昨日の晩ご飯はいただいた美味しそうなハムなどでワインを飲もう!
と思って
久しぶりに田舎パンを焼いて、
カラフルに野菜果物を用意しました。

夕食のために食事用田舎パンを焼きました。
早速試食しました〜
外はカリカリ
中はふわふわモチモチの美味しいパンが焼き上がりました。
蜂蜜つけて食べたら美味しかった〜



残るだろうけれどサラダ2種類、
大根白菜人参がひとつと、
キャベツとセロリと人参とパセリがふたつ目〜
デザート用に、
パイナップルの缶詰に林檎とデコポン蜜柑の
果物ミックス〜
この頃お気に入りの赤いベトラーブ(ビーツ)も一緒に食べました〜
ドレッシンングが嫌な家族なので、
塩胡椒とオリーブオイルとマヨネーズを私だけ〜
やっぱり家で焼いたパンは美味しい!
このところ怠けていたけれど、
これから1〜2日おきに田舎パンを
焼くこと(つもり)を決心しました。

とても美味しいハムです!
一枚が大きいし〜
パテ(?)も美味しいです。
ソーセージは次回に食べることにします。
昨日はフルゴのマグナムを3人で半分飲みました〜
続きは日曜日の晩ご飯で飲みます。
焼いたパンは1/3が残りました〜

次の朝ご飯はこのパンを食べます。






いただいた手紙❸
大群におけるジオノがせんそうの愚かさを
無言のうちに語っていることに気付きました。
昨日のお昼ご飯はラーメン〜
鍋焼きうどんとラーメンどっちがいいかな?
と相談したら、
ラーメンがいい!と言う人が多くて、
ラーメンに決定しました。

ネギとキノコとほうれん草も出したけれど却下されました。
白菜が多いからベーコンとでじゅうぶんだそうでした。
いつものように
2人はマルタイ長崎、
私はマルちゃん醤油です〜

毎土曜日のように
YOUを3人で見ながら
ふーふー熱いラーメンを食べてハッピー!

あとは一人で緑茶飲みながら
日本に来たい人応援団の番組を
ボーッと見ていました〜







いただいたお手紙❷
せん場の生々しい描写が随所に語られていますが、
そうした場を連続して書くことはせず、
また舌鋒鋭くはんせんの叫びをすることも無く、
農村の女性や老人といった人たちの生活や、
動物たちの行動が平時とあまり変わらない状態で綴られていることに、
この作品の妙であることを感じながら、
読み終えました。

ありがとうございます〜
今日の朝はご飯が1人分しかなかったので、
朝ご飯は夫が一人で卵かけご飯を食べました〜
なにぶん早朝4時から机の前に居るので!
私と息子は林檎とバナナでいいと思ったけれど、
料理に使ったあとの食パンが2/3枚あったので、
それを半分こピザ用チーズを乗せて焼きました。
小さな缶詰のみつ豆を開けて、
林檎とバナナを入れて食べました〜

熱い緑茶を飲みながらチョコレートを摘んで
朝ドラ1週間分見てたら、


荷物が届きました。
御代田町の美味しい肉屋さんの
ハムやソーセージの詰め合わせが
入っていました〜
本当にとても美味しそうです!!!!!
今夜早速ワインでいただきましょう〜


いつものように優しいお手紙が入っていました。


手紙
❶拝読する前は作者ジオノの反戦の叫びが色濃く綴られているものとばかり思い読み出しました。しかし頁を捲っていく程に私のそうした予想とは違うことに気付きました。

昨日の午後勉強会を終えた後
温泉に行ってゆっくり浸かってきました。


帰ってから夫が今夜は禁酒すると言うので、
アルコールを誘わなくて、
このところ茶色い食事が続いたので
少し明るいものを並べたい〜

一度ポテトサラダが食べたいなあ!

