ドコモ光ユーザーの独り言

ドコモ光ユーザーの独り言

ドコモ光で実体験した情報中心に掲載
個人的に体験しているものをベースにして投稿の為、ドコモの公式とは共通点があるが、利用者でないとわからないデータが基本。
メーカー非公開情報も含めた、快適に利用できる方法を惜しまず公開。

以前、

 

で、低価格端末モデルでの検証を紹介した。

すでに以前のモデルは手元にないが、今度は以下を入手して検証してみた。

結論をいえば、2000円のものとは比べ物にならないほど

高画質な動画再生ができた。

【EZCast Ultra】である。

 

開封したら、電源アダプター以外は全て揃っている。

とても感心したのは同梱されたマニュアル。

このメーカーは本社が台湾なのだが、日本語のマニュアルが完璧と思えるほどしっかりしていて、初心者でもこれを読めば絶対に接続できる。

さすが親日国のメーカー・・・。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

接続後起動すると、テレビに

セットアップに必要なSSID・Wi-Fiパスワードが上に表示される

今回はiPhone11を例として設定の流れを紹介。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

① Wi-Fi接続

【EZCastU…】を選択し、Wi-Fiパスワード入力。

約1分位経過後、左にレ点がつく。

但し、Wi-Fiアイコンは表示されないが、これでOK

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

テレビのアイコンも接続済に変わる。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

② コントロールセンターを起動

コントロールセンターを起動

【画面ミラーリング】

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

③ 画面ミラーリング

【EZCastU…】を選択。

しばらくすると、レ点がつく。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

④ ミラーリング完了。

あとは好きなコンテンツを再生する。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

実は、これでYoutubeを再生したのだが、どうもおかしい。

以前利用していた2000円クラスの機器レベルの画質で時々コマ落ちする。

どうやら初期値では2.4Ghzでしかも帯域は狭いままに設定されていることが判明。

 

そこで、必ず実施すべき設定を紹介。

スマホ側でブラウザを開き

【192.168.203.1】にアクセス。

【Wi-Fiチャンネル】を選択。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

Wi-Fiモード:5G

帯域幅:80MHz

変更後、OK

このあと再接続が必要になるため、

上記①〜④をもう一度行う

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

この設定変更の結果、とても高画質なYoutube動画を再生できた。

40インチのテレビでも綺麗な画質と感じるレベルだった。

※Youtubeのアプリの特性上、勝手に画質が【自動】で下がってしまうため、再生開始直後に最も上(元データによる)に手動変更している。

 

-------------------------------------------------

以下はAndroidの接続例。

モデル:L-41A

※Androidは機種によって少し表示方法・設定項目名が違う

 

Wi-Fi設定画面を開き、

【EZCastU…】を選択

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

以下のような画面が表示されるときは、【使用】

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

続いてミラーリング操作。

スマホ画面の上から下へ大きくなぞり、

コントロールセンターを全画面表示。

大抵は左にスクロールした2画面目に該当の項目がある。

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------

L-41Aの場合は【画面共有】を選択

機種により、【SmartView】【画面をキャスト】【ミラーリング】

など表示名が違うのでそれに従う。

-------------------------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

使用してみた後の感想・注意点をまとめた。

① 【EZCast Ultra】特にAndroid端末のユーザーに向いている

<iPhone11><L-41A>を比較してみたが動画再生の安定性がなぜか明らかに<L-41A>の方が良いのである。

iPhoneではYoutube・TVerなど無料コンテンツは全て制限なく再生できるが、有料動画は全て映像がミラーリングできない。

Android端末は、有料動画も再生可能。※有料動画は以下動作確認済。

Netflix/PrimeVideo/U-NEXT

※dTV・dアニメストアは未確認

 

 Wi-Fiルーターを経由しての利用は動画の安定性が低い。

スマートフォンとのWiFiダイレクト通信のミラーリングの方が明らかに安定する。

 

 動画再生の画質・安定性はAndroid端末の性能次第。古くて性能が低い端末では画質が安定しないものと思われる。

 

 画質はモバイルデータ通信の電波環境に大きく依存する。モバイル回線の電波が悪いとコマ落ちが多く発生する。可能であれば将来を見越して5G(ファイブジー)端末が望ましい。

 

 上記にも紹介したが、【EZCast Ultra】は5GHzでの接続を強く推奨。

 

 モバイルデータを使用するユーザーは必ず高容量の通信プラン(最低でもahamo以上、5Gギガホプレミアなど)を推奨。ギガライトなどのプランではすぐに上限に行くので絶対ダメ。

 

 

まとめると、<Android端末><WiFi環境なし><ギガホ契約>

というケースなら最高の環境だろうと思われる

 

※最近発売のAndroid端末の中に、<ミラーリング機能がない>モデルが一部ありこれは残念ながら利用できない。最低でも本体側に【スクリーンミラーリング】【キャスト】【SmartView】などの機能があるのが条件。2020年以降発売モデルではほとんど心配ないのだが、格安SIMメーカー発売の低価格モデルなどを購入するときは要注意。

高齢者向けの<らくらくスマホ>も利用不可。

 

iPhoneユーザーYoutube・Tver・オンラインライブ(WEBブラウザ版)メインならもちろん良いと思われる。

 

【Wi-Fiルーター】がない環境のユーザーにとって、素晴らしい端末だと思う