鍼灸師が創った元祖国産よもぎ蒸し【よもぎ庵】子宮菌活®

鍼灸師が創った元祖国産よもぎ蒸し【よもぎ庵】子宮菌活®

【老舗よもぎ蒸し販売のよもぎ庵】

2002年の発売以来、本物志向、こだわるプロの治療院・助産院・サロン・美容室に選ばれる 【元祖国産よもぎ蒸し】

よもぎ蒸しに乳酸菌を加えたよもぎ乳酸菌蒸し(R)は、子宮環境を整える子宮菌活(R)として妊活に最適です。

 



 




【よもぎ庵】はオリジナルよもぎ蒸し用品ネットショップです。


★治療家・助産院・サロン・美容室の専門家に選ばれるよもぎ蒸しです。


りんごよもぎ庵に関するまとめ記事はこちら


・よもぎ庵のHP


・よもぎ庵の商品説明はメルマガで→【全7回でわかるよもぎ庵のよもぎ蒸し】


  


 

 


-----


 


 




臨床歴20年の鍼灸師りんご(平沼公代)が


鍼灸治療受付しています。詳細はこちらのページ


・ご予約はLINEでお願いします!  

 

おはようございます

よもぎ庵 鍼灸師の平沼公代です。

 

 

花粉と共にあっという間に月日が過ぎ

 

気が付くと今日は小、中学校の修了式です。

 

また、1年が終わりましたね。

本当に早いですね。

 

最近は、日々、色々なことを思っていて

あ、ブログに書きたいな~と思いつつ

 

時間が過ぎ去っている毎日でした。

 

なんか、雑多にいろいろと

書きたいことがありますが

 

順を追って書いていこう!

 

今回は、鍼灸治療と眼瞼けいれんのこと。

 

 

前回書いた流れですが

 

花粉症の治療効果、その評判が

ある程度定着してきたからか

 

少し難しい治療の患者さんが紹介で来られます。

 

この数年で、何人か治療させていただいた症例の1つ

 

「眼瞼けいれん」のことを書きますね。

 

 

この眼瞼けいれんってご存じですか?

 

「眼瞼下垂」の方がまだ耳にする頻度が高いかもしれませんね。

 

 

 

眼瞼下垂は、目を開く筋肉の筋力低下によって

まぶたが開かないというように

基本的には筋や腱を原因として説明されますが

 

眼瞼けいれんは

同じく目があけにくくなるという目周辺の症状ですが

 

まぶたの開閉を制御しているの

脳の神経回路、中枢神経系の病気と考えられ

発症原因も解明されていないとされます。

 

けれど、症状は結構大変なので

患者さんたちはかなり苦しみ

それでいて、ストレスや精神的な要因を原因とされ

苦しむ方も多い印象です。

 

ざっくり書きましたが、病の詳細は

日本眼科学会のページへどうぞ。→ 眼瞼けいれん

 

 

これまで鍼灸に来られた患者さんの話を聞くと

 

「まぶしく感じることが増えた」ということを

初期症状で訴える方が多いです。

 

けいれん、と聞くと

瞼がぴくぴくするのが主症状かな?と思いがちですが

 

実際は

目が開きにくくなり

症状が進行すると

自分の意思ではまぶたをあけることができなくなり

 

指で瞼をもち上げないと

目が開かなくなります。

 

鍼灸院に来られる方は

この状態もまで進行している方が多いので

 

中には、医療用テープで瞼を持ち上げて貼っている

 

そういう方もいます。

 

そうするともちろん、今度は目が乾燥しますよね。

 

眼瞼けいれんの方は当然ながら

まばたきも適切にできません。

 

 

 

しかも、左右の症状の程度に差はあるものの

たいていは両目に発症するので

本当に結構大変なのです。

 

 

 

40~50歳以上に多く

女性は男性の2.5倍もかかりやすいとされます。

 

私も今までの患者さんはすべて女性でした。

 

 

年齢は40代から70代まで。

発症してから短くて3年、長くて13年。

 

どの方も紹介されての来院でした。

そして口々に

 

【鍼灸治療が効果があるとは思わなかった】と言われます。

 

 

まあ、これは眼瞼けいれんに限った話ではありませんが。

 

眼瞼けいれんは

発症原因も明確に分かっていないため

 

