古道具 古家具 昭和レトロのお店

古道具 古家具 昭和レトロのお店

R88 - 古い物いろいろ
アンティーク雑貨にジャンクスタイルも。素敵な古い物を家具から雑貨まで。


テーマ:

相変わらず暑い日々でぐったりしています。

なんとかならないものでしょうか・・・。

頑張って水分補給の日々。

 

今回は古い物ご紹介シリーズ。

世界が戦争にどんどん進んでいってしまっていた

昭和16年の新聞の広告をご紹介。

やっぱり強気のコピーがある意味素敵です。

 

先ずは花王のバニシングクリーム。

昭和16年(1941年)4月20日の新愛知という新聞の夕刊の広告です。

自信満々なコピーが粋です。

そして、花王の月のマークの表情がツボです。

優しいおじいちゃんみたいな感じでいいですね~

今とは向きが逆。

どうも大正14年(1925年)から使われていたマークだったそうです。

昭和18年(1943年)からこの表情のまま、向きが逆になりました。

 

 

同じ新聞の広告にあったみや古染。

こちらも自信満々のコピーです。

染物している女性二人の絵も可愛いですね。

 

 

このみや古染の広告、前日の朝日新聞(昭和16年4月19日)では

デザインが違うものでした。

文章が少し多いのでまた違った押しの強い物に。

「飛ぶが如き売行きです」って。

みや古染、まだ今もありますものね。すごいです。

 

 

 

花王のバニシングクリームと同じ新聞昭和16年4月20日の新愛知の夕刊にあった広告で

一瞬なんだか分からなかったものがありました。

キンパイクレオンの広告。

 

なんて読むのか迷ったのでした。

なぜ「一」だけ漢字で表記したのでしょう?

しかも、漢字の一ってのが微妙に分かりにくい!!

伸ばす「ー」みたいですよね。

「イチバンヨイ」にしてくれればすぐに読めたのに!

右から読みにもカタカナにも惑わされてしまったのでした。

こちらは東京クレオン株式会社の出していたクレヨンのひとつのようですね。
 
 
8月は原爆投下や終戦などがあった時期になるので
戦争をいつもよりもより多く考えます。
今回の古い広告の掲載されていた新聞『新愛知 夕刊』のトップ記事も
戦争の最中と分かるものでした。
昭和16年は日中戦争の途中というかんじですね。
ヨーロッパではもう第二次世界大戦の途中で、
この数か月後の12月には日本も対米英宣戦布告で真珠湾攻撃もはじまり
太平洋戦争に突入です。
 
今もそんな流れにならないように願うばかりです。
 
 
ところで、今の新聞と違ってものすごく文字が細かいです。
右端のトウランプの広告もちょっと可愛いです。
東西電球株式会社のトウランプだそう。
フォントがいいですね。
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のおすすめはネットショップの
昭和レトロ,昭和レトロ生活 のカテゴリー。
その他の商品はネットショップの左側にある Category からぜひどうぞ。

色々な都合(大人の事情?!)で
左側に並ぶカテゴリーも若干分かりにくいのですが
ネットショップでも古き良き『古道具屋』の宝探し状態をお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後に・・・
励みになります。
応援クリックをどうぞよろしくお願いします!
            
 にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ   

 

別館ブログ「レトロなきろく」

もどうぞ!

『レトロなきろく』

 

 


テーマ:

暑い日々が続いてそのまま8月に突入しましたが

なんとかならないものかしら・・・。

冷たいものばかり飲んでしまいます。

 

そんな暑い日々にこんな鍋のご案内はいいのかしらと

一瞬、ほんのちょっとだけ思いましたが

可愛いので気にしないことにしました。

 

象印の上品な花柄が素敵なホーロー天ぷら鍋が入荷です。

 

 

花柄が可愛いです。

 

 

この上品さもある雰囲気、

象印は1970年や72年に似た雰囲気の花柄のポットを出していて

やはりそんな頃のものだと思います。

 

以前、ハイサーモスで象印のマークは変遷が見られ(記事は こちら)、

この天ぷら鍋にあった栞などの象印のマークは

1966年(昭和41年)から1976年(昭和52年)のマークでした。

現在の物よりも微妙にリアル感のある象さんでまつ毛もくるりん、

これはこれで可愛かったマークです。

 

他の写真やサイズなどの詳細はこちらからどうぞ。
RP035 象印 ホーロー 天ぷら鍋 エナトップ

ネットショップでは昭和レトロ,昭和レトロ生活のカテゴリーに掲載されています。

 

