リメインダー 失われし記憶の欠片 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

退屈な再現の果てに見た、思いもよらぬ衝撃の真実とは。
 
2017年3月7日公開
監督:オマー・ファスト
出演:トム・スターリッジ
クシュ・ジャンボ 他
 
【賛否両論チェック】
賛:記憶を失った主人公が、度重なる再現の末に辿り着いた衝撃の真相に、思わず圧倒される。
否:雰囲気はかなり淡々と進むので、眠くなりそう。グロシーンもあり。
 
ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・殺害シーン等結構あり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも
 
 
 事故で記憶を失った青年が、賠償金を元手に記憶の再現に挑むサスペンスです。
 
 ありふれた都会の街並みの中を、キャリーケースを片手に急ぐ青年・トムの姿がありました。その姿を1人の女性が見つけますが、一旦立ち止まったトムは、ふとキャリーケースを置いたまま、歩き始めてしまいます。すぐに気がつき、慌ててキャリーケースの下へと戻ろうとしたトムでしたが、次の瞬間、空から航空機が落とした落下物の破片が彼を直撃し、トムは意識を失ってしまうのでした。トムはしばらく植物状態が続いたため、航空会社との話し合いは弁護士のドーバニーが行っていました。数日後、奇跡的に意識を取り戻したトムは、壮絶なリハビリを経た後、無事に退院することが出来ますが、彼には事故以前の記憶がなくなっているのでした。
 
 帰宅したトムの下へ、すぐにドーバニーから連絡が入り、
「類を見ない多額の賠償金が得られそうだ。」
と告げられます。ところがその直後、電話機を引っ張りすぎたトムのせいで、電話回線が切れてしまったため、トムは痛む足を引きずりながら、近くの公衆電話へと向かいます。そこでトムは地元の若者達に絡まれますが、トムは何故かその中の1人の名前を〝クリストファー”と知っているのでした。その後、自室へと帰ったトムは、部屋にやって来ていた謎の女性・キャサリンと出逢います。
 
 トムの事故以前の記憶は、断片的に戻りつつあり、今思い出せるのは、階段の下の通路を通りながら振り返る老婆の姿と、トムに向かって手を伸ばす少年の姿でした。その後ドーバニーに呼ばれたトムは、
「多額の賠償金を得る代わりに、今後公の場で事件のことを発表しない誓約をするか、真実を公表するために、賠償金を捨てて裁判を起こすか。」
の二択を迫られます。悩んだ挙げ句、トムは賠償金を手にすることを選ぶのでした。
 
 こうして大金を手にすることになったトムは、友人のグレッグが開いたパーティーへと向かいます。トムはその場でグレッグから、キャサリンが彼の妻であることを告げられ、忘れていることに動揺を隠せません。その直後、トイレに入ったトムは、激しい頭痛に襲われると同時に、また新たな記憶を取り戻します。それは床に必死で伏せる女性達の姿と、頭を撃ち抜かれた男の姿。やがて、いてもたってもいられなくなったトムは、大金を投じて記憶に残るアパートを建設すると、俳優達を雇い、記憶を取り戻すための再現実験を行うことにするのでしたが・・・。
 
 不慮の事故に遭い、直前の記憶を全て失ってしまった主人公。代償として巨万の富を得た彼が、記憶を再現するために、財を投じて一心不乱に記憶の欠片を再現しようとする様が淡々と描かれ、中盤までは正直かなり退屈です。
 
 ところがラストは一変、それまでの不可解な謎の全てがキレイに繋がり、怪しい影を見せていた男達の正体と共に、再現が予想だにしなかった思わぬ真実を暴き出していくのが圧巻です。
 
 グロシーンも少しありますが、ミステリー好きにはオススメの作品と言えそうです。
 
 
【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。
 
オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>
 
 
<「映画の通信簿2016」近日発売!!>