ファーナス 訣別の朝 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

やり場のない感情。主人公が最後に下した決断とは。


2014年9月27日公開
監督:スコット・クーパー 出演:クリスチャン・ベイル ケイシー・アフレック ウィレム・デフォー 他


【賛否両論チェック】
賛:全てを失い、最愛の弟までも奪われた主人公が、最後の最後で選んだ結末が見どころ。
否:弟の死を「身から出た錆」と感じてしまうと、全く感情移入出来ない。殴り合いのシーンや殺害シーンなどもあり。


ラブシーン・・・少しあり

グロシーン・・・殴り合い・殺害シーンなどあり

アクションシーン・・・少しあり

怖シーン・・・基本的にはなし


 弟を殺された男の復讐劇を描きます。主演は「バットマン」シリーズの、クリスチャン・ベイル。
 物語の舞台は、溶鉱炉が立ち並ぶ鉄工業の小さな街。主人公・ラッセル(クリスチャン・ベイル)も、そんな溶鉱炉で働く労働者の1人でした。彼の父親は病気で床に伏せりがちで、弟・ロドニー(ケイシー・アフレック)はというと、街の実力者、ジョン・ペティ(ウィレム・デフォー)に金を借りては、競馬ですってしまうという困り者でした。そんな中、ラッセルは飲酒運転で死亡事故を起こしてしまい、服役することになってしまいます。ラッセルの服役の間、ロドニーはイラク戦争に従軍する一方で、父親は死去。やがて出所したラッセルは、ロドニーとの再会を喜びますが、かつての恋人・リナ(ゾーイ・サルダナ)は、地元の警官(フォレスト・ウィテカー)と結婚していました。複雑な感情を隠せないラッセル。
 ロドニーの方は、退役後はジョン・ペティの子飼いとして、ストリート・ファイトに明け暮れる日々でした。しかし、自制の効かないロドニーは、
「わざと負けろ。」
という試合に勝ってしまうなど、ペティを困らせます。そのことを知ったラッセルは、
「借金を返すために、まともに働け。」
とロドニーを諭しますが、ロドニーは反発。逆にペティに、より大金が入る大きな試合を嘆願します。その結果、ロドニーはジャージーの山奥の街・サマポで、試合に挑むことになります。
 ところが、このサマポを牛耳るデグロート(ウディ・ハレルソン)という男が、かなりの悪党。ロドニーは約束通り試合に負けますが、金は支払われず、ペティがデグロートからした借金も、帳消しにはなりません。それどころか、ロドニーとペティは帰り道に彼らの襲撃に逢い、2人共惨殺されてしまいます。事情はすぐにラッセルらの耳にも入りますが、警察の捜査はなかなかデグロート達には及びません。そして、怒りに駆られたラッセルはついに、独自の行動を起こしてしまうのでしたが・・・。
 この映画1番の注目は、まさしくラストシーンです。真綿で首を絞められるように、運命に幸せを徐々に奪われていき、極めつけに最愛の弟を奪われた男が最後に下す決断に、深く考えさせられるものがあります。もちろん賛否はあるかと思いますが、そうした議論があることも引っくるめて、イイ終わり方といえそうです。
 ただ、そうした主人公の感動的な姿も、
「そもそも弟が転落していったのは、自分のせいでは・・・?」
なんて思ってしまった日には、全く感動出来なくなるのもまた事実。良くも悪くも、好みは分かれそうな作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※ゾーイ・サルダナ・・・本作では、主人公の元カノという静かな役どころですが、他の作品では結構アクティブな役が多いお方。「アバター」のヒロインや、「コロンビアーナ」の暗殺者役、「スター・トレック」の乗組員に、最近では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の暗殺者役などなど、気付いてみると暗殺者役が結構多いですね(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミスキャンパス同志社2014ファイナリスト
NO.3
野瀬悠未さん


是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/missdoshisha2014/vote