消毒や手洗いにいくら注意しても、ウイルスに感染してしまう人と感染しない人がいます。

意識の高さは、ウイルスの感染から身を守ります。

うっかりしてはいけない、と気付く高い意識です。

 

自分では気付けない意識の高さは、深く考えるようにすると力がついていきます。

本気で考えているとしたら、高い意識で運勢を変えていきます。

意識の高さが危険から身を守ります。

 

新型コロナウイルスやインフルエンザ、感染の危険から身を守るために高い意識を持ちたいと思います。

 

*魔除けの結界をつくる「ジェット」をストラップにしました。危険から身を守り、身代わりにもなってくれる御守りです。年末にお見せしたいと思います。

「最近のブログ、変わりましたよね」と何人かの方に声をかけられました。

 

お気づき頂いたようです。

8月下旬から、ブログの内容をさらに深く考えるものにしました。より分かりずらい、読み取りにくいブログになったと思います(笑)。

 

お会いした時に、詳しくご説明できれば幸いです。

サマンサの近くいると開運する実感をお持ち頂けると思います。

 

さて、槍ヶ岳の写真を送って頂きました。手前は天狗池です。槍ヶ岳がくっきりと映り込んでいます。

もう一つ、湖面に映るのは「水の神」です。発見できますでしょうか・・・!

 

それは良くない事だと考えた私は、自分にダメ出しをします。

勝手にしたい私は、さまざまな要求をしてきます。

それでも私は分かっていながら理想だけを求めます。言い聞かせようとするほど、自分への押し付けが嫌になります。

 

思い通りにならない自分は、生きにくいと知りました。

自分と折り合いをつけられないのです。

 

理想の自分を追い求めている私は、その努力や工夫の仕方を知りません。

心の中で「やってちょうだい、して欲しい」と見えない誰かに求めてやまないのです。

そんな私は自分を好きになれませんでした。

 

自分はなんでも思い通りにしてくれる、と知っています。

そんな私は自分が大好きですから・・・難。

先日、世界遺産・国宝に指定される群馬県の富岡製糸場を見学してきました。仕事先からの帰り道、立ち寄ってみました。平日の夕方とあってか人気もまばらで、ゆっくりガイドの方に場内を案内して頂きました。

 

周辺を散策していると、富岡市のイメージキャラクター「お富ちゃん」とあの「アマビエ」が並んでいました。

なんと、なんと「アマビエ」らしき妖怪が正面を向いているではありませんか!

サマンサは、Xさんが作ろうとしていた人形を思い出しました。

みんな知らないのではないか、と恐ろしくなったのです。

 

皆さんに警告です。

まれに「アマビエ」の顔が正面を向いていることがあります。

覚えておいて下さい。

決して目をあわせてはいけません。

 

もしも「アマビエ」と目をあわせてしまったら・・・(怖)!

 

 

 

 

「アマビエ」は妖怪の一種らしく、予言や疫病退治をしてくれるとか。

豊作など吉兆の予言や、新型コロナウイルスの終息にも活躍してくれそうです。

 

ちなみに、どうでもよい出来事を予言する役に立たない妖怪や不運の前兆を予言する妖怪もいますから怖いですね。

 

さて、「アマビエ」の人形を製作してみたいと話すXさん。

試作品を見ると、何かが違います。

伝承される木版画などのイラストは横顔です。恐ろしいことに「アマビエ」の顔が正面を向いていました!

 

サマンサは、「アマビエ」が正面を向いていない、とても重要な理由に気付きました。

つづく