ストレスや精神疲労もその一因としてあげられます。

それ故に、病歴も長くなってくると

 

患者さんたちも

心療内科の受診も勧められたり

実際通院されている方もいます。

 

 

治療の方は、私の患者さんを通して知る限り

福岡は大学病院でボトックス治療をされている方が多いです。

 

おおよそ3、4ヶ月に一度

ボトックス注射をします。

 

効果としては、効果がある時もあれば

何も変化がない時もある。

 

病院変えたらよくなかった、という例もある。

 

保険適応でも結構高い(2万前後くらい)

 

 

鍼灸院に来ている方の話なので

つまり、、治っていない方々が

こられています。

 

皆さん、治療手段がボトックスしかなく

 

それも、治るというよりも症状改善目的

だけど、効くときもあれば効かないときもあり

 

効くときも効果の持続もバラバラ

 

だから、治るわけではないけど

現状、そのほかに治療法がないので続けている。

 

でも、毎回、効くか効かないかわからない

今後全く効かなくなったらどうしよう

 

こういう状態の方が多いです。

 

そして、眼瞼けいれんに限らずですが

 

痛み、強い症状

治るかどうかもわからない

 

こういう状態が続くと

人は気持ちが沈んでいきやすいです。

 

ある程度年配の方だと

これから生きていても楽しいこともない

こんな状態じゃ何のために生きていくのか

 

こういった言葉を発せられる方も多いです。

 

 

さて、鍼灸治療ですが

極端に言うと、鍼灸治療はオールマイティなんですよね。

 

ですので、症例に対するアプローチがあります。

 

なぜなら、経絡という概念があるから。

 

 

 

今回の眼瞼けいれんの例で言うと

 

目周辺に症状は起きているけど

瞼の開閉にかかわる中枢神経の問題の可能性がある

 

その発症原因は明確ではなく

ストレス、心理、精神的要因があるかもしれない。

 

となるわけですが、

鍼灸治療として取り組むときのポイントは

やはり、経絡という体の流れがあるので

 

目周辺の経絡に対するアプローチ

こういうものができるんですね。

 

 

花粉症の治療をしていて

私も感じるのですが

 

20年以上悩まされていたという方でも

ピタッと止まる方は多数いらっしゃいます。

 

 

そのことから私自身思うのは

鍼灸のイメージは

 

反射のシステムを切り替える

スイッチの役割のような感じだなと。

 

 

身体に、とある症状のスイッチが

入ってしまっている。

 

そのスイッチを切り替える。

 

それが鍼灸の役割だなと。

 

でも、スイッチを切り替えても

また、すぐスイッチが入ってしまうタイプもいる

 

そこは、根本的な体質改善に

取り組む必要もある

 

けれど、とりあえずスイッチをオフにする作用

それが鍼灸治療だなと、思うんですよね。

 

 

だから、適切なポイントに針をすると

身体は変化する。

 

そのポイントをいかにしっかり刺すことができるか

 

ということだな、と

 

花粉症の治療を通じて

私も実感している日々です。

 

 

眼瞼けいれんに限らずですが

 

どこに行っても治らない

西洋医学の病院でも

明確な改善策はなく

でも現状最善であろう治療を

継続しているけど、症状は小康状態。

 

そういう方は

鍼灸も試してみてください。

 

 

もちろん、鍼灸で治せる!とは言いません。

でも、現状改善が見られない症状では

 

鍼灸でも改善する可能性がある

その選択肢として試してみてほしいなと思います。

 

 

そして、適切な鍼灸だと

本当にかなり改善する例もあります。

 

3回までの治療が

効果の目安になります。

 

3回すると、必ず改善があります。

改善の速度、程度は差があるかもしれませんが

必ず改善がみられるはずです。

 

そこが適応を図る基準になるかなと。

 

 

鍼灸院を選ぶときは

 

①その症状を専門にしている

②あらゆる分野で高い成果を誇る実力鍼灸師

③口コミ

 

 

こういう観点がいいかなと思います。

 

 

鍼灸師だから言えますが

鍼灸院によって違う、ということです。

 

適切な治療をすると

本当に劇的に改善する例はあるんです。

 

必ず、適応かどうかを聞いて

鍼灸を受けてみてください。

 

 

ということで、このくらいで。

 

 

 