 

象印の花柄、可愛いんですよね。

ホームページに行くと、ずらっと昔の花柄デザインが見られるGARALYがあります。

しかもこの花柄、ダウンロードできるんですよ。

壁紙や便箋やブックカバーなどで

もちろん個人で楽しむ範囲での使用に限られますがとっても素敵です。

見ているだけでも楽しめます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のご紹介はネットショップの
昭和レトロ,昭和レトロ生活 のカテゴリー。
その他の商品はネットショップの左側にある Category からぜひどうぞ。

色々な都合(大人の事情?!)で
左側に並ぶカテゴリーも若干分かりにくいのですが
ネットショップでも古き良き『古道具屋』の宝探し状態をお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後に・・・
励みになります。
応援クリックをどうぞよろしくお願いします!
            
 にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ   

 

 

 

別館ブログ「レトロなきろく」

もどうぞ!

『レトロなきろく』

 


テーマ:

またお久しぶりな感じですが

毎日本当に暑いですね。

本当にぐったりな感じです。

熱中症対策が大切ですね。

 

 

素敵な古いコースターが入荷です。

金属の縁取りで中央は陶器、タイルのコースター。

花柄で可愛らしいです。

 

 

ちょっと金属の縁取りに経年劣化があるのですが

まだまだ良い状態です。

大正~昭和初期の頃に作られていたそうです。

ひとうひとつの柄に少々ムラがあるのもちょっと時代を感じられていいですね。

 

 

他の写真やサイズなどの詳細はこちらからどうぞ
レトロな陶器と金属のコースター 5客

ネットショップでは 昭和レトロ,昭和レトロ生活 のカテゴリーに掲載されています。

 

 

 

裏印がありましたよ。

 

 

面白い裏印ですが、不二見焼合資会社のマーク。

しゃちほこのマークでなんとなく分かるかもしれませんが

元は名古屋の会社でした。

 

明治12年(1879年)に名古屋の上前津で創業。

明治41年(1908年)に乾式成形による硬質陶器タイルの生産に成功し

明治42年(1909年)に不二見焼合資会社を設立。

和製マジョリカタイルの製造をメインにし、

工場を移転し海外輸出も行い

のちに不二見タイル株式会社となりました。

昭和18年(1943年)には不二見セラミック株式会社となったそうです。

この時には岐阜県の方が本社になっていました。

不二見タイルの時にもう岐阜だったのかもしれません。

残念ながら平成18年(2006年)に経営破綻して

もう会社は無くなってしまいました。

 

 

今回のコースターとはちょっと違いますが、

不二見焼合資会社に絡んでほんのちょっと和製マジョリカタイルのこと。

不二見焼合資会社と同時期に乾式成形の硬質陶器タイルの製造に成功した

淡路島の淡陶(現:ダントー)は現在も続いています。

和製マジョリカタイルはこちらのものも不二見焼と共に知られています。

大正~昭和初期は和製マジョリカタイルは東南アジアに沢山輸出されていたそうです。

今でも向こうでは日本製の古いマジョリカタイルにまだ結構出会えるとか。

日本では絵柄が素敵な装飾のタイルよりも衛生面を重視した白い無地タイルの需要が多く

関東大震災の後は更にその需要が増えたそうです。

お風呂場とかトイレとかですね。

水を使う所にタイルの壁とかよくありましたよね。

太平洋戦争が始まって装飾のマジョリカタイルは贅沢品となり

日本では姿を消したそうです。

なんだかこれもちょっと残念な歴史ですね。

 

マジョリカタイルを集めていらっしゃる方もあると思いますが

これも集め出したらキリがない感じでしょうね。

とっても楽しいだろうなと思います。

昔の素敵なデザイン、いいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のご紹介はネットショップの
昭和レトロ,昭和レトロ生活 のカテゴリー。
その他の商品はネットショップの左側にある Category からぜひどうぞ。

色々な都合(大人の事情?!)で
左側に並ぶカテゴリーも若干分かりにくいのですが
ネットショップでも古き良き『古道具屋』の宝探し状態をお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後に・・・
励みになります。
応援クリックをどうぞよろしくお願いします!
            
 にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ   

 

 

 

別館ブログ「レトロなきろく」

もどうぞ!

『レトロなきろく』


テーマ:

また面白いものが見つかりました!

