すごろく思考で幸せに最速で叶える人生に!妄想すごろくノート術発案:原麻衣子

女性起業家のあなたの世界観×経験×ニーズで気づいていない才能をオンリーワン商品にします!毎日のTODOリストをサクサク進めて、未来のための時間を創る!夢も野望も最速で叶える「妄想すごろくノート術」で仕事もプライベートも幸せ豊かな毎日を全力サポートしています。


テーマ:
image
 
株式会社メイクステージ代表・女性起業応援コーチの原麻衣子です。
 
ライフストーリー引き続き第2話をお読みください。(第1話から読む)

 

【原麻衣子のライフ・ストーリー】

 

「妄想すごろく」

 

麻衣子さんが今、広めようとしている

夢の叶え方である。

 

現実味なんてなくていい。

ただの妄想でいいから、

叶えたい自分の姿を、まずゴールに据える。

 

そしてそこにたどりつくまでの道のりを

一歩ずつ逆算し、すごろくにして

自分のノートに書き残すのだ。

 

 

 

自分の妄想。

そのための対策。

あるいは、ダメ出し。

自分ツッコミ。

 

あらゆるプロセス全部を文字にすることで

何だか、愛しく思えてくるのだという。

 

描いた夢のきらめきが。自分の不器用さが。

ひいては、自分自身、まるごとが。

 

原麻衣子さんの道のりは、

きっと誰かの背中を押すはず。

さあ、ストーリーの幕を開けよう。

 
(取材・文/小川志津子)
 
 

 

image

 

 

②「楽しむ工夫」がハッピーの秘訣

 

麻衣子さんの、アルバイトのエピソードが痛快だ。

 

「引越し屋さんで働いてました。

 人と同じなのが嫌だったんですね。

 レストランとかファストフードとか

 どこかに行けば誰かがバイトしてるけど

 その二択しかないのってつまらなくないですか。

 

 引っ越しの仕事は登録制だったので

 最初は20人ぐらい同級生がいたんですけど

 次の日には3人になってて

 その次の日には私だけになってました(笑)」

 

 

バイト初日。

 

彼女はまだ仕事がわかっていない、背の低い、女子。

現場で女性のベテランに

 

「あなたはどう動いても邪魔になるから

 玄関でゴミ箱でも測っといて!」

と言われたのだという。

 

「その言葉に、カッチーン!と来ちゃって(笑)。

 絶対見返してやる!と思って

 その日から、私のすごろくが始まりました。

 誰にもバレずに、一人だけの世界で

 『バイトリーダーになる!』っていうすごろくが」

 

 

 

image

 

 

 

大きく動くと、悪目立ちしてしまう。

だから誰にもわからないくらいの小さな一歩を

着々と、重ねて行く日々。

 

 

「まずは名前を覚えてもらおう、と。

 それで、みんなに名前を覚えてもらえてる人はどんなことをしているのか、リサーチするんです。

 

 あーーなるほど、コーヒーをサッと持って行くのか。

 あの人は、微糖で、あの人はブラックで

 あの人はBOSSなんだなー……って」

 

 

 

高校バレー部でのマネージャー経験を大いに発揮。

 

「ひとつクリアしていくごとに

 『よし!』『よくやった自分!』って思いながら。

 そうすると、来るんですよね。その日が。

 『ムラカミー、こっちお願い!』って」

 

 

すごいなあ、と感服するばかりだ。


だって私なら「別に引っ越し屋になりたいわけじゃないし」って頑張ることをなまけてしまうと思う。

 

けれど彼女はいちいち、場所を変わるたびに

「ここでのゴールは何か」を探しまくる。

 

 



「その方が、楽しいから。それだけです。

 目指すところを決める。

    それをゲームにしちゃう。

 そう、ゲームの仕掛けを作ってる感じですね。

 

 できるだけ、小分けにするのがポイントです。

 目標に負け続けると

    モチベーションも落ちちゃうし。 


 でも、簡単すぎても面白くない。

 だから『難しいけど、頑張ればできるんじゃない?』ぐらいのサイズ感が目安です」

 

 

 

image

 

 

麻衣子さんは、自分を信じている。

とっさの時に「頑張ればできる!」って思ってる。

 

 

「そこが、すごろくのおかげなんですよね。

 頑張ればできてきた、その過程が

 目に見える形で、残っているわけだから。

 

 これまでの人生、だいたい私は

 厳しい選択肢を選んできたんですね。

 わざと遠くの塾に行ったり

 引っ越しのバイトを頑張ったり。

 

 そのぶん

『楽しく工夫する技術』が身についた。

 それが私の、生きる術だったんです」

 

 

image

 

 

 

その原点を尋ねると

幼い日のことを聞かせてくれた。

 

「小学生の頃、いじめがクラスを回った時期があって

 親友がいじめられたんですね。

 その時、何かがプチンと切れたんです。

 もう、みんなに合わせながら

 へらへらしながら暮らすのは嫌だ!って。

 二人だけの世界でいいや!って思ったんですよね」

 

 

もう、みんなを敵に回していい。

私は彼女が大好きで、一緒にいると楽しくて

それだけで十分じゃないか。

むしろ、それこそを今、謳歌しようじゃないか!

 

 

「この世界を楽しんだ方がいいんじゃない?

 二人で、めっちゃ楽しもうよ!っていうことになって。

 一緒に図書館で勉強したり、遊んだり。

 

 そしたら、周りが変わってきたんですよ。

 私たちなりの『楽しい』を貫いていたら、

 声をかけてくれる子たちが出てきて」

 



自分たちが楽しんでいれば


たった二人でも、世界を変えることができる。


 

 

「最終的には、みんなに頭を下げて謝られて

 親友には泣いて喜ばれて。

 もらった手紙が忘れられないです。

 『あの時、私をかばってくれたのがうれしかった』って……

 やばい、泣きそう(笑)」

 

だから、逆境を選び取ることが怖くないのだと

彼女はけろっと、言い切るのだ。

 

 

 

 
原麻衣子のライフストーリー第3話も楽しみにお待ちくださいね。
 

(取材・文/小川志津子さん)

 
 
 
◆雑誌の表紙にも掲載!
 
夢を引き寄せる!毎日の手帳タイムで仕事も家事もがはかどる!妄想すごろくノート術
 
 
 
妄想すごろくノートやすごろく手帳。ふせん術メインでインスタグラムに掲載しています^^
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

妄想すごろくノート術発案・女性起業支援コーチ原麻衣子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント