経営コンサルタント 毛利京申 事業再生 事業承継

■ホームページ NEW!   ■メールマガジン   ■読売新聞コラム「風向計」   ■北海道新聞関連記事

経営コンサルタント 企業再建 毛利京申のコラム-love-letter_tm-1   経営コンサルタント 企業再建 毛利京申のコラム-感動のホテル再建物語   経営コンサルタント 企業再建 毛利京申のコラム-名古屋商法   経営コンサルタント 企業再建 毛利京申のコラム-名古屋商法_実践編

講演依頼・著書購入などは、メールにてご連絡ください。
info@mouri-takanobu.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

将来の不安を抱えている人へ

皆さんおはようございます晴れ

名古屋を拠点に全国で活動する

経営コンサルタントのモーちゃんこと

毛利たかのぶです牛

 

モーちゃんは、子供頃から

探検とか冒険ということが大好きで

よく、裏山に洞穴や木の上に

棲家というか隠れ家を作り、

友達を遊んでいましたゲラゲラ

 

 

そのせいか、今でも洞穴や鍾乳洞が好きで

先日、岩手県岩泉町の龍泉洞という

日本で3本の指に入るという洞穴を

見学してきましたゲラゲラ

 

 

 

ここは、今までみた鍾乳洞というか?

洞窟かな?

 

少し珍しく、

昔は、地底に流れている川を

船で奥まで行っていたものを

川の上に長い橋を作り、

より観光化したようです口笛

 

 

 

中でも地底湖がたくさんあり、

深さが98mもある地底湖もあり、

神秘的で、潜ってみたいと

思うのは、モーちゃんだけでは

ないと思いますラブラブ

 

 

奥を見ていると、ライトに映される

その神秘的な底に引きずり込まれ

そうになり、その昔、ジューヌ・ベルヌの

「地底旅行」、「海底二万里」

などのSF小説を想い出しますゲラゲラ

 

そんな子供心を持ったモーちゃんは、

いつまでも子供でいたいと

思っているのであったゲラゲラ

 

20代の頃は、何ら装備もないのに、

溶岩洞を這って潜り、出てきたときには、

頭にたんこぶを作り、服はボロボロ

手のひらも血だらけになっても

懲りずに潜っておりましたゲラゲラ

 

岩手県の北にこの洞窟を知ったのは、

10年ほど前ですクラッカー

 

故郷北海道からでも近いようで遠い

名古屋からは更に遠いので、

いつ行けるのか解らないあせる

 

本当にこれだけのために

行くと決めなければ

そうは行けるものではありませんパンチ!

 

そんな時に、名古屋の名鉄百貨店で

岩泉町の造り酒屋泉金酒造の女将と

知り合いになったり、

モーちゃんの実家の店子さんが、

岩泉町の出身で、ここの酒造の社長と

知り合いだということも知り、

人の縁というものに驚いたのであった叫び

 

では、早速超現実に戻ります。

先日、印刷屋さんから年賀状の

原稿の催促がありましたガーン

 

毎年、オリジナルの文章を書いていますが

今年は、コロナの影響もあり、

前向きというか何となく文章が思いつきませんあせる

 

本当に、コロナ渦の影響で

多くの人が、いつ収束するのか?

不安にさいなまれてた日々を送っている

と思われますえーん

 

以前に何度かお話したように

モーちゃんは、ホテル経営を懇請され、

経営していた時に飲食店も

経営をしており、

その時に、定借で土地を借りて

大きな焼肉店をオープンしましたゲラゲラ

 

この時に、すぐに狂牛病と言われる

風評が広まり、今のコロナのように

食肉を扱う業者や焼肉店を経営する

人達に激震が走り、

モーちゃんもご多分に漏れず

敢え無く閉店を余儀なくされ、

2億以上もの借財を抱えてしまいましたドクロ

 

この時の1年間は、まさに地獄でした滝汗

そんな時の悪夢が走馬灯のように

想い出されます笑い泣き

 

このことも先般、朝日新聞に

原稿を依頼され投稿したり、

本も出したりしましたが、

恐らくこうなった人は、

人の話をまともに聞きたくないあせる

 

というか心の余裕がなくなり、

「どうしたらいいんだ」と考えても

仕方がないことを堂々巡りされている

だけに陥っているのではないでしょうか?

