政治的節目

テーマ:

 北朝鮮をめぐる状況、安倍忖度政治の破綻、原発ゼロ勢力と原発容認勢力の激突などいくつかの点で政治的節目を迎えています。

 
 原発ゼロをめぐる政治状況では、東電柏崎刈羽原発のある新潟県知事選で、小泉元総理が野党系の原発ゼロ候補を応援する姿勢を鮮明にしたことは大きな意味があります。他方で野党国民民主党は党内に原発容認派を抱え、原発ゼロを鮮明にできていません。立憲民主党は国会で原発ゼロ基本法の審議を求めていますが野党の足並みがそろわないことがネックになっています。来年の参院選は原発ゼロ派と原発容認派の激突という、政治的節目となります。
 
 安倍総理の忖度政治に対しては与党内でも多くの人はうんざりしています。一強安倍総理に誰が鈴をつけるかです。従来の自民党であれば、ご意見番的長老が鈴をつけるのですが、そうした長老が見当たりません。野党が力を合わせて安倍政権を退陣に追い込むしかありません。