鍼灸師が作った国産よもぎ蒸し「よもぎ庵」

 

約20年よもぎ蒸しセットを販売しています。

【特徴】

国産無垢材のよもぎ蒸し

日本の漢方薬会社にて漢方薬を使ったよもぎ蒸しパック

 

【講座】

・導入講座・よもぎ乳酸菌蒸し菌活講座

・妊活サポート講座

動画講座+オンラインで常時受付けています。

 

よもぎ蒸し販売、講座に関して

私の基本姿勢は以下の記事を読んでください。

  

 

 

 

----

 

 

 

 

 

 

 

【よもぎ庵】はオリジナルよもぎ蒸し用品ネットショップです。

 

★治療院・助産院・サロン・美容室の専門家に選ばれるよもぎ蒸しです。

りんごよもぎ庵に関するまとめ記事はこちら

・よもぎ庵のHP

・よもぎ庵の商品説明はメルマガで→【全7回でわかるよもぎ庵のよもぎ蒸し】

 

   インスタも更新滞り中! 

-----

 

 

臨床歴20年の鍼灸師りんご(平沼公代)が

鍼灸治療受付しています。詳細はこちらのページ

・ご予約はLINEからお願いいたします!

 

 



おはようございます

よもぎ庵 鍼灸師の平沼公代です。

 


皆様お気づきでしょうが

最近使っている画像は鳥獣戯画です。

 

こちらのサイトからお借りしています→ダ鳥獣ギ画

 

鳥獣戯画好きなんですよね。

 

今回、お灸の画像があったけど

あ、これ、怖いイメージのやつだ。

 


カエルの皮膚にお灸、しかも直接は

やけど案件だわ(笑)

 


でも、笑顔のものがあったので

使っちゃいました。

 

 

前回も書きましたが


花粉症も治ったんだから

 

もしかしたら治るかもよ

先生のところ行ってみたら?』

 

という流れで


通常はそう頻繁に

出会うことはない症例の治療を

 

ご紹介を受けてする機会が増えています。

 

その中で、割と頻度が増えているのが

眼瞼けいれん。

 


まれな症状の患者さんは

一人を治すことで

口コミが広がる傾向にあります。

 

 

ある分野を専門にする際は

関連する知識を

重点的に学びますが

 

その時学ぶのは割と

西洋医学的な診断と治療

最新治療の動向

 

そういうことを学びます。

 

針灸治療に関しては

どういった症例であれ


からだという場で起きる以上

治療の基本理論は同じであり


あとはツボの選び方や

針の打ち方といった技術的なもの


だから、ある意味

どんな症状であれ

アプローチの方法はあり

対応できます。


が。

鍼灸は実践することで

臨床経験による肉付けが

なにより重要かなと実感しています。


経絡があって

臓腑があって

このツボに針を刺し

こういう効果がある、と

理論上はいくらでもいえるけど



【実際、効くかどうか】


それが全てだといえるかなと。

効くことが、すなわち

ツボや経絡の証明になるのかなと。



専門分野を設けることは

その分野の臨床経験が蓄積されていきます。

 

前回書いた花粉症でもそうですが

 

症例数が増えるほどに

経験値が上がって、見通しが立つし

治療の精度もあがります。

 

それと


その地域の医療情報が集まる

というのもあるなと

思っています。

 

 

話を戻して眼瞼けいれん。

 

 

私が最初に紹介を受けた時は

 

もともと患者さんだった方に


『こういう症状に

鍼灸は効果ありますか?

先生、受けてもらえますか?

友人が困っていて』


という相談を受けます。

 

 

その時


その臨床例がない、もしくは乏しい場合

そのことを伝え

 

ひとまず、3回通ってみてください。

 

それで3回で全く変化がなければ

 

私の鍼灸では効かないと思うので

あきらめてもらうことになるか

 

もしくは5回までは試みてもらうか

どちらかになります。

 

という説明の上でお受けします。

 

3回で効果がないと

私の鍼灸では、というのがポイントです。

 

他の鍼灸師の先生の中には

治せる先生もいらっしゃると思うけれど

 

今の私の限界ということですね。

 

鍼灸治療は、色々な流派があります。

 

通常、学校や一般的な治療方法で

治らない症状は

 

私が同じような方法で行っても

やっぱり治らないと思います。

 

