サッカーの面白さに、ちょっと気付いたかも。

それって苦しいから、嬉しい…みたいな。
 

今朝4時に起き、ワールドカップ:日本vsスペイン戦を見てました。

相手は超強豪国、スペイン。
 

前半からめちゃくちゃ責められ、そして一点決められ、もうこれどうやって勝つんだ?勝つ手段なんかあるのか?と、本気で思った。
 

で、後半の開始早々、堂安選手のダイナミックなミドルシュートが鮮やかに決まり、信じられないほど嬉しかった。

気持ちも昂った。
 

そしてその数分後、なんと!劇的な勝ち越しゴール。

VAR判定の決死のゴールだったんだけど、VAR 判定の間、テレビ映像のスロー再生を見てたら、((こりゃ、完全に出てるわ…))と思った。
 

そしたらなんと!!主審のゴールのジェスチャー!
 

VAR判定で、ほんの数ミリ引っ掛かってる感じでした。

いや、もうそのVARのチェックの間、出てるわ・・と諦めて待ってただけに、信じられなかったというか、飛び上がるほど嬉しかった。
 

※きっと神風、吹いたんでしょうね!
 

で、試合は進み、もしかしたら、このまま2-1で勝てるんじゃないか。

勝たなくても、引き上げでも決勝トーナメント行けそうだし…、とそんな期待も湧いてた。
 

そしたらなんと!この試合の裏でやっているドイツvsコスタリカ戦で、ドイツが2点リード、と報道が入る。
 

で、もし日本がスペイン相手に引き分けに追いつかれてしまったら、日本はこれで終了し、ドイツ/スペインが決勝トーナメントに進む流れに急展開。
 

ドイツは2点リードで、おそらくもう、勝利は確定的。

ゆえに日本は2対1で、現在スペインにリードはしているものの、スペインに1本決められ、同点に追いつかれてしまったら、もう一貫の終わり。
 

アディショナルタイムの7分が、めちゃくちゃ長く感じられたし、

残り2分、残り1分…の間も、ボールはスペインが保持したまま、攻め込んで来る。
 

そしてなんといっても、僕らは[ドーハの悲劇]の世代。

なので結局はまた強豪国スペインがギリギリのところで同点ゴールを決め、日本はまたしても悲劇に沈み、やはり世界の壁は厚かった…みたいな展開が湧いてたし、もう頭の中はそれでいっぱいだった。(失礼ながら)
 

で、((なんとか逃げ切れないか…))と、祈るような気持ちでドキドキ祈ってたし、心臓もめちゃくちゃ昂ってた。
 

で、そんな状況で時間は経過し、試合終了のホイッスルと共に、選手らがピッチになだれ込み、僕もTVを見ながら号泣。

そしてそのドキドキ感からも解放されました。
 

なんというか、それまで苦しくて耐えた分、よけいに涙が溢れてきたというか、一点決められたら、もう一貫の終わり、ひっくり返る。

しかもそれが、ほんの数秒で…。

そんな状況が、かえって逆に喜びを与えてくれたような気さえしました。
 

そんなスポーツって、他にあるのかな?と。

野球だって、だいたいな流れみたいなものがあるし、バスケだってバレーだって、1点差ゲームならまだしも、そんな急に全てが決まる、展開するってスポーツ、なかなかない気もします。
 

で、そんな諸々に、すべて感動…。

サッカーって点が入らない分、それが醍醐味というか、その1点の破壊力がデカすぎるというか、そーゆうのがセットになってるんだな、と。

初戦のドイツ戦でも、似たような悦びを感じました。
 

また1つ、サッカーの魅力にとらわれました。

今朝は朝から気持ちは昂り、号泣でした!(笑
 

日本代表、おめでとうございます。

 


 

ハイライト動画は、こちらから。
◆amebaTV

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ ネットに弱い経営者さん、必見 → ミドルエイジのための 起業/経営サポート 
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

yahooニュースで見掛けた記事が、衝撃的でした!(笑

◆「日本を舐めてるよね」スペイン紙の先発予想に笑撃

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c516df0898922770e0db54326e7cdfb10227dc1



サッカーファンならお気付きかと思いますが、スペイン紙が報じた上の写真
①冨安選手の所が、吉田麻也選手の写真
②そして吉田麻也選手のところに、相手GKのノイヤー選手の写真
③さらに極めつけが、遠藤選手が、昔の日本代表:遠藤保仁選手になってる…。

