劇場版 零 ~ゼロ~ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ホラー < 同性愛。哀しき〝呪い”の正体。


2014年9月27日公開
監督:安里麻里 出演:中条あやみ・森川葵・中村ゆり 他


【賛否両論チェック】
賛:人間の哀しき性が垣間見える。急に驚かせるシーンも少ないので、ホラーが苦手でも観られそう。
否:ホラー好きには物足りないかも。同性愛の描写も、苦手な人には不向き。


ラブシーン・・・同性愛の描写が少しあり
グロシーン・・・遺体のシーンがあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 人気ホラーゲームの実写映画化です。監督は「リアル鬼ごっこ3・4・5」や「バイロケーション」の安里麻里さん。
 物語の舞台は、全寮制の女学園。そんな学園のアイドル・アヤ(森川葵)が、突然自室に閉じこもってしまってから、もうすぐ1週間が経とうとしていました。男子禁制のこの学園では、アヤに恋愛感情を抱いている生徒も多く、アヤの容体は学園中の話題になっていました。すると同時に、奇妙な噂も広まり始めます。
「女の子だけがかかる呪いがあり、アヤはそれにかかってしまったのではないか。」
というもの。元々この街には、「午前0時に好きな子の写真とキスをすると、恋が叶う」というおまじないがあり、アヤはそれをやったため、何らかの呪いにかかったのではないかというのが、大方の推測でした。
 ところがその噂が広まると、今度はアヤの写真を入手して、キスをしようとする生徒が出てきます。主人公・ミツ(中条あやみ)の友人、カズミもその1人。しかし、カズミはその日を境に次第にやせ細り、そしてある日の課外授業の真っ最中、ミツの目の前から忽然と姿を消してしまいます。警察の捜索も虚しく、カズミの行方は分からないままでした。
 一方、実はミツもアヤに恋愛感情を抱いており、カズミの部屋から見つけたアヤの写真を、思わず持ち帰ってしまいます。ところがその日から、ミツはアヤの亡霊を頻繁に見るようになってしまいます。亡霊はミツにしか見えず、
「私の呪いを解いて。」
と囁いてきます。そしてハッと我に帰ると、例の写真とキスをしかけているのでした。カズミ同様、次第にやつれていくミツ。やがて、ミツの部屋の写真を見つけた同級生・イツキとリサにも、同様の症状が起こり始めます。そしてとうとう、第2・第3失踪者が出てしまうのでした。果たして、おまじないと呪いの関係とは何なのか。アヤはこの事件にどう関わっているのか。やがて事態は、思いもよらない方向へと進み始めるのでした・・・。
 ホラー映画にしては、急に驚かせるようなシーンはほとんどないので、苦手でも割と行けそうです。それよりは同性愛の描写が多いので、そちらの好き嫌いで向き不向きが分かれそうな作品です。
 結末は少しあっさり感もありますが、意外なところで意外な人物が絡んできたりなど、謎解き要素は充分にあります。気になった方には、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
中村ゆりさん・・・本作では、謎めいたシスター役。「パッチギ LOVE&PEACE」のヒロイン役で有名な方ですが、他にも数々の作品にご出演されていて、「呪怨 黒い少女」「パレード」「桜田門外ノ変」「犬のおまわりさん」「シャッフル」「はやぶさ 遥かなる帰還」「黄金を抱いて翔べ」「私のハワイの歩きかた」「そして父になる」「薔薇色のブー子」「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」などなど、挙げればキリがありません。日本映画界に欠かせない方といえそうです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス共立女子2014ファイナリスト
NO.4
青木麗さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misskyoritsu2014/vote