 

 

どうしたらいい?

と考えても「やる」か「やめるか?」

のどちらかしか選択肢はないのですパンチ!

 

ただ、「やる」なら同じやり方は通用しませんパンチ!

「やめる」なら辞め方をどうするか?

がとても大切になるのですびっくり

 

ただ、モーちゃんが今まで5000件以上もの

自己破産案件を扱ってきましたが、

この時の経験からほとんどの破産者は、

破産したときのことよりも、

これからの生活をどうするのか?

が、不安で行動できないあせる

 

先日、派遣社員が子を出産しましたが

このことが会社に知られると

派遣切りに遭う可能性があるとの理由で

我が子を隠蔽し逮捕された事件がありましたびっくり

 

この事件も将来に対する不安です。

モーちゃんは、そういう人を救う為に

経営コンサルタントになりましたが、

そんな立場で考えると、

今年は年賀状に何て書こうかとなるのですパンチ!

 

まぁ、普通に書くしかないのですが、

悩んでいるなら是非相談して欲しいものです。

 

さぁ、今日も更なる未来へ

飛躍するために頑張りマッスルパンチ!

 

 

 

 

あなたはシャケを食べたことがありますか?

皆さんおはようございます晴れ

名古屋を拠点に全国で活動する

経営コンサルタントのモーちゃんこと

毛利たかのぶです牛

 

 

早速ですが、もしある願いを叶えたいと

思い続けているとその願いが叶う

という話を聞いたことがあるでしょうか?ウインク

 

例えば、あるクルマが欲しいけど、

あまり走っているのをみたことがない

と思っていても、やたら目に付きだしたりしませんか?

 

何か調べたいことがあると、

急に新聞にその記事が掲載されているのを

見かけることになりますびっくり

 

心理学者のジェセフ・マーフィー博士の

『眠りながら成功する』ではありませんが、

「ずっと思い続けていると願いが叶う」

というものですクラッカー

 

もーちゃんも何か欲しいモノ

或いは、実現したいことがあれば、

紙に書きだし、パソコンの上の棚に

貼り付けて、これを実現するために

何をすべきかを考えることにしています

 

宝くじで、3億当てたいのなら

先ずは、当選確率が高い売り場へ

足を運ぶことが大前提ですが、

当選ナンバーには、

ある一定の法則があるようで、

その当選ナンバーの分析本を買ったり

勉強しなればならないようです口笛

 

モーちゃんの知り合いで、

これで10億円を充てた人がいて、

攻略法を教えてくれましたが、

単にくじを買うのではなく、

目まぐるしい努力をしていることを

知るに致しましたお金

 

今日は、そんな宝くじの話ではありませんあせる

(あれっ?モーちゃん違うの?パンチ!

 

 

先日ご紹介した新潟県村上市が

昨日の中日新聞に「鮭の町」として

紹介されていたという話です口笛

 

「何だモーちゃんそんなことかよガーン

と思わないで下さい。

 

 

シャケというかサーモンというか

マスというか、何ちゅうか本中華ラブラブ

 

実は、この記事を読むと、

これからの年末商戦で、

鮭がいちばん売れるということですが、

鮭、サーモン、鱒の違いを

全く知らない人がほとんどだという話です音譜

 

どさん子もーちゃんもこう言われては

きちんと読まなければなりませんゲラゲラ

 

元々、生物学的には、明確な区別は

ないとのことですが、モーちゃんの認識では

「鱒」と「鮭」の2種類で、いつの間にか

「サーモン」という呼び名が

普及したように思いましたゲラゲラ

 

すると、元々「鮭」とは「シロサケ」

のことで、「サケ」と「鱒」しかなかったとのこと口笛

 

