霊能者サマンサの霊体験<明松庵>

霊能者サマンサの霊体験<明松庵>

明松庵は、ヒルトン東京(新宿)B1Fにあります。世界の霊能者サマンサ(僧侶:明松)が在籍するお店です。
http://myoshoan.info/

霊能者サマンサのブログです。
高野山真言宗の僧侶(明松)でもあるサマンサが、自らの経験とたくさんのご相談者からの体験談を紹介しています。

サマンサには、神や仏、妖精・精霊、亡霊・妖怪などが視え、死者や動物たちと話ができます。
さらに、あなたの前世や未来が視えるのです。

年に4回(3,6,9,12月)の『心霊の世界』講演会、5月日帰りのパワースポット巡り、7月はヒルトン東京で納涼会を開催しています。

明松庵 ℡ 03-3344-3755 受付:11時~18時 水・土日祝を除く*時短営業、臨時休業日あり

早めに外出の準備をしておきたいと思い、タンスから着物を取り出しました。

購入してから初めて着る着物ですが、プーンと鼻をつく嫌な匂いがしました。

目の前の靄(もや)で、周囲がかすんで見えました。

さらに、漂う匂いに身体が反応したのか鼻水が出そうになりました、とXさん

 

実は、古着として買った着物です。

クリーニングされた綺麗な状態で匂いがするはずはありません。

 

汚れは目に見えませんでしたが、匂うかもしれません。

陰干しすることにしました。

 

着物の匂いの原因は、人の感情です。

虚しさが着物にこびり付いていました。

誰かが抱いた感情が乗り移っていたというわけです。

サマンサは、着物を綺麗に祓い清めました。

 

もしも、嫌な匂いを感じたとき。

古着だけとは限りません。

誰かの感情が乗り移っているのかもしれませんから・・・。

私は、他者に取られる前に自分の分を確保しようとします。

たくさんの兄弟姉妹がいて、食べ物や持ち物を争って奪い取った経験などありません。

意地汚いと感じる、こんな癖を治したい。

なにが原因なのか気になっている、とXさん。

 

それは彼女が幼稚園の時です。

同じ園に通う友達が遊びに来ると、家の中で何か品物が無くなります。

 

ある日、友達の母親が「子供がもらったと話すが、お子さんの名前が書いてある。本当に頂いてよいのか?」と聞かれ、母は驚いたとか。

 

以来、私は誰かに盗まれてしまう前に自分の物を確保しようと学んでしまいました。

 

サマンサは、彼女の魂にもう盗まれる心配はない、と伝えました。

彼女の魂は驚いています。

頭では分かり切っていることでも、魂レベルで気が付かないことはあります。

 

さて、もしもあなたに変わった癖や言動があるとしたら。

あなたの魂は、過去の経験を未だ恐れているのかもしれませんから・・・。

孫が怒っているように感じるXさん。

ママが怒ってばかりいるので、真似をしているのではないか、と言います。

 

孫は怒っているのではありません。

満足できないだけです。

但し、不満ではありません。

足りないと言いたいのでもありません。

ただ何をしても満足できませんから、怒っているように見えるのです。

 

ママも同じです。

そのつもりはなくても自ら満足を求めようとしません。

まるで「満足させてくれない」と、他者に言いたげな態度です。

 

さて、自分を大事にする、大切にする目標を持ちましょう。

いつまでも満足しない自分から抜け出せそうですから・・・。

 

 

 

私の本心はやましいものでした。

心の内がバレてしまうことを恐れいつも怯えていたのです。

 

心のやましさは、「他者を馬鹿にする」ことです。

態度には出しませんが、とっくに見抜かれています。

 

もしかすると、夫の私に対する態度が徐々に悪くなっていったのも、私が彼を馬鹿にしている気持ちに原因があるのでしょう。

 

人間は、理由もなく他者に何か違和感を覚えることがあります。

あなたは無意識ですが、他者の本心を見抜いているのです。

 

決して覗いてはならない本心があるとしたら、うっかり覗いてしまったのかもしれませんから・・・(怖)。

なぜ私を嫌う人がいるのか、と考えたことがあります。

無意識ではありますが、私はその心の内を見透かされるのではないかと思うといつも落ち着きません。

自分でもなぜオドオドしてしまうのかと思います。

 

仕事場で、気に入った人にだけお菓子を配る同僚がいます。

案の定、私の机の上にお菓子が置かれることはありません。

 

感じが悪いと思いながらも、私にも何か原因があるのかもしれないと思っていました。

私が心の中に抱いていたことが原因だと分かりました。

つづく