私が特別な気を流すとか

オーラを操作する!とか

するわけではないですから。

 

じゃあいわゆる

一般的な治療とどうするかというと

治療方法を変えます。

 

特別な治療のアプローチ

というものがあるんですよ。

 

それは、まずわかりやすいのは

日本の鍼灸と、中国式の鍼灸という風に

中国式のアプローチというのもあります。

 

後は、とある先生が臨床経験から得た

特別な治療法というのもあります。

 

 

そういう治療法に出会うかどうか

習得するかどうか

 

そして、臨床経験を積むかどうか、で

 

鍼灸の結果が変わってきます。

 

私はありがたいことに

結果を出す鍼灸にこだわってきたので

 

そういう先生方に出会うことができて

色々な学びを得てきました。

 

 

その結果、とりあえず

どんな症例が来ても

アプローチの方法は持っています。

 

 

ただ、その症例に対して

臨床経験があるわけではないので

 

そこはやっぱり

どうなるか、未知数。

 

だから3回は試してみて

判断してください、ということですね。

 

 

これがやっぱり

凄腕の先生は

 

その症例に臨床経験があるなしにかかわらず

即効結果を出せたりするので

 

すぐさま治せる素晴らしい先生ですよね。


それほど多くはないにしても

やっぱりそういう先生は

実際いらっしゃいます。


そして、そういう先生だからこそ

それはそれは臨床数もすごいです。


臨床数もおおいし

鍼灸の治療理論は同じなので


はじめての症例とか関係なく

安定的に自信をもって

治療に望めるのかな、と思います。


私はまだ、経験のない症例は

任せてください!とは言えないです。



経験値として

何人診たら、精度が上がるのかなあと

考えてみたんだけど

 

花粉症を例にすると

 

導入してから

毎年シーズンで延べ100人は診るので

5年目くらいからは

治療の回数もかなり減らしても

いけるなと実感しているので

 

そう考えたら

500人とか1000人ぐらい

1つの症例で経験すると

精度が上がったなと、

表立っていってもいいのかなと思います。

 

 

表立って、ですね。

 

実は内心もっと早く

自分では思っていても

自他ともに認めるくらいに行くには

それくらいの数値かなぁと。

 

あくまで、私のレベルで、です(笑)



あら、

眼瞼けいれんの患者さん


この具体的なことまで行き着かなかった。

 

 今から仕事なので

また次回、ちょっと詳しく書いてみますね。

 

では!

 

 

鍼灸師が作った国産よもぎ蒸し「よもぎ庵」

 

約20年よもぎ蒸しセットを販売しています。

【特徴】

国産無垢材のよもぎ蒸し

日本の漢方薬会社にて漢方薬を使ったよもぎ蒸しパック

 

【講座】

・導入講座・よもぎ乳酸菌蒸し菌活講座

・妊活サポート講座

動画講座+オンラインで常時受付けています。

 

よもぎ蒸し販売、講座に関して

私の基本姿勢は以下の記事を読んでください。

  

 

 

 

----

 

 

 

 

 

 

 

【よもぎ庵】はオリジナルよもぎ蒸し用品ネットショップです。

 

★治療院・助産院・サロン・美容室の専門家に選ばれるよもぎ蒸しです。

りんごよもぎ庵に関するまとめ記事はこちら

・よもぎ庵のHP

・よもぎ庵の商品説明はメルマガで→【全7回でわかるよもぎ庵のよもぎ蒸し】

 

   インスタも更新滞り中! 

-----

 

 

臨床歴20年の鍼灸師りんご(平沼公代)が

鍼灸治療受付しています。詳細はこちらのページ

・ご予約はLINEからお願いいたします!

 

 

 

こんにちは。

よもぎ庵鍼灸師の平沼公代です。

 

あっという間に3月になりました。

 

私の近況はというと・・・

てんやわんやの時期です。

 

今年もやってきました。このシーズン!