そこを、回転寿司屋さんが、

海外産のアトランティックサーモン、

キングサーモン、紅シャケや鱒などを

一色単にし、養殖鮭を「サーモン」と

呼ぶようになり、これが、

消費者にイメージ的に

新鮮で、高級感があるという

意識を持つようになり、

サーモンは、鮭より新鮮で美味しい

と捉えられるようになり、

全部ひっくるめて「サーモン」になったようですゲラゲラ

 

何だか横文字に弱い日本人の典型ですねあせる

クルマの名前も漢字にすると

ダサいと思われるのかなぁ~?

 

「クラウン」ではなく「王様」

「スカイライン」ではなく、「空の線」

 

ホテルもそうですね。

「リバーサイドホテル」=「川の淵宿屋」

では、高級感がないか?

 

普段、何ら意識して、気にも止めてない

ことでも調べると面白いものですゲラゲラ

 

経営は感性が大切です。

深く考えることが大切です。

 

宝くじを当てるにも勉強が

必要だということです。

 

さぁ、今日も更なる未来へ

飛躍するために頑張りマッスルパンチ!

 

 

 

どうして歴史を学ぶことが大切なのか?

皆さんおはようございます雨くもり

名古屋を拠点に全国で活動する

経営コンサルタントのモーちゃんこと

毛利たかのぶです牛

 

古代ユダヤの学校では、

1年生を『賢者』

2年生を『哲学者』

そして、3年生を『学生』と呼んだそうなウインク

 

この話を聞いて、『先生』という意味は、

「人に教えるために先に勉強する」

という意味だということを想い出しましたゲラゲラ

 

モーちゃん朝っぱらからなんで

こんな小難しいことを言うんだパンチ!

と叱られそうですが、

今日も大切なことですので、

10秒ほど我慢して下さいね口笛

 

ギリシャ時代、ソフィストは、

本を読んで学んでいるソクラテス(だと思う?)

に対し、「君は知者か?」と尋ねると、

「知者だ」と答えたそうなラブラブ

 

すると、「知者ならば学ぶ必要がない筈だ!」

と屁理屈を言われたそうですパンチ!

 

確かこれがプラトーンがソクラテスの教えを

纏めた『ソクラテスの弁明』の中の「無知の知」

だったと思います。

 

 

 

先日山形県鶴岡市へ訪問して、

その歴史的建造物を見て、

ふとそんなこと(どんなこと?)

を考えたのでしたゲラゲラ

 

学問の重要性というものを

再認識したのでしたゲラゲラ

 

 

高岡市は、庄内藩9代目藩主

酒井忠徳(ただあき)が、

退藩した武士道を刷新して、

これからの日本や領地を

豊かにするには、学問が大切だ

ということで、教育機関である

『致道館』という学校を開校したのですクラッカー

 

 

致道館は、元禄時代の赤穂浪士に対し、

処罰方を綱吉に提案したことでも

有名な朱子学者ですが、

この教えを教育方針にしたようですゲラゲラ

 

 

モーちゃんは、子供の頃は

勉強嫌いで、特に本を読むのが嫌いでしたガーン

 

教科書に紹介されて知った

有名な小説を読んでもいつも読破しませんあせる

 

元来、飽き性で教科書以外の活字は

読まないので、読解力もなかったから

だと思いますあせる

 

そんなモーちゃんが社会人になると

必要に駆られて必死に本を読むようになりました笑い泣き

 

庄内藩の人は、教育水準が高いから

こうした建造物を建築し、

これを後世に残すために

保存しているのだと感動しましたウインク

 

「知らない」ということは、「知りたい」という

知識欲がないということになりますびっくり

 

そうすると、感性を養うことがないので

全て、「知らない」「興味がない」で

済まされてしまいます。

 

もっと、昔勉強していれば、

今いたずらに読書で時間を潰さなくても

いいと思うのであった。

 

さぁ、今日も更なる未来へ

飛躍するために頑張りマッスルパンチ!

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>