福岡 子宝・逆子・花粉症・アトピー【鍼灸☓よもぎ蒸し】蒸しりんご

福岡 子宝・逆子・花粉症・アトピー【鍼灸☓よもぎ蒸し】蒸しりんご

福岡のよもぎ蒸し・鍼灸のお店【蒸しりんご】
不妊、逆子、陣痛付けにはよもぎ蒸し!
逆子・陣痛付け・花粉症・美容鍼はオーナー鍼灸師りんごが担当。
VBAC(帝王切開)や、子供アトピーケア、菌活の人気講座も開催しています。

よもぎ蒸しよもぎ庵ネットショップ/福岡よもぎ蒸し蒸しりんご


こんにちは!よもぎ庵・蒸しりんごです


ご訪問ありがとうございます。



このブログはよもぎ庵蒸しりんご店長平沼公代のブログです。


鍼灸師歴19年目の3児の母です。



子宝、妊娠、出産、育児、病…‥


人知れず悩む女性の心と体を前に


私に何ができるのか。何を形にできるのか。



鍼灸とよもぎ蒸しと心とで”寄り添う”ケアを 術を 想いを。



何事も納得ゆくまで追求することが好きです。


どうぞよろしくお願いいたします。



----------



よもぎ庵よもぎ蒸しセット販売



【よもぎ庵】はオリジナルよもぎ蒸し用品ネットショップです。


★治療家・セラピストの方々に多く導入されています。


りんごよもぎ庵に関するまとめ記事はこちら


・よもぎ庵のHP


・よもぎ蒸しセット導入のための講座も開催しています。→講座ページ


・よもぎ庵の商品説明はメルマガで→【全7回でわかるよもぎ庵のよもぎ蒸し】



----------



福岡鍼灸よもぎ蒸し蒸しりんご





【蒸しりんご】は福岡にあるよもぎ庵直営店です。


★鍼灸とよもぎ蒸しのお店です。


りんご蒸しりんごに関するまとめ情報はこちら


・蒸しりんごのHP


・蒸しりんごの記事はお店のスタッフさんも書いてくれています


・ご予約はLINE@でも可能です!


    



----------



こんにちは。

よもぎ庵 平沼公代です。

 

今、色々な構想に着手していて

いくつか同時進行なのですが

一歩一歩着実に。

 

 上の絵は、妊活中

あるいはコロナで妊活おやすみ中の

方々のために

自宅でできるからだ作りとして

お灸の本作成用に

描いた絵のひとつだけど

いまいちしっくり来てない。

んーむずかしい。



そんな感じであれこれしてますが

閉店から一ヶ月を迎え


蒸しりんごのHPや

各種SNSを整理しなくちゃなと

思っている日々で、、、。

 

 

が、じつはですね

 

お店は閉じたけれど

治療は全くやめてしまわずに

臨床出来る環境は整えておく予定だったんです。

 

表舞台に出るつもりはないですが

既につながっているこれまでの患者さん達から

直接ご連絡があれば

 

自宅の一室で治療を受け付けようと。

 

自宅なので、不特定多数を入れるのは

やはりちょっと、、という事もあるので

本当に限定された方のみ。

 

その辺りの表記を

ネットに追記するかどうか

考えていました。

 

が、閉店後コロナ緊急事態中だったので

子どもたちも家にいるし

まだスタートできず。

 

現時点で、6月から通常モードとはいえ

完全に日常に戻ったとは

誰も思っていない事でしょう。

 

第2波、第3波とすぐにぶり返しが来るのか

もしくは秋ぐらいにまたぶり返すのか

 

それくらいの心づもりだと思います、皆さんも。

 

そうなると、ますます

患者さんに対しても

もちろんうちの家族にとっても

なかなか自宅開放という訳にはいかない。

 

と、悩んでいるところに

新たな話が舞い込んできました。

 


つくづく、人の縁だなぁと思います。

 

 

じつは、とあるサロンで

鍼灸施術をしない?という話があるんです。

 

「せっかくの技術がもったいない」

 

この言葉はたくさんの人に

言っていただくのですが

同じようにいっていただいています。

 

私の技術がどれほどのモンかは

おいておいても


私としても、臨床は少なくても続けなければ

腕や勘が鈍ると思ているので

続けたいと思っています。

 

それが子供三人産んでも

数ヶ月で復帰してきた理由でもありますから。

 

この話、今後どうなっていくか

また詳しく書きますね。

 

 

ではでは。

 

クッキング中の末っ子ちゃん。

おはようございます。

よもぎ庵 平沼公代です。

 