おでんのジャガイモが3個残っていたので、
温めて潰してポテトサラダを作りました。
茹で卵とみかんの缶詰とほうれん草と人参とカニカマをマヨネーズと和芥子と混ぜました。
これならアルコールを誘わなくてよいかと、
冷凍のアジフライをフライパンで焼いて、
若い人には鶏手羽元の唐揚げとソーセージの残りを出して、
自分のためには塩茹ビーツを切りました。

私の好きなこういうおかずは
昨日も寒かったのでストーブの前に陣取って、
プレミアムカフェをのんびりと見ていました。

お昼がきたけれどおでんの後は楽で便利です。

昨日のお昼ご飯ももう一度おでんの残りと
作り置きおかずでご飯〜
緑色にほうれん草の塩昆布と胡麻和えを
一品追加しました。
赤いビーツも出しました。




午後のコーヒータイム〜
チョコレートがどんどん減ります。
食べる人はほぼ1人!
チョコレートとコーヒーは合いますね〜




ジャンジオノの作品です。
昨日の朝ご飯はおでんの残りと作り置きいろいろ〜

昨日も寒い日で、
おでんを夫が温めてくれてる間に
牛蒡や山椒ちりめんや鶏肝を温めて出して、
熱いお茶を淹れました。
なんだか茶色い食卓です〜
春になってきたから明るい食卓も考えなくちゃ〜




林檎を食べてからコーヒーを淹れて、
チョコレートを摘みながら、
BS3でパリの蜜蜂や蜂蜜の番組を楽しく見ました。
チョコレートとコーヒーは美味しくて
ついつい手が伸びてたくさん食べてしまいました〜





大群がたくさんの人に読まれますように!
表紙のフレスコ画のエリザベートさんも大変喜んでくれています。
昨日2月25日は義父と夫の親友の命日でした。
義父が亡くなったのは2004年だったから、
もう17年にもなります。
昨日は2人に温泉に行ってもらって、
私は残って家でおでんを作りました〜

お仏壇におでん一皿とビールを供えて、
3人で義父の思い出話をたくさんたくさんしました〜
二男も13歳になっていたので、
たくさん覚えていることがあって
3人で共有できる思い出が残っていたのでよかったです。
あれから17年いろいろな事がありました。
20年も経てば自分の番が来るのですね〜






命を生きることをつくづく考えさせる
ジャンジオノ作品です。

無人島に持っていくなら何?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

何かなあ?
楽器がひとつ,ハーモニカか縦笛かなあ?と楽譜と、

紙と鉛筆と、
絵が描けるクレヨンか色鉛筆〜

これだけあれば退屈しないかな?

新聞読んでる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


この頃は全国紙はとってなくて読んでいません!
この街近辺の情報紙である
市民タイムスが唯一の読む新聞紙です。
(これは利を感謝して)
あとはインターネットでの情報です。

家族3人それぞれの得たニュースを報告し合って
お終いです。

特別大きなニュース以外は余計な情報を知らない方が精神がクリーンでいられます。







いつものように木曜日のお昼ご飯は
おじさんの手打ち蕎麦でざる蕎麦です。
昨日はもう山葵が無くなってしまったので、
薬味はネギと刻み海苔だけ〜
長芋は省略しました。
お寿司に使うつもりだった焼き穴子が、
忘れられてオーブントースターの中から
カリカリに乾いて出てきました〜



昨日は寒くて家でじっとしてただけで、
眠くなりそうだったので、
コーヒーを淹れてコーヒータイム!

メリーのチョコレートの箱を開けました〜





大群を何度も繰り返し読みながら、
苦しくて辛いから
逃げ出したくなるような場面も、
詩のような形で書き残す
ジャンジオノの作家としての使命だったのでしょう!
息子を亡くして嘆き悲しむ女たち、
残されて胸の張り裂けそうな女たちの
辛い日々の歴史を思いました。
この本を残すことは
子供を亡くした私たちの使命でもありました。