亜人 -衝戟- | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予備知識は必須。最凶の敵との最後の戦い!!


2016年9月23日公開
監督:瀬下寛之・安藤裕章
出演(声):宮野真守・櫻井孝宏・大塚芳忠 他


【賛否両論チェック】
賛:当初は冷徹だった主人公が、同じような迫害から立ち上がった最悪な敵を前に、次第に勇敢に変わっていく姿が凛々しい。
否:特に説明もないので、前2作の知識は必須。グロシーンも結構あるので、苦手な人には向かないか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも



 アニメ映画化3部作の最終章です。亜人と人類との対立の最終局面に、自らも亜人である主人公が、終止符を打つべく奔走します。


 死なない新人類“亜人”の佐藤(声:大塚芳忠)によるテロ行為は第2段階に入り、彼は
「亜人の研究に関わった15名を暗殺する。」
との犯行声明を出します。彼の下には、虐げられてきた亜人達が続々と集まり、佐藤は暗殺を着々と遂行していくのでした。


 一方、逃亡を続けていた主人公・永井圭(声:宮野真守)は、“佐藤を止める”という共通の目的のため、亜人管理委員会の戸崎(声:櫻井孝宏)達と密かに手を組みます。彼らは、14番目に標的にされた大臣の襲撃時に照準を合わせ、佐藤の確保計画を練るのでした。


 かくして、佐藤と政府、そして圭達という三つ巴の争いは、遂に日本全土を巻き込んだ最終局面へとなだれ込んでいくのでしたが・・・。


 自らも迫害される亜人でありながら、常に冷静沈着で、時に非情なまでに合理的な選択をしてきた主人公が、「ただ楽しいゲームをしたい」という最凶な思想の亜人の脅威を前にして、その考え方や感じ方がどう変わっていくのか、注目です。


 ただその分、前作までの説明等は特にしてくれないので、復習は必須です。


 これまでの死闘の集大成ともいえる作品です。原作好きな方は勿論、気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※戸崎のセリフ・・・劇中、戸崎が「14番目のターゲット」と言うシーンがありますが、どこかで聞いたフレーズだと思ったら、名探偵コナンの劇場版第2弾のタイトルが「14番目の標的(ターゲット)」でしたね(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>