そのままいくと消費税増税が財源となりそうですが、、、


民間の経営者であれば分かるはず


会社をいまから成長させる


その時に先立つものがない


であれば借金をしてそれを会社に投資する、これがセオリーのはず


少子化対策はようやく出てきた短絡的ではなく長期的は投資


ただ、それをするために消費税増税というのは社員の給与をカットして会社に投資するのと同じ道理


将来(30年後)の投資にはなりますがその時に今の経済が低迷していては本末転倒


つまり投資により今100の経済から100上乗せに30年かかりました。でも30年かけて経済は100減少しました、ということ


今の100の経済を減少させないためには借金です


30年後の100上乗せのため借金利息分をうまく回して耐える


やはりそういう構図が分かる、民間出身経営者が本体じゃなくてもブレーンに入らないといつまで経っても今の負のスパイラルは抜け出せ無さそうです

大方の予想を覆し平井さんが初当選



やはり年齢のところが焦点になったようです


やはり政治家の高齢化、これは大きな問題です


民間では考えられない感覚です


民間に比べるとやはり政界は劣ります


民間企業レベルのものが政界に反映されればあるいは日本に少し光が見えるかもしれませんが、、、

早朝の事務処理が定例ですが、、、


PC故障により事務所が、、、


粘りましたが復旧せず


とりあえずもう一台のPCで困難回避しましたがもう寿命?


毎日使うもので3〜4年くらい使っているのでこの辺りの消耗品かなと

ようやく出てきたかと


西日本新聞の一面


あまりに遅いので国を追い越して会社で号令かけようかと思っていました


ただ、岸田さんも色々切羽詰まって聞くだけで動かないから動く方に変わってきましたが、、、何でもかんでも受け入れてしまうのは当然まずいので今後のリーダーとしての手腕に注目です

西日本新聞の記事


かなり具体的な内容が出てきました


今までは一旦、中国に台湾を取らせておいてその後奪還する作戦だったが迎え撃つ戦略に変える


そしてその迎え撃つ軍隊はアメリカ軍、台湾軍、日本の自衛隊、、、やはり入ってます


アメリカのシンクタンクが実際の被害想定まで出してます


こうなってほしくはないですが5年以内に起こる、という前提で全ては動き出してしまったということ


アメリカ軍の海兵隊を格上げ、自衛隊の沖縄部隊も格上げ


中国戦に備えて戦力集中させていくということですね


今のコロナの中国混乱はそういう意味では都合がいいですがこれが落ち着いた時が、、、という感じです

この時期になると恒例でマスコミもここぞとばかりに一斉に報道したがります


その餌食とも知らずまた新成人がやってしまいました


これをみてだから近頃の若者は、、、という老人もいますが


これは可哀想な光景です


なぜこんな意味のないことをことをするのか?


これは心理学を勉強すれば紐解けます


まずは分かりやすい「目立ちたいから」


なぜ目立ちたいのか?それは「見てほしいから」


なぜ見てほしいのか?それは「認められたいから」


なぜ認められたいのか?それは「今まで認めてもらえなかったから」


、、、これは親の責任です


親が認めてあげなかったからこの新成人たちは認められたくて社会人になる前の今しかできない最大限の「駄々コネ」をしている非常に可哀想な状態です


こんな人間たちを大量に排出している日本の親たちは反省して自分たちのことも原点に立ち戻って鑑みて心を磨かないといけない、と人ごとと思わず明日からまた頑張ります

会社でクラフトビールの話が出たので今日のクラフトビールの紹介


アサヒの白のスプリングバレー【シルクエール】


赤の方は有名ですがこちらはまだまだクラフトビール?


いいお肉のしゃぶしゃぶといただきます

冬休み最終日は家族で鬼滅の刃展へ


最初の作品のみ写真撮影可能でした


改めて作品を見ましたが、、、


作画はともかくとして世界観、価値観が素晴らしい


子供にも何度も読み聞かせたほど


日本人が長らく忘れていた日本魂そのものと言ってもいいくらいだと思います


この素晴らしい価値観が日本人に広まったならこの没落する日本も再び日が当たる日が来るかも…?

年初め今日は朝一から映画館へ


娘のリクエストでなんとワンピースを一週間ぶりに二度見


二回目の映画を観ながら今年の経営戦略を策定


意外に色々な案が練れました


映画終わりにはいチーズ


そのあとは人混みを避けて筑紫神社に初詣⛩


明日からは外部活動も含めた本格的な仕事開始です


ちなみに会社は明後日までお休みです

日銀の長期金利利上げに伴い大手銀行の固定金利も軒並み利上げを決定



固定金利は住宅ローン全体の3割程度、しかも固定金利のほとんどフラット35でありその大多数は注文住宅


ということを考えれば不動産市場に直ぐに影響が出るものではないものの全体への影響のはじめの入り口ということには変わりありません


そもそも利上げは増税と同じく行き過ぎた景気を冷ますものという大きな役割があるはず


が今回は円安、物価高を受けてやむを得ず後手の決定感は拭えません


来年以降の増税と利上げ、日本を取り巻く金融市場、景気は引き続き厳しい状況が加速度的に続きます


世界情勢、日本情勢、不動産情勢、そして会社の情勢、見極めながら来年の次の手を模索中