ピッチ・パーフェクト ラストステージ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

圧巻のパフォーマンスとコミカルなストーリー。まさに痛快な最終章。

 

2018年10月19日公開
監督:トリッシュ・シー
出演:アナ・ケンドリック
レベル・ウィルソン 他

 

【賛否両論チェック】
賛:登場人物達の変わらない歌声の数々に、聴いていて心底魅了される。シリーズ最高(?)のスリリングな事件も起こり、ヒロイン達の活躍にハラハラさせられるのも、観ていて非常に痛快。
否:前作までの説明は全くないので、予備知識は必須。展開もかなりハチャメチャで、強引な感がある。

 

ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・基本的にはなし

 


 大学のアカペラサークルの活躍を描いた前2作の続編にして、完結編です。今回は卒業した主人公達が、再びステージへと上がります。主演は引き続き、アナ・ケンドリック。

 

 大学を卒業し、現在は音楽プロデューサーをしている主人公・ベッカ(アナ・ケンドリック)。自分の夢だった仕事を選び、順風満帆な人生かと思いきや、実際はわがままなミュージシャンと忖度する上司の板挟みに遭って、辟易していました。ある日、売れないアーティストのために曲に手を加えたベッカでしたが、アーティスト達はこれに反発。上司もそれに迎合するばかりで、とうとう嫌気がさしたベッカは、仕事を辞めてしまいます。その後ベッカは、何故か彼女のアパートへ居候している旧友・エイミー(レベル・ウィルソン)と、2人を迎えに来たクロエ(ブリタニー・スノウ)と共に、かつて彼女達が所属していたアカペラサークル「ベラーズ」の同窓会へと向かうのでした。

 

 ベッカ達がやって来たのは、ニューヨーク水族館。ベラーズの他のメンバーも続々と合流し、歌う気満々の彼女達でしたが、やって来た現役生のエミリー(ヘイリー・スタインフェルド)は、何故か浮かない表情を隠せません。それもそのはず、エミリーは“同窓会”という表現を使ってベッカ達を招待してしまいましたが、実際には現役生の公演を観てほしくて呼んだだけだったのでした。エミリーなりに、
「ベッカ達は皆、夢を叶えて忙しいだろう・・・」
と配慮してのことでしたが、実際にはベッカを始め皆一様に、思い描いていたのとは違うつまらない毎日を送っていました。公演後、彼女達はリリー(ハナ・メイ・リー)のバーで飲んだくれていましたが、その時ふと、オーブリー(アンナ・キャンプ)が1つのアイディアを思いつきます。それは特殊部隊にいる彼女の父のコネを使って、UAO(米軍慰問団)の舞台にベラーズとして上がること。ベッカ達はすぐに乗り気になり、妊娠中のメンバーの代わりに、エミリーも加わることになるのでした。

 

 かくして、UAOのツアーに加わることになったベラーズ。人の良い軍人・シカゴの案内で、ベッカ達は一路メキシコ・リタへ。しかも聞くところによると、UAOを主催しているDJキャレドの目に留まれば、UAOのツアー後に今度は彼のツアーにも参加出来るとあって、ベラーズは俄然張り切ります。しかしUAOには彼女達の他にも、人気と実力を兼ね備えた大物アーティスト達が、3組も参加していたのでした。そんな中、エイミーは案内されたホテルで、もう長いこと会っていない大富豪の父親の姿を目撃するのでしたが・・・。

 

 特に前作までの説明は全くしてくれないので、予備知識は絶対必要です。

 

 本作では、今までの舞台だった大学を卒業したものの、思い通りに行かない人生を送っていた主人公達が再び出逢い、往年の美しくて迫力ある歌声を奏でていく姿が、観ていてまさに痛快です。アナ・ケンドリックを始めとする出演者の方々の多彩な歌声には、思わず圧倒されて何度も聴き入ってしまいます。

 

 そして今回は、前2作以上にスリリングな事件も発生。詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、大富豪でもあるエイミーの父が、ベラーズの活躍にどう絡んでいくのか。そしてそこで巻き起こる大事件を、ベッカ達がどう切り抜けていくのか、その辺りにも注目です。

 

 ラストはやや拍子抜けな感もありますが、最後のエンディングまで楽しめる、そんなステキな作品に仕上がっています。

 


【ワンチャン・ポイント】
※レベル・ウィルソン・・・本作では、強烈な個性を放つエイミー役。最近の映画では「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」での花嫁役や、「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」等にも出演されています。

 

※ヘイリー・スタインフェルド・・・本作では、ベッカ達の後輩・エミリー役。最近の映画では、何といっても「トゥルー・グリット」でのヒロイン役が有名な方ですが、それ以外にも「ラストミッション」や「エンダーのゲーム」、「はじまりのうた」や「スウィート17モンスター」等にも出演されているほか、2019年公開予定のアニメ映画「スパイダーマン スパイダーバース」で、ヒロインのグウェンの声を演じていたり、トランスフォーマーのスピンオフ作品「バンブルビー」では主演も務めていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>