そう!花粉症です。

 

 

この時期、紹介での来院数が

かなりかなり、多くなる時期でして

 

紹介も間に2,3人入った紹介の方も多いです。

 

職場の同僚の奥様のママ友の紹介で、、という感じですね。

 

もはやだれかわからない(笑)

 

 

花粉症は本当に多いですが

私も、この花粉症の治療を

専門的に始めてから7年目の春

になります。

 

もう7年か!早い。

 

知識と臨床経験が合わさると

治療の見通し、予後

患者さんによる傾向なども

 

ある程度パターンが読めてきます。

 

また、その年の春の気候も大きく影響します。

 

今年の福岡のように雨の多い春と

晴天の多い春では

 

症状の出方、症状の内容も違います。

 

そして、自分の腕が上がった!というのは

控え目を美徳とする日本人らしくないので

 

謙虚に、謙虚に書くならば

 

腕が上がったとは自分で言いませんが

 

やっぱり、

治療の精度は上がっていっている

かもしれないかもしれなくて

(控えめな表現にしてみた)

 

この花粉症の治療法を

教わった当初よりも

治療回数が圧倒的に減っています。

 

 

人を診る医学と言いますが

 

花粉の飛散状況の影響もあるので

同じ治療方法でも

 

その人の個体差(気質や体質)だけでなく

その治療を行う地域の気候の影響

 

治療の回数に大きく関係するんじゃないかな?と

実感しています。

 

 

また、「守破離」なんて言いますが

 

ならった当初の

実直に習ったままの治療法を

行っていた時期から

 

 

それ以外に、鍼灸治療として

私が多くの先生から学ばせていただいた治療法

これまでの20年強の臨床で

患者さんから学ばせていただいたことなどで

 

少しずつアレンジしていった治療方法に

今現在はなっています。

 

花粉症の今の治療法を取り入れ

治っていく患者さんたちを診て

 

私も鍼灸治療の可能性と

身体の不思議を強く強く実感しています。

 

鍼灸治療も身体も奥深い!

 

 

今現在、花粉症の治療説明は

とりあえず1回治療してみて。

 

うまくいけば1回で済むから。

 

子どもは平均1,2回

大人は平均2,3回を目安に。

 

と、説明しています。

 

「1回で効果あり」というのって

なんか、キャッチ―な宣伝文句で

人を呼び込もうとしているみたいなので

 

あんまり好きじゃないけれど

実際、本当にとりあえず1回してみて

実感してみて!

 

というのが一番わかりやすいのです。

 

また、人も呼び込もうとしなくても

紹介でどんどん来るので

 

決して、呼び込みたいつもりはなく

むしろ、本当にこの人は!という人にだけ

紹介してくださいね

 

私の体がもたないから、

と説明しているくらいなので。

 

でも本当に1度試してみるといいと思うんです。

 

かなり違いますよ。

 

ぜひぜひ。

 

 

ところで、花粉症の治療を始めて以来

実は、結構難しい治療も

依頼されることが増えてきています。

 

 

花粉症も数回でぴたりと治ったくらいだから

相談してみるといいよ、

 

という感じで

なかなか治らない症例の

紹介を受ける事が増えています。

 

 

その中で、何度か紹介があり

経過も良い治療があるので

 

次回、紹介しますね。

 

鍼灸という選択肢もあるんだ、ということで

情報の一つになれば。

 

 

では今日はこの辺で。

 

今日はキャンセルが出た時間で

ブログを急ぎ更新しました!

 

では!

 

 

 

 

 

鍼灸師が作った国産よもぎ蒸し「よもぎ庵」

 

約20年よもぎ蒸しセットを販売しています。

【特徴】

国産無垢材のよもぎ蒸し

日本の漢方薬会社にて漢方薬を使ったよもぎ蒸しパック

 

【講座】

・導入講座・よもぎ乳酸菌蒸し菌活講座

・妊活サポート講座

動画講座+オンラインで常時受付けています。

 

よもぎ蒸し販売、講座に関して

私の基本姿勢は以下の記事を読んでください。

  

 

 

 

----

 

 

 

 

 

 

 

【よもぎ庵】はオリジナルよもぎ蒸し用品ネットショップです。

 

★治療院・助産院・サロン・美容室の専門家に選ばれるよもぎ蒸しです。

りんごよもぎ庵に関するまとめ記事はこちら

・よもぎ庵のHP

・よもぎ庵の商品説明はメルマガで→【全7回でわかるよもぎ庵のよもぎ蒸し】

 

   インスタも更新滞り中! 

-----

 

 

臨床歴20年の鍼灸師りんご(平沼公代)が

鍼灸治療受付しています。詳細はこちらのページ

・ご予約はLINEからお願いいたします!