こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

最近体調を崩して以来、寝ても寝ても体から眠気が取れず…という

感じなのですが、何か身辺で変化がある時は寝ても寝ても眠いらしいと

マツモトに言われたのですが、いやとりあえず今はそういうんじゃない。

と思ったりしつつ、色々含めて平常時に戻りたいと思います。

 

私は歴史の中で初めて興味を持ったのは幕末で、次にフランス史だったり

するのですがその後、痛烈に(今から12年くらい前)戦国時代に

ハマりました。時代はちょうど戦国ブームとやらで私も例に漏れず

歴女と言われたりしました(実際そうでした)

 

しかしながら戦国にハマった時、今思えば不思議だったのが今より

SNSもそんなに発達していない時代であったのにも関わらず、

誰かしら周りにすごくくわしい人がいたのです。

それで、その人のブログやらを拝見しておすすめの本や資料を読んだり

関ヶ原にも何度も訪れました。するとそこからまたなんとなく知り合いが

できて、割と本格的な先生みたいな人がちらほらいた気がします。

(親位の年の方から私よりもずっと若い女の子もいましたが、皆そろって

知識がとんでもない)

 

その時分にすすめてもらった本は本当にどれも面白くて、私は石田三成が

好きで、その時代と界隈についてちょっと今では考えられない程に

読み漁りましたし熱心に勉強しました。

そうして分からない事があると、件の人々にたずねてみたりすると

皆そろって見てきた様に話してくれるのです。

 

完全に己の物にしていらっしゃる。

 

そういう人の話を伺うのは楽しかったし、数年前に佐和山の研究を

されている方の講義を聞く機会があり、立ち寄らせていただきましたが

やはり面白い。

人に物事をしゃべる事って難しくもあるかと思うのですが、そういう才能

みたいなものは純粋に憧れます。

 

石田三成関係の書籍は山程出ているのですが、はじめて読んだ

戦国の本で、もう何度も読み返した本を二つ紹介させていただき

おわりにさせていただきます。

 

📕「関ヶ原」 司馬遼太郎:著

 

 

三成の人となりが大変よくわかり、そして私は大好きになった

一冊。映画(岡田准一さん主演)にもなっていますが

是非本を読んでから見られる事をおすすめしたいです。

映画だけ見るとちょっと難しくてわかりにくいと

思うので(知ってる人前提で話が進む為)

それでも映画、最後を知っているけれどもやはり

涙なくしては見られませんでした。

 

 

📗「乱世光芒」 島津義忠:著

 

 

 

この本はちょっともう手に入りにくいと

思いますので、図書館でどうぞ!

(私は古本を探して手に入れました)

 

三成はこの時代(戦国)に刺す一筋の光芒である…という

すばらしいタイトル。

加藤清正、福島正則と仲がよいので私は嬉しかったです。

この本を最初図書館で借りて読んだ時に、あまりにも

内容がよくてどうしても手元に残しておきたくて

ノートに好きな箇所を書き写しました。

それくらい、好きな本です。

 

紹介させていただいたら久しぶりに読みたくなりました。

生きているうちにあとどれくらいの本が読めるのだろう、と

最近頓に思うのですが、芥川龍之介のように好きな本をとなりに

置いて天寿を全うしたいなと思ったりました。

 

 

おしまい

 

MUNIweb  https://www.muni-p.net/

こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

新型コロナウイルス問題が深刻になり、オリンピックを筆頭に

コミックマーケットや各種イベントやコンサートなど、様々な

行事が中止や延期となっております。

 

そんな中、少し体調を崩していたのですがこんな時期に風邪を

患っても、軽率に病院にかかれないという気持ちになってしまう

のは私だけではないかもしれません。

私もまだ全快には至りませんが、みなさまもどうぞ身近な体調不良

お気をつけください。

 

そして延期といえば、2020東京オリンピックの延期が決定致しました。

日本は昭和15年(1940年)に開催される筈であった札幌オリンピック

が中止(日中戦争の為)となり、開催権を返上したという過去がありました。

 

先日この時代のお話を読む機会がありまして、当時の事が大変

わかりやすく、そして身近に感じる事ができた本があったので

今日はその本のご紹介をさせていただきます。

 