で、いや、これ、おもしろすぎ。スペイン(日本と同じ予選グループ)、日本舐めてるよね…と話題&大爆笑になってるのですが、秀逸だったのが、そこに寄せられたコメント。

「よいも悪いもではなく、スペインって結構ルーズ、ノホホンとした国民性ですよ。
紙媒体、ニュース映像、報道…けっこう間違いがあります。
でもあまりそれに対して突っついたり、攻撃したりもしません。
昼の3時を過ぎたらこぞって仕事を終えてバルで飲み食いすることなんて日常です。
でも、それなりの結果をきちんと出す国です」・・・と。

なるほどな~と感じました。
国民性の違いというか、スペインと言えば、シエスタ(お昼寝文化)の地。
きっと?夜の睡眠時間も、長い??ことなのでしょう。

お昼寝の気持ちよさと言うか、寝ることを楽しんでるようなイメージもしますよね。
それに対して、日本人の平均睡眠時間って、世界でも最短みたいですね。

日本人って勤勉なイメージもあるのですが、片や一方で眠気を抱えながら、ダラダラ長時間頑張ってても、ダメだな、負けるな…と、なんとなくも感じました。

きちんと寝つつも、でも、それなりの結果をきちんと出す国。
我らも、そんなイメージを持ちたいものですよね。

話は変わりますが、これからの日本戦、とっても楽しみですね!
息子いわく「かなり強い・・・」と言ってますが、親子そろって楽しむようにします。

しっかり応援します。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

 

ちょっと前、友人に誘われ、ビジネス説明会に行ってきた。

 

そもそもそんな興味はなかったんだけど、友人とは久しぶりの再会だし(コロナ以来)、まあなにかの刺激も得られるかな・・とも思って、参加した。

 

で、着いて知ったが、扱う商品は、主に女性用の補正下着の販売(^_^;

履くだけで元気になる特殊な布を使った靴下や、男性用の物、包まれるだけで関節(肩など)が柔らかくなるタオルなどもあった。

経営者風の男性も、多く参加されていた。

 

で、僕らはその商品を売って、その利益の何%を得られる訳なんだけど…。

 

2時間の説明会。

熱血な感じの登壇者もいたし、ギラギラした感じの方、話がおもしろい方もいた。

お付き合いで来た訳だし、((久しぶりだな、こーゆうの))と、不快な感じはしなかった。

 

そして会の帰り際、ある方から「けんさん、美容院やってる訳なんだし、女性多いから絶対売れますよ!!探してる方は絶対いるし、店の売上げも必ず上がる!」と、念を押された。

 

そして僕も「いや~、そうですかね、はは…(笑」と愛想を振りまいて返事はしたものの、そこだけは同意できないかな。

 

もちろん他人がどんなビジネスをやろうが、どんなビジネスが好きか?は自由。

 

でも、うちのお店の売上げは、必ず上がるのか?

 

今まで、うちのお店を好んでくれて長年通って下さってるお客さまに、いきなり僕が「補正下着、いかかですか!!〇十万です!」って勧めても嫌がられるだけ。

そして足も遠のき、失客率は増し、結果、店の売上げは下がっていくだけ。

みなさんも美容室なんかで無理に商品かなにかを勧められ、結果、足が遠のいてしまわれたご経験もあるのではないでしょうか。

 

もちろん補正下着や、特殊な健康靴下を探していらっしゃる方もいらっしゃるのは事実。

でもそれは、それ専門の専門店に行けばいい話だし、ここは美容室な訳なんだから、補正下着や健康グッズに興味もなにも感じない僕がやる必要もない。

 

また「美容院だから女性が多いし」ってのも、まるでうちのお客さまを、駒の1つとしか見てない感じの言い方だったし、なんかうちのお客さま、そしてうちの商売をなめてるな、と悲しくなった。

こーゆう、人(=長年通って下さってるお客さま)を商売の対象として見る見方&販促方法、昔っから、雇われ時代から大っ嫌いなのです。

 

そして「必ず売上げは上がります!!」って、あなた方の本部、もしくは幹部のあなたの売上げ?…とも内心思った。

 

僕は自分で作ったもの(髪型、WordPress、動画など)を買ってもらうタイプ。

それを売り、そしてそれで喜んでもらうタイプなのです。

営業なんかはできないな~と思いながら、帰ってきた会でした。

※注)このビジネスがどうこうって訳でなく、僕には全く不向きだったな~って話。

 

みなさんにも好き/嫌い、向き/不向きってありますよね。

その会が向いている方は、トップセールスでバリバリ収益を上げてる様子でした。

 

向き/不向きって、人それぞれ。

合った職業を行うことが、なによりもな成果への近道にもなりますよね。

 

短期間で出来ちゃうことや、スルっと成果が表れちゃうもの、見つけましょうね。

 

