宗教もあります。

 もっと言うと宗教から覚めることを怖がるのです。酒を飲んでいる人に「いい加減に目を覚ませ!」と言うと嫌がるのです。「俺は酔っぱらってねえよ、まだ飲み足りないんだよ!」と言うのです。覚めるのを嫌がるのです。

 特に邪教をやっていると酔いが深く回ってしまい、毒気深入失本心故(どっけじんにゅうしっぽんしんこ)というのです。毒が深く周って心身を忘れてしまうのです。「おい、目を覚ませ!」と言っても覚めるものではありません。毒に浸っていたいのです。

 その翌日もガッポンと酒を飲むのです。人間とはそのようなものです。深く毒が入っていると気持ちがよいのです。ISの連中は、「天国へ行けるのだ」「神の国へ行くのだから人生は何の心配もいらない。殺されてもいいのだ」と思っているのです。問題は天国へ行けるかどうかです。念仏宗には、極楽に逝けるかどうかが問題です。往生するのです。

 これは人間の心を深くつかんで、揺さぶって離しません。政治家は常に宗教を利用しようと考えます。宗教のほうも政治家に近づくのです。政治家を違う形で利用しようとするのです。昔からお互いに「持ちつ持たれつ」なのです。

 ということは、宗教とは政治の延長です。宗教家から言うと、政治は宗教の延長です。両方で「持ちつ持たれつ」で、調子よくやっているのです。いずれにしても正気に返すということは、宗教で酔っぱらっている連中に「頭を覚ませ!」と言い続けなければなりません。

酔っぱらった連中は、その狂った頭で皆さんに迷惑をかけているのです。オウム真理にしても、創価学会にしても、統一教会にしても迷惑をかけているのです。狂った頭が宗教から出てきて、皆さんにご迷惑をかけしているのです。

 宗教から目を覚ますということは、正しい歴史を認識するところから始めなければいけません。今度、都議会で大勝利した都民ファーストの小池さんは「大移民、1千万人の移民を入れよう」と言っているのです。この移民には永住権などの難しいことは言わないのです。ただ「来い・来い・来い」と言って「移民をみんな入れてしまおうではないか」と言うのです。移民を1千万人入れるというのです。それで移民大国にするのです。その会長が小池百合子です。何を考えているのでしょう。公明党も当然そのような考え方は大賛成です。だから手を組んでいるのです。

 これで「小池百合子はダメだな」ということが証明されました。移民を入れる会長になって、1千万人の移民を入れるなどとんでもありません。なぜこんなことをするのでしょう。小池百合子は歴史を知らないのです。日本の歴史を知らないのです。だから、そんな考えになるのです。我が国にはそんな移民はふさわしくありません。

 二階俊博が「女性天皇で何が悪いのだ。何も困りはしないよ」と言っているのです。本当の大馬鹿者です。日本の歴史を知らないのです。「何が正しいのか?」ということは、正しく歴史を知って活動して行くことが正しい生き方です。

 歴史を知らないで「移民を入れよう」など、何を根拠に言っているのでしょう。「我が国の歴史に照らして移民を入れることは正しいのか、間違っているのか、どのような問題があるのか?」ということを考えていけば、「1千万人の移民を入れよう」などという考えは出てきません。

 最近、至るところでピーチク・パーチクとシナ語だか、ハングル語だか知りませんがうるさくて仕方ありません。そのような日本の歴史に無智な人間と、宗教に酔っぱらっている人間は同じで日本に害毒をもたらします。正しく歴史を学ばなければ、正しい物の考え方はできません。

 とにかく宗教というものは、人間がつくったものの中で最大の発明です。これによって人は容易く動き発狂します。ニセ予言者に気を付けましょう。ニセ予言者とは、宗教を悪しく利用しようとした連中です。創価学会も統一教会も悪しく持ちようとしている連中です。宇野正美さんもそうです。「聖書にこう書いてある。聖書の通り世界は動いている」と言いますが、聖書の通りに動いてなどいません。本人が聖書に酔っ払い「19歳の時から聖書を読み続けていて、私の最大の願いはヘブライ語の原書を読むことだ」と言うのです。

「デッカイ本を買って安楽椅子に座り聖書を読んだら感動するだろうな」などと、もう聖書に酔っぱらっているのです。宇野さんは「宗教ではない」と言いながら、「私は聖書を信じます」と言うのです。何を信じるのかというと、世界最古の書物です。

「聖書の通り計画が進められていてみな当たっている。私はユダヤ人と聖書を信じている。この2つがわかれば世界かは見えてくる」と言っていますが、ウソをつくものではありません。そんなところに世界が出てくるわけがありません。正しく歴史を学ばないと、このような人になってしまいます。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。