ディストラクション・ベイビーズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

まさに狂気の沙汰。無慈悲な世界観と鬼気迫る熱演。



2016年5月21日公開
監督:真利子哲也
出演:柳楽優弥・菅田将暉・小松奈菜 他



【賛否両論チェック】
賛:主人公達の暴力が淡々と描かれていく様子や、演者さん達の怪演が秀逸で、得も言われぬ不気味さを漂わせている。
否:伝えたいことは全く分からない。ひたすら暴力描写が続くので、嫌いな人にとってはヘドが出そう。



ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・暴力シーンがメッチャあり
アクションシーン・・・ケンカのシーンがメッチャあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも



 無意味な暴力に明け暮れる青年達が起こした、事件の顛末を描きます。主演は柳楽優弥さん。


 物語の舞台は愛媛県。港町に暮らす高校生の将太(村上虹郎)は下校途中、兄の泰良(柳楽優弥)が、地元のチンピラ・高浜達とケンカしている場面に遭遇します。1人対多数の圧倒的に不利な状況の中、泰良はどれだけ殴られても、何故か笑ったまま高浜にしがみつき、離れようとしません。やがて泰良の父(でんでん)が駆けつけ、高浜達は逃走。しかし泰良はそれでも立ち上がると、高浜達の後を追おうとします。呆れて止めようとする父を振り切り、泰良は立ち去ってしまいます。その後、彼は家へと戻らず、行方知れずになってしまうのでした。


 それからしばらく経ったある日のこと。泰良の姿は、松山の繁華街にありました。通りかかったギターを背負った青年に、泰良は突然殴りかかりますが、相手もさるもので、逆に殴り倒されてしまいます。それでも泰良は青年の後を追うと、行き着いた開店前のクラブハウスの店内で、問答無用で青年を殴り倒すのでした。実は泰良は今、ホームレス同然の生活をしながら、強そうな相手にひたすらケンカを吹っかけるといった生活を送っていました。そんなゴミを漁る泰良の姿を見かけた、高校生の裕也(菅田将暉)は、面白がって仲間達と共にちょっかいを出しますが、逆に2人の仲間をボコボコにされてしまい、自転車までも取られてしまうのでした。


 その日の夜、泰良は今度は地元のヤクザ2人組にケンカを吹っかけます。しかし、相手はヤクザとあって、逆にボコボコにされてしまいます。フラフラになって路地裏に転がっていた泰良を、裕也達が発見。裕也の仲間達は昼間の恨みを晴らせとばかりに、泰良を執拗に殴り続けます。このままで泰良はが死ぬと感じた裕也は、慌てて止めに入り、その場を後にするのでした。ところが翌日、ゲームセンターにたむろしていた裕也の下へ泰良がやって来ると、裕也の上着を奪い、代わりに自分の汚れたジャージを着せていきます。憤慨する裕也でしたが、そんな彼の姿を、たまたま友人達と遊びに来ていた将太が目撃。将太はすぐに兄の洋服だと気がつき、その行方を探し始めるのでした。一方の泰良はというと、再び同じヤクザにケンカを挑んでいましたが、今度はヤクザ達の兄貴分が出てくると、またボコボコにされてしまいます。路地裏に放り出された泰良は、殴られて折れた歯を吐き出すと、どこかへと姿を消すのでした。


 その翌日も、泰良はヤクザにケンカを挑み、戦っていましたが、そんな彼の様子を偶然見かけた裕也は、その圧倒的な強さに思わず見入ってしまいます。泰良は昨日の兄貴分のヤクザを倒すことに成功しますが、すぐに他のヤクザ達に取り押さえられ、刺されそうになってしまいます。それを見た裕也は、とっさに
「警察が来るぞ!!」
と叫び、ヤクザ達を追い散らします。1人残された泰良と肩を並べた裕也は、
「俺と組まへん?」
と、声をかけるのでした・・・。


 「楽しければええ。」
という理由で、強そうな相手にひたすらケンカを吹っかけ続ける泰良と、日頃の鬱憤を暴力で発散しようとする裕也。2人の危険な人物が出逢い、次々と事件を起こしていく様が淡々と描かれていくので、かなり不気味です。演者さん達の怪演も見事です。


 反面、見方を変えると、ただただ理不尽な暴力が繰り返されていくだけの物語ともいえるので、人によっては不快で虫ずが走ると思います。


 新進気鋭の若手俳優の方々も多数出演されていますので、気になった方は是非。



【ワンチャン・ポイント】
※村上虹郎さん・・・本作では、主人公の弟・将太役。最近の映画では、奄美大島の少年少女を描いた「2つ目の窓」や、他人の記憶から消えてしまう少女を描いた「忘れないと誓ったぼくがいた」等に出演していらっしゃいます。


※岡山天音さん・・・本作では、菅田将暉さん演じる裕也の仲間役。最近の映画では、彰義隊の悲劇を描いた「合葬」や、大人になる事を拒んだ少年達の「ライチ☆光クラブ」、中島健人さん主演の「黒崎くんの言いなりになんてならない」や、マルチアングルで描かれるホラー「ドロメ 女子篇」「ドロメ 男子篇」等に出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



<「映画の通信簿2015」発売中!!>