誘ってくれた友人はとても綺麗でスラっとしていて、物腰も柔らかく、行けそうな感じかも(?)知れない・・・。

お誘い、ありがとう。

 

 

ま、お互い、がんばりましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

お店の看板の裏に、ハチの巣ができていました。

 

やたらここ最近、ハチが多いなとも思ってたのですが、まさか…って感じでした。

それもかなり大きなもの。
 

見つけた時は、なんと、あしながバチが20匹ほどはいた。
 

で、どーしようかと。

スズメバチではないものの、大きなハチを大量に目にするって焦りますよね。
 

で、親父に相談したところ、「夜になったら、ハチ用の殺虫剤をシューーーっと撒けば大丈夫だ」と。
 

なんでもハチは夜になると目が見えなくなり、襲って来ないそう。

また万が一に備え、「厚手のものを着てやれ」と。

そして「はしごからも落ちるなよ」と。
 

で、昨日の晩、敢行。

 

ハチの巣用の殺虫剤を買ってきて、

厚手のフリースを着て、その上にダウンジャケットを着用。

もこもこなので、きっと針は貫通しないだろう、と。

顔も目以外は、タオルを巻いてカバー。

 

※ハチの巣用の殺虫剤、めちゃめちゃ効きました。
ハチの巣用だと、近づくと危ないので、4,5m離れた所から噴霧できるよう、パワーがすごいみたいです。

 

夜9時頃でしたが、そーーっと巣に近づき、一気に噴射。

その間20秒くらいでしたが、ハチはまったく襲って来ず、まずは一安心。

 

 

そして終わってみたら、なんと!驚きの50匹程度は落ちていました。
 

 

そのものすごい光景を見て、なんとも気の毒な気にもなりましたが、ただ、まずは一安心。

 

また、巣の形状からして、スズメバチなら業者に頼まないといけないけど、あしながならなんとかなるぞ、との親父から太鼓判を押されてやってみました。

 

もちろん不安でしたが、やはり先行く人の助言って、力になりますね。

 

今回は、たまたまうまく駆除できたのかも知れないのですが、その一言、とてもありがたかったです!

僕ももっと自分の経験談、世代を越えて伝えなきゃですね(笑

ただ、ハチには十分用心しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

お店をやっていると、お客さまから「相原さん、勇気あるね。自分でやるなんて」と時々言われます。

で、勇気あるね!と言われると、つい嬉しくも感じつつ、でも勇気とはまたちょっと違うかも…?と感じたことを、書いてみようと思います。

先日、女性のお客さま(保育士さん)と施術中に話していた時のこと。
その方も雇われの保育園を辞め、自分で保育をやってみたい、と。
「私も相原さんみたいに思うがまま、自分で自由に始めてみたい…」と仰ってました。

で、僕も「いいじゃないですか^^」と相づちを打ちながらも、
「でも、それをやるには場所代=毎月家賃45万円を払い続けていく勇気がない。旦那に相談しても話しにならない。なので結果、いつもそこでその計画がポシャっちゃう…」と仰ってました。

そんな話を聞きながらも、((いや、毎月45万って、それ勇気じゃないような気も…))と思う僕。

なので「45万毎月支払い続けるって、そりゃ誰だって勇気いるし、勇気と言うか僕だって怖いし、そりゃ計画ポシャっちゃうよ…」みたいな話をして、
「まずは小さく、何か始められてもいいんじゃないですか??様子見る感じで…」みたいな話の流れになりました。

そして話も飛びますが、僕がお店を始めた時、ある日突然、((えっ!?この方法なら、できるかも?!))とひらめいた事がきっかけでした。

それまでも2,3年間、そろそろ自分でやる時期かな?とも思ってはいたが、なんせ借金する度胸というか、勇気がない。

でもある日、これなら自分でできるかも!!とふわっと湧いてきて、
そしてよくよく考えたら、いや、これなら絶対できるわ!となにか嬉しくなっちゃって、そして勤めていたお店も辞め、結果4ヵ月後にはお店がオープンしていました。
◆実家の倉庫部分を使ったDIY=手作りのお店です。
https://youtu.be/MieX3DqliNw

まあ不思議といえば不思議なんですが、でもその間うれしくて、まあもちろん多少の勇気は要ったのかも知れないのですが、あまり勇気って要らなかった感じでした。

勇気って、実はもっとハードルが低いものも勇気なのかも、と。

映画やドラマの影響かも知れないのですが、勇気って何かもっとこう何と言うか激しい困難に立ち向かう?我慢して困難に立ち向かい、結果、それに打ち勝っていくようなものが勇気&勇気ある人のイメージでした。

もちろんそれも勇気だけど(しかも立派な)、でもやっぱり実生活での勇気って、あまりにも無謀な勇気は大変そうだし、勇気だけで突っ走るのもやっぱり怖い。

なので勇気って、はじめはもっと小さな勇気から育てていくもの、なんだそうです。

やはりいくら勇気っていうのも、命あってのものですからね (^_^;
※家賃:毎月45万円って、怖すぎます…。

なかなか勇気ってものに答えも出ませんが、改めてもう少し考えてみます。

みなさんは勇気、お持ちですか?
 