松たか子さん主演で映画にもなっておりますので、多くの方は

ご存知かと思いますが、私は恥ずかしながら存じませんでした。

 

 

📕「小さいおうち」 著:中島京子

 

 

 

ふと本屋にでかけた時に目に止まった、きれいなオレンジ色の表紙。

そして帯に書かれていた「昭和モダン、戦争、ひそやかな愛の記憶」

このフレーズにやられました。

あまり本をカバー買いする事はないのですが、時代背景が好みで

あったこと、直木賞作品である事で購入を決めました。

 

私はこの時代(昭和初期〜戦後)を書いた小説や映画が好きなのですが、

今まで殆ど軍事関係のものばかりを見てきた為、

こういった我々国民が戦争というものに対して

どれだけ理解のない中(正しい知識)、戦火の渦中に巻き込まれて

いったのか…

という過程を記した話は初めてでした。

 

さて、内容は勿論さることながら諸所における文体の優しさや、

場面の光景が目の前に広がってくるような、鮮明なうつくしさが

きらきら光るガラス玉の様で本当に秀逸です。

時子奥様の上品でまだ娘の心を忘れていないような、そんな

浮世離れしているような愛らしさ、その奥様を中心として回っている

小さな家の家族とそれに伴うひとびと。女中のタキちゃん(時子奥様が

タキちゃんと呼ぶ、その親しみを込めた感じが凄く好きです)

の移り行く心と、時代背景が語彙力がなくて申し訳ありませんが

本当に、すばらしくて最後は涙を零しながら読了いたしました。

 

戦前、というともう食べ物や着るものがなくて貧しい時代であった。と

思う人も多くいるかと思います(私もそうでした)

しかし実際は、今とそこまでかわらない食べ物やくらしぶりをしていた

という事に驚きました(勿論家電などはありませんが)

華やかな銀座で洋食を食べ、洋風のお家に住みオリンピックを楽しみに

する国民のこころは、きっとそこまで大差なかったのでしょうね。

 

 

世界的なパンデミックで今、人々のこころは落ち着かずささくれて

います。嫌なニュースや聞きたくない、見たくない情報も多くあります。

その中でもわたしたちは生きているわけで、今できる事を精一杯

するよりも他はないかもしれませんが、必ずはじまりがある物は

終わりがあります。

目下、自分の体調管理をしっかりして少しでも穏やかに過ごせる

工夫をしていきたいです。

(風邪をひいている私が威張って言う事ではありませんが…)

 

おしまい

 

MUNIweb  https://www.muni-p.net/

こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

仕事とは別に、マツモト(社長)とごくたまにオリジナルグッズを

作ってminneCreemaといったハンドメイド雑貨の通販サイトで

販売しております。

ふたりとも物作りが好きなので、気が向いたときに増やしていっている

具合なのですが、最近は自分たちが使いたい為だけにクリアテープを

つくりました。

 

 

イタリアのムラーノ島をイメージして…

 

その他、よくつくる物の中にiPhoneケースがあります。

 

直感だけで作るので

 

 

こんなのや

 

 

こんなのとか

 

 

 

 

あります。

 

本人達も使っていました。

 

せっかくなのでアップルマーク🍎をモチーフにして

デザインするのが絶対条件です。

 

しかし、こんなふざけたものを買ってくださった方

ありがとうございます…

 

最後に、これは絶対売れる!と信じてなかなか全然

売れなかったものを置いて本日は終わりに致します。

 

 

 

マツモトも気合をいれて写真をとりました。

 

……

 

 

 

おしまい

 

MUNIweb https://www.muni-p.net/

こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

今日はすきな本の話その2。

明治とともに生き、殉死された「乃木希典」大将と

その盟友でもある「児玉源太郎」を書いた本

「斜陽に立つ」です。

 

 

私は乃木大将が好きなので、大将について書かれている

本が読みたくて探している時に出会った一冊です。

 

乃木大将といえば、日露戦争で奮闘した英雄として

知られておりますが(二百三高地では、仲代達矢さんが

演じておられましたね)

そんな乃木大将がどういう経緯で軍人になり、そして

児玉源太郎と関わっていくのか…という内容が書かれて

いる一冊で、とても読みやすく分かりやすい物語です。

 