ということで、

古い物ご紹介シリーズです。

 

以前、不二家のペコちゃんの陶器の古いプリンカップをご紹介しているのですが

今回はプリンカップにペコちゃんが登場する前の古い陶器のプリンカップです。

 

 

入れられた文字の反対側も分かるように2個並べてみました。

結構小ぶりの陶器のカップでその大きさにも驚きましたが

不二家のあのお花のようなマークもありません。

このFujiyaのロゴ、見たことが無くて新鮮です。

漢字の不二家のロゴはずっと変わりませんね。

昭和初期にももうこの感じだったようです。

カップの色合いもちょっと気になります。

 

不二家のホームページによると

Fと花の組み合わされたあのマークはファミリーマークというそうで

1961年(昭和36年)に誕生したそうです。

 

ということは、

この陶器のカップはそれ以前のものなのかしら。

確かに昭和30年前後のものやそれ以前と戦前のものなども一緒にあったので

昭和36年以前のものでももちろん納得です。

小さくて可愛らしいし、

濃淡のあるカラメルの色みたいな感じで

釉薬のかかり具合だと思いますが

ひとつひとつ色合いもちょっとバラつきがあって

それがまたなんだかいい感じ。

端や底の処理が今なら不良品かなという感じが漂うものもあって

時代をとっても感じます。

 

昔のゼリー型とかも小さかったですが

プリンの材料がまだ貴重だった時代なのを実感する大きさ。

高さ4.5cm程で口径6.5cm程なので

ぐい呑みにもあるようなサイズですよね。

薄手の造りのカップでした。

 

 

そういえば、70年代のペコちゃんのプリンカップも

まだ載せていないものがあった気がします。

またそちらもそのうちに。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のおすすめはネットショップの
昭和レトロ,昭和レトロ生活 のカテゴリー。
その他の商品はネットショップの左側にある Category からぜひどうぞ。

色々な都合(大人の事情?!)で
左側に並ぶカテゴリーも若干分かりにくいのですが
ネットショップでも古き良き『古道具屋』の宝探し状態をお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後に・・・
励みになります。
応援クリックをどうぞよろしくお願いします!
            
 にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ   

 

 

別館ブログ「レトロなきろく」

もどうぞ!

『レトロなきろく』

 

 


テーマ:

オールドノリタケの素敵なカップ&ソーサーが入荷です。

ノリタケで花柄って沢山あるのですが

米国向けの輸出用のパターンのひとつです。

パターン名は分かりません。

 

 

内側にも花柄が入っていてまた可愛らしい。

縁取り部分もとても色々なデザインが組み合わされています。

幾何学模様やドットのラインなど凝ったデザインも入り

黒いラインも効果的に入れられ

花柄の甘さだけでなくちょっと引き締まった感じもあるタイプです。

 

こちらは1935年(昭和10年)~1941年(昭和16年)のパターンのよう。

大正から昭和初期はアールデコの流行りもあって

幾何学模様も色々デザインに取り入れられていたそうなので

縁取り部分のデザインにも色々使われていたのでしょうね。

 

裏印も可愛らしいM印なのですが、

1935年(昭和10年)に商標登録出願された米国向けの輸出用に使われたものでした。

裏印はこちら。

 

可愛いカップ&ソーサーで紅茶をいただいたら

また素敵なティータイムになりそうですね。

目立つ傷などもなくて年代の割に良い状態です。

もしいくつか揃えたい場合は少し在庫があるので

お問い合わせください。

 

 

他の写真やサイズなどの詳細はこちらからどうぞ。
オールドノリタケ カップ&ソーサー 花柄 米国向け

ネットショップでは和食器、洋食器、ノリタケのカテゴリーに掲載されています。 

 

 

 

 

ノリタケは地元名古屋ということと

私自身も好きだということもあってちょこちょこ集まってきます。

先日、ノリタケの製品ではないのですが

ノリタケのまた面白いものとご縁がありました。

近いうちにご紹介したいと思っています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のご紹介はネットショップの
和食器・洋食器・ノリタケ のカテゴリー。
その他の商品はネットショップの左側にある Category からぜひどうぞ。

色々な都合(大人の事情?!)で
左側に並ぶカテゴリーも若干分かりにくいのですが
ネットショップでも古き良き『古道具屋』の宝探し状態をお楽しみ下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に・・・
励みになります。
応援クリックをどうぞよろしくお願いします!
            
 にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ   

 

 

別館ブログ「レトロなきろく」

もどうぞ!

『レトロなきろく』

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス