Rhodesというエレピについて

音楽ファンの方は名前は聞いたことがあるかもしれません。もしくはよくご存知かもしれません。

 

我が家にあるRHODESは75年製のものでsuitscaseと呼ばれる3ノブタイプ。

また少し改造が加えられていて、ノブを2つ追加し音を調整して外部に流せるようになっています。

また、88鍵あり、73鍵に比べると流通