陸軍大将といえば、勝手なイメージですが剣豪か屈強な

男という人物を想像しますが、乃木大将の幼少期は

どちらかといえば虚弱体質で泣き虫であったとあります。

両親ともに厳しく、さらに実母の過失により左目を負傷しておられます。

 

できるならば、乃木大将は軍人ではなく学者になりたかったらしい

のですが、時代と彼の生きる背景がそれを許さず結局

陸軍軍人でもある黒田清隆の後押しの元、陸軍に入隊。

そして22歳という若さで異例の少佐からスタートしたのでした。

 

陸軍はざっくり分けて、士官(将校)と下士官(一般の兵士)

で構成されているのですが、士官というのがいわゆるエリートで

戦争の時に指揮をとる司令官などがこれ。さらにこの士官の中で

「尉官(少尉、中尉、大尉)」

「佐官(少佐、中佐、大差)」

「将官(少将、中将、大将)」という3つに分けられます。

乃木大将はスタートが少佐なので、本来少尉がスタート地点となる中で

異例の事だったというのは火を見るより明らかだった訳です。

 

しかし逆に言うならば、それだけの若さで重役ポストに配置されて

しまっているので、やらないわけにはいかない。わけで…

縁故採用された大卒の子が突然課長になってしまった、

みたいな感じです(たぶん)

乃木大将は、己の運命をその中で受け入れ邁進していく訳ですが、

ここから乃木大将の波乱が幕を開けていきます。

 

ご本を読んでいただければ分かるので、これ以上の内容については割愛させて

いただきますが、明治という時代は自分がどれだけ望んでも思い通りに

ならなかった事があり、そしてそれを受け入れるしかなかった時代です。

逆に、令和の世は己が望めば努力次第で年を選ばず社長にだってなる

事ができます。

だからこそ何でも自由になれるから故に、行き場に迷走している人も

多くいるのではないでしょうか。

 

与えられた役目の中で精一杯命を燃やして、国のために尽力してきた

先人達のお陰で今私達は生かされているのだな、とふとそんな事を

思います。

明治天皇が崩御された後、文字通り共に散っていかれた乃木大将の

忠義を思うと、並々ならぬ思いが溢れてきます。

今の時代をもし生きておられたら、お好きな昆虫などの研究をして

二人の息子さんの成長を祝い、奥様と共に晩年をゆっくりとお過ごしに

なられたのかな、なんて思ったりしました。

 

おしまい

 

MUNIweb https://www.muni-p.net/

こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

デザイナーを志していなかったら恐らく社会科のなにかしらの道を

選んでいただろうというくらい、歴史が好きです。

その好きな歴史のはなし。

 

歴史と言っても多岐にわたりますが、高校生の頃は世界史が

好きでしたが、今ではめっきり日本史の方に興味が移行してしまいました。

元を正せば、中学一年の頃に岡田以蔵に興味を持ったことがきっかけでした。

 

そもそもなぜ岡田以蔵なのか。この時代だと新選組が好きという話は

よく聞きますが(新選組も好きです)よりによって人斬り以蔵!と母に

言われたものです。

正直、おそらく漫画か司馬遼太郎先生の「人斬り以蔵」だったのではと

思うのですが、正直久しぶりに本の表紙を見てもいまいちしっくりこない

ので完全に内容を忘れています。(この機会に再度読もうと思います)

 

 

しかしながら以蔵の何に惚れ込んだかというと、そこに己の意思なくして

いわゆるビジネスとして人斬りをしていたからかなと。

 

この幕末の時代、各々がそれぞれの天望であったり謀を思惑している中で

まったくもって、天晴なくらいに使われてそして死んでいった以蔵に

中学生の私は何故か心を揺さぶられたのだと思います。

後に新選組の事も調べ本も読みましたが、彼らの様な組織の中で

動いていた人間でもなく、坂本龍馬や勝海舟の様に時代の流れに与した

人間でもない、ただ天誅のみを生業として生き、そして二十八年という

生涯を閉じた岡田以蔵が、私の歴史人生のスタートだったわけです。

余談ですが幕末期には四大人斬りというものがいたそうな…

 

大河ドラマ「龍馬伝」の中では佐藤健さんが演じておられますが

とてもすばらしい以蔵で、龍馬伝という話もさることながら

今まで視聴した大河ドラマの中でおそらく一番好きな作品でした。

久々に見返したいものです。

 

おしまい

 

 

MUNIweb https://www.muni-p.net/

こんにちは、「MUNI」でグラフィックデザイナーをしているAちゃんです。

 

今日は本の話です。

私は趣味が読書なのですが、好きなジャンルがありまして

 

・歴史小説(戦国時代、幕末)

・昭和初期(戦前、戦後)

・明治(日露戦争前後)

・食の本

・純文学(谷崎潤一郎、江戸川乱歩、太宰治、三島由紀夫など)

 

なんかをよく読みます。

 

固くて古めかしい表現や、うつくしい日本語で綴られた本が

大好物なのですが、いかんせん身近に本好きが義父くらいしかいません。

元々すきな物を共有しようと思わない(共有する事も得意じゃないです)

のでそれは問題ないのですが、そんな中でも読んだ本の覚書として

ふたつご紹介させていただきます。

 

まずひとつめ。

 

📕「散歩のとき何か食べたくなって」 池波正太郎:著

 

 

鬼平犯科帳シリーズや、真田太平記でお馴染みの

池波先生のご本です。

池波先生は、美食家としても有名であられるので

先生が尋ねられた各所のお店のお話が綴られております。

 

滋賀県のお店も紹介されていて、それだけで

大変うれしい気持ちになりました。

なにより先生の「食物」を美味しくお書きになる、

その文体がとても好きなのです。

蕎麦、うなぎ、てんぷら、懐石、中華、どじょう…etc

さながら自分もそこへ足を運んで食べているかの

様な満足感があります。

先生の食へのこだわりと愛をしかと感じる事が

できる一冊です。

 

 

そしてふたつめ。

 

📗「食卓の情景」 池波正太郎:著

 

 

池波先生の食物本その二。

 

先程の「散歩〜」よりも分厚く、先生の子供時代の

思い出のどんど焼きや、お正月の話。またご家族の

話が「散歩〜」よりも色濃くあります。

 

私は子供の頃から「食べ物」を表現するという

事がとても好きで、それは絵でも文字でも良いのです。

幼稚園の頃に買ってもらったキンダーブックの「氷」や

「みかん」といったリアルに描かれた絵本を何度も

読み返していた事を今でも覚えていますし、

食玩と言われる蝋細工でできた食品サンプルも大好きです。

 

そんな中、文字で「おいしそう」と思った最初の記憶が

小学生の頃に読んだ「小説ドラゴンクエスト」だったと

思います。

「あつあつのパンに燻製の魚を挟んでむしゃぶりついた」

という表現がすごくおいしそうに思えて、燻製の意味が

わからなかったのにも関わらず、何度もそこを繰り返し

読んでは「あつあつのパンにはさんだ何かおいしそ〜〜」って

思っていました。笑

 

そんなわけで食べ物を書いた本が今も昔も大好きです。

 

その中でも池波先生のこの二冊は、小学生の時のあの

記憶がふつふつと湧き上がってくるのです。

戦前、戦後の昭和という時代の中で変化していくもの、

かわらないものの中で人間の「生」に欠かせない「食べる」

という行為をなんとも見事に書き記されていて、

「おいしそう!」という、純粋な気持ちが脳に直結する

とにもかくにもたまらない…ご本でした。

 

 

おしまい

 

MUNIweb https://muni-p.net/

はじめまして、Aちゃんと申します。

 

会社で10年くらい使ってたブログがおかしくなったので

マツモト(社長)に「自分でブログ作ったら」と言われた為

社内ブログを見限ってこの度個人ブログを開設する事になりました。

 

 

Aちゃんは滋賀でデザイン会社「MUNI」にて10年くらい

グラフィックデザイナーをしております。

MUNIはマツモト(左のツリ目)とAちゃんの二人会社です。

 

 

二人でおもしろおかしく日々仕事をしています。

 

このAちゃん日記は、そんな悲喜交交の仕事や読書(趣味)や

山(趣味)、歴史(趣味)や日々のくらしの事をなんとなく

書いて行こうかと思っています。

 

 

 

よろしくどうぞ!

 

 

おしまい

 

MUNIweb https://muni-p.net/