5月25日

気がつくと今日で閉店から一ヶ月です。

 

ちょうど今日から

子供たちは『毎日学校へ登校する』日常が

戻ってきました。

 

今週はまだ午前中のみ

6月から通常モードですが。

 

閉店からの一ヶ月は

あっという間だったように思います

 

コロナの影響で

 

日常でない日常が繰り返され

それが日常化していく中で

 

私もまた、ちょうど良い移行期間を過ごせたように思います。

 

もし、コロナ以前の変わらない日常が続く中で

閉店を迎えていたとしたら

 

きっと、閉店後の生活の中で

 

社会が変わらず動き続ける中

私だけ取り残されたような

ぽつんとした気分になったかもしれません。

置いて行かれてるような

よりどころがないような

そんな気分。

分からないけどね。

 

でもコロナで、基本的に家族は在宅し

社会の動きも止まっているかのような

しずかな動きを見せ

 

そして地球環境負荷が減り

見えない空気がきれいになっているような

そんなひっそりと

でも確実に何かが変化している中で

 

閉店後の時間を迎えられたことは

私にとって、20年持ち続けた

「自分の店」がなくなったことによる

 

「自分の店ロス」が起こらなかったので

ありがたいなぁと思います。

 

でもね、1度大きく寂しさを感じた瞬間がありました。

お店は、私の自宅から程ない距離の

生活圏内にあるので

毎日のように車でお店の前を通るんです。

 

閉店から2週間くらいしたある日

【蒸しりんご】の看板が外されていたんですよ。

 

居ぬきで引き渡した際に

看板もそのまま置いておいてよいよ

こちらで撤去するからと

次のオーナーさんが言って下さっていたので

 

閉店してもしばらくは

看板が付いたままだったんですが

 

ある日忽然と取り外されているのをみて

ちょっと一抹の寂しさは感じました。

 

でも、本当に一区切り!

 

私の持ち物で

恐らく最大であった「自分の店」を手放したことで

空いた手は予想以上に大きく

その手で今度は何を持つのか。

 

店に象徴される

ハッキリと目に見える派手な手ごたえじゃなくて

日々の地道な充実の中で

何かを育てていきたいなと思っています。

 

人生に置いて意図せず起こる何かは

自分の人生という道を生きるためのヒントを

自分で見つけられるように

仕向けてくれる流れがあり

 

きっとそこに気づき

何を見つけることが出来るのか

という事なんだと思う。

 

子どもに対して思うように

自分でも願うのはただ一つ

 

自分の人生を愛せるように。

 

だからこの先の未来へ歩いていこう。

 

 

ではでは!

 

 
こんにちは。
よもぎ庵 平沼公代です。
 
緊急事態が徐々に解除されていくなか
皆様いかがお過ごしですか?
 
福岡も解除されたので
今週に入って子供たちが
コロナ後初の分散登校でした。
 
中学生になった長男くんは
 
入学手続きに10分程いったきり
初投稿は、分散でパラパラ登校した初日。
 
何とも言えない、記憶に残る
新生活スタートだろうなと思います。
 
遠い将来、「あのコロナのころ‥」って思いだすことで
何が一番色濃いのかなぁ、子供たちにとって。
 
今週は分散登校
来週は午前登校
6月1日から通常登校になります。
 
そして、私も中学生男子の弁当生活がはじまります!!
 
そこで、弁当箱を新調しました。
 
 
男子わっぱ弁当箱。
900㎖の大容量。
 
これにこれから毎日弁当を作ることになります。
 
弁当箱はこれまで幼稚園時代から
わっぱ弁当箱かステンレス弁当箱を使ってました。
 
子どもたちが使わなくなっても
その後も何かと使えるので
今回もわっぱ弁当箱。
 
本人も、アーそれでいいよ~というので。
 
こういうのしにして頂いて、長男にプレゼントしました。
 
ちなみに歴代の弁当箱はこちら。
 
3兄弟で使ってきたので
色々あります。
 
一番左の小さいのは離乳食から食べ始め時期に使っていたもの。
そう思うと長いこと使ってきたなぁ。
 
蓋を開けるとこんな感じ↓
 
 
色々使ったけど、結局は一段が使いやすい。
色々詰め込める。
 
中学生には、ご飯の上におかずをのせて
デーんとのっけ弁当でいくつもりなので
こういうシンプルな楕円型にしました。
 
という事で、いよいよ私の
中学校母親生活も始まります。
 
がんばるぞーおー!
では皆さんも引き続き元気にお過ごしください。
 
ではでは~