僕は、ない方かな、と思います(笑

 



気持ちのいい季節になってきましたね。

・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

先月初めころ(8月上旬)、うちのお店のGoogleサイトの口コミ覧に苦情?とも言える投稿を見つけた。
 

匿名の方から「初めての客には無言の店主。もう行かない」と。
 

で、そのまま無返信も嫌だったし、ネットに晒され続ける=なんか防御をせねば…とも思って、「○○さま、ご満足頂けず、申し訳ありませんでした。基本口数が少ないタイプなもので、大変失礼いたしました…」みたいな文章を打った。

※注)遠回しに、うちのお店はガンガン喋ってくる美容室ではないですよ~。口数も少なく、控えめで居心地も良く、聞き役タイプに回る美容院ですよ~、みたいなことを謝りながらも精いっぱいに表現したつもり。
その方に向けてではなく、サイトの口コミを見られた方へ。
 

で、その後も、そして今も気になってる。
 

本心を言えば、((いや、俺にそれ求められても…))みたいな気持ちだったし、もちろん僕としても無下に担当した気持ちはなかった。

それに初回のお客様とだって、楽しく会話が弾む場合もあるし、ご常連のお客さまとだって長年会話を楽しめている。
 

でも、そのお客様が不快を感じられたことは、事実。
 

それに昔っから「あんた、もっと喋りなさいよ!!もう!ほんとダメね…」と散々上司に言われてきたし、それに自分もコンプレックスがあったから、余計に響いた。

で、今見たら、そのクレームごと消されていた訳なんだけど。
 

まあ、ありますよね。

こーゆうこと、こんな苦情やクレームって。
 

もともとは、ちょっとお客さまを増やそうかなと思って、地域誌に折り込みチラシを入れたことから、始まった出来事。
 

そしてもちろん「静かで落ち着く」「カットが上手、丁寧」「貸し切りなんて、すごく贅沢。またお願いするわ」とお喜びの声も頂戴するし、ほんとうに再度利用して頂ける方も大勢みえ、実際に売上げは上がり、そして収益にも繋がってる。
 

なのでゼロリスク(リスクは全くなし)なんて、あり得ない話なんだな、と。
 

ハイリスク/ハイリターンではないが、リスクを過度に怖れ、それ故に大きなリスクにむかっていくことだけはお店として避けねば、とも思った。
 

もちろん苦情/クレームは避けなきゃいけないし、日々プロ意識も忘れてはならない。
 

でもまあ、こんなものかな?とも一方では思った。

実際の話は。
 

誰だって、欠けた所や至らない箇所だってあるし。

ただ、ある意味ほんとのこと?でもある気もするので、いくつになってもやはり精進し続ける気持ちは大事ですね!
ピリッと来ましたし、少しシャキっとしました。

 

ま、でも欠けてる所もあれば良い所もあるし、「リップルさん、喋んなくてもいいから楽~♪(=ようは対応しなくていい、お客さまが)って方も結構いらっしゃいますし、まったく喋らない訳でもない。

ようは魚が飛べない&走れないように、万能ってないのかも知れないですね!(笑

 

そんな感じで、お店を続けて来ています。



今日は連休、最終日。

少しお店は静かですが、みなさまもどうぞ素敵な週末をお過ごしください。

そしていつもご来店くださり、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

昨日は早めに閉店させてもらい、サッカー観戦に出掛けてきました。

◆名古屋グランパス vs 川崎フロンターレ戦

https://nagoya-grampus.jp/.../2022/0914/report__22vs.html

 

 

 


 

ちょうど昨日はお店を始めた記念日(1996年9月14日)ということもあり、少し早めにスタジアムに着き、サッカー好き仲間を待つ間に、ひとりでしみじみ腹ごしらえ。

 

 


 

