おひさまひろば
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

はじめての白糠ロードレース大会

先日、はじめて白糠ロードレース大会に出てきました。

この大会は道内で開催されるマラソン大会としては

春先最も早い時期であることで知られています。

ご近所の町でありながら今まで参加したことがなく、

今回初めて参戦しました。

 

(伝統と手作り感ある佇まいです)

 

白糠町は道内あちこちにあった炭鉱で栄えた町ですが、

現在は漁業と農業の加工品、それを生かした「ふるさと納税」で

つとに有名です。

それ以上に掘削の専門学校を作ったり、

子育て支援やスポーツ振興のための指導者の招聘などで

成果を上げている、そのお金の使い方にとても感心していました。

 

さて、今回の大会は体育館の改修工事のため

例年より2週間遅れた、とのことでした。

その改修された、という体育館はとてもきれいで

(新築したわけじゃないのがいい)

同じく改修された外のトラックも柔らかい外周コースまであり

気持ちのいいところでした。

 

(きれいな体育館ですが、築40年以上経っているそうです。

 話をされているは白糠町出身で帝京大学監督の中野孝行さんです。

 今年も箱根を走った同大の小野さんとともにゲストとして参加していました)

 

この大会の過去の記録をたまたま見たとき、

平均してタイムが速い、と思いました。

春先で最長10km。

この時期なので冬に練習していない人は参加しないでしょうし、

10kmで完走が目標、などという人は恐らくいない、(タイムなど具体的な目標がある)

ということでレベルが全体に高いのではないかと想像されました。

 

スタートは適当に中盤に並んで、きっとゆっくり始まるだろう、

と思いきや、参加者がやや少ない(400人強)ためか、

レース開始からまるで後ろから押されるように

飛び出す羽目になりました。

1kmのタイムが想定より1分近く速くなり、まずい、と思いつつも

そのまま押し出されるように進みます。

 

コースはほぼ平坦でありながら

2-3kmと折り返した7-8kmあたりに

うねうねとしたアップダウンがあり

折り返しも2か所存在します。

気温10度以下、霧雨ながら風は弱く、

意外とそのまま順調に進んでいき、

自己記録を更新しました! (大した記録ではないけど)

 

(安全ピンは自前で用意するように勧められていて、持っていきました。

 どの大会もこれでいいように思うのですが)

 

冬場に少し運動していたこともありますが、

やっぱり気温が低いことが一番の理由かな?

湿原マラソンもかつてのように涼しくなんないだろうか…

 

アントシアニン

先日、私のブログを読んでくださっている、という母親から

教えていただきました。

4/5のチューリップの葉が赤みを帯びているのが

面白く感じる、と書いたことについて

この正体が「アントシアニン」だというのです。

 

植物はその場所から動くことはできないので

自然環境に適応する必要があり、そのために植物が産生する物質を

二次代謝物といいます。アントシアニンはそのひとつです。

 

アントシアニンには紫外線を吸収する役割があります。

紫外線は植物の遺伝子を傷つける可能性があるため

植物はアントシアニンを産生して自分を守るのではないかと言われています。

**秋に見られる紅葉もアントシアニンによるものだそうですが、

 役割は異なるようです。

 

チューリップに限らず、芽や葉が萌え出ずるときに見られる赤い色には

そのような意味があることを初めて知りました。

また色素は紅葉のそれと同じ、というのも面白く感じました。

 

**妻から「ヒトにも日焼けから守る物質が出てほしい」と言われましたが、

 あるのかな??

 

 

今年も青く

今年も 4/2 世界自閉症啓発デーにあわせて

クリニックを Blue Light Up しています。

 

(簡単な仕掛けでお金もかかっていないです 誰でもできる!)

 

毎年ライトアップに参加していますが、

これが何につながっているのかは、正直に言うとわかりません。

自閉症を含む発達障害に対する理解を広める、ということなのですが、

広がっているかどうかは確かめようがありません。

ただ、毎年これに参加して、自分自身の理解を振り返る機会にはなっています。

 

今年思うのは、理解、というより、受け入れる

自閉症について理解できないことも当然多いのですが、

理解できなくても受け入れることはできる(かもしれない)

逆に彼らから自分は受け入れられているか

 

不登校もそうかもしれないけど、

育児で困っている人もそうかもしれないけど、

誰かが作った居場所の中におさまらないとき

理解はできないかもしれないけど welcome な一時避難所、

あまやどり程度かもしれないけど

この青い場所がそういう存在であれたら、と思うひと時です。

 

 

春らしくなってきました

年度末によくある低気圧による大雪が

今年は(今のところ?)みられないためか

駐車場の雪山が例年になく早くに小さくなってきて

そろそろ消滅しそうです

 

(例年よりかなり早い)

 

花壇のチューリップは、いつも通り出てきました。

チューリップの葉は緑色ですが、

土から出てくるときに一部が赤く染まって見えます。

他の植物でも土から出てくるときに

赤っぽい部分を見つけることがありますが、

こういう赤い色がいつも面白く感じます。

 

(写真ではうまく伝わらないのですが、ちょっと赤っぽいのが生命力を感じるのです)

 

柚子もつぼみから花へといつの間にか進んでいました。

 

(いつが旬なのかよくわかってないけど ^ ^;; )

 

また寒の戻りはあるでしょうが、

いつもよりは早い春の訪れです。

 

氷解け?

先日、別保-武佐間の道を通りかかり、

橋の下の川を眺めました。

これは武佐川で、冬の間は完全に凍っているのですが、

やはり春が近づいて、ゆるやかに流れていました。

 

(流れは緩やか 写真ではわかりにくいですが、上方向から下方向に流れています)

 

ここは私が勝手にミニ湿原と呼んでいるところで

単なる草地のように見えて実際は湿地帯です。

最近は乾燥が進んでいると思われますが、

今の雪解けならぬ氷解け?でおそらくぬかるんでいることでしょう

(実際に入るのは危険すぎるので入ったことはありません)

 

(上から見るとあちこちに水の通り道があります)

 

いつもの年なら彼岸のころに猛吹雪がこの地方を襲いますが、

今年は暴風雨のみで雪はありませんでした。

このまま降らずにに終わってほしいところです。

 

(武佐の森方向。雪解けはもうあとわずか 追加の雪は降ってほしくない・・)

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>