芝生の上に座り、心地よい風に吹かれながら、夕暮れ時の景色を見る時間は最高のひとときでした。
 

そして、がむしゃらに上ばかり、成長や向上することを目指してやってきたけど、なんかこーゆう時間、忘れていたな…とも思いました。
 

いや、あなた、けっこう取ってるでしょ!って言われそうですが、まだまだこれからもバランス良く、楽しんでいきたいと思います。
 

試合の方は1対1のタイスコアで、引き分けに終わりました。
 

リーグ優勝を狙うお相手:川崎フロンターレさんにとっては、やや悔しさも残るような展開でしたが、中2日の過密スケジュールの中での選手たちの懸命なプレーは、感慨深いものがありました。

 

 

 

※簡単な編集動画:注)音が出ます。

 

また、サッカー仲間とも観戦&お喋りでき、とても楽しいものになりました。

 

26年目も良き記念日になりました。
みなさま、本当にありがとうございました。

 

名古屋グランパスエイト:公式HP

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

昨日のお休みに映画:ワンピースを見てきました。
 

きっかけは夏休みに息子が見に行き、「すごくよかった!!おとうさんも一人で、絶対に見にいった方がいいよ!」と興奮して薦めてくれたこと。
 

で、内心((いや、もうおっさんだし、それにおっさん一人でワンピース見に行くって…))と。

しかも映画館だと時間(往復の)も掛かるし、行ってみて、((ま、○○かな…))と思って帰ってきたら、時間もお金もムダだしって内心思ってた。
 

が、やっぱり息子にそこまで薦められたら、父として行かない訳にはいかないですよね!
 

で、結果、行ってきましたが、もの凄く感動!!

 


いや~、もう映画の中に魅了され、歌(UTA)やワンピースの世界観にどっぷりはまりました~。
 

今回のはいつものワンピースとは一味違い、ミュージックビデオとワンピースが融合されてる感じ。
 

歌を担当してたAdoさんも魅力的だったし、いつものワンピースの展開やストーリー、登場人物にも興奮&ホロっと泣かされました。
 

音楽も含め、もうこーゆうの、俺には関係ないな、55(歳)だし…って内心思ってましたが、やはり、良いものは良いですね!!
 

世代を越えて楽しめるものに感動して帰ってきましたし、老いては子に従え…ってのもほんとなんですね!(笑
 

まだまだ新たなもの、新しいものを取り入れなきゃな、と意欲的に思えた体験でした。

映画:ワンピース FILM RED、おすすめです。

 

 



・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル

グリット(続ける力)についての本を読んでます。
実践版GRIT ~やり抜く力を手に入れる~

響く所がたくさんあるのですが、その中の1つ。

アカウンタビリティを持つ、設定する。
※注)アカウンタビリティとは、自分がしなければならないことを明言することで、やり遂げる確率を高めていくこと。
要は、人は自分で決めたことでもつい蔑ろにしてしまがちで、誰かに公言することで、それを防ぐ方法。

そして本の中では、
グリットの高い人達は、様々な方法で、この方法を活用している。
仲間内のコミュニティー内や、コーチへの宣言などもその一種。

自分の限界やコンフォートゾーンを超え、そして目標が達成できたのは、アカウンタビリティで結ばれていたハードワークのおかげだったのだ。

高い目標を掲げたアスリート達が、自分一人でチャレンジし続けていくではなく、同じ目標を掲げた仲間と一緒に練習(時には雑談)する機会を持ちながら、自分で決めた「成功」や「幸せ」に向けてチャレンジし続けていく・・・、と。

 

自己啓発セミナーなんかで、夢や目標が達成できた!粘れた!っていうのも、講師の人の話の内容どうこうよりも、これかな?と。
ようは高い金額払ったから、やるしかない!取り戻すしかない!!って決意&公言こそが、人を粘り強くチャレンジさせ続けるのかな、と思いました。

ただ、うわべだけを取り繕った関係や、「いいよ、いいよ~、頑張ってるね~♪」って慣れ合い同盟でもその公言=アカウンタビリティは発揮されないので、そこにも注意が必要かな、と。

もちろん公言していくのはプレッシャーもあるし、時にはツラくなることもあるでしょう。

でもまあ、それでもいいし、結局は途中下車でもいいですよね。

いずれにせよ、自分ひとりで黙々&悶々として、日にちばかりが終わって行ってしまうのはイヤだし、防ぎたい所。

 

スキルアップさせていくため、そして続けていく為にも(途中下車OK)アカウンタビリティの力、もう少し利用してみることにします。

目標達成、また続けていく方法って、あれこれ沢山ありますよね。
1つの方法や、続かなかった方法、やり方に固執せず、あれこれ試してみましょうね。

 

この本、おもしろいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

◆ 美容室のHP → Hair make ripple
◆ シニアのためのITサポート → スマホ/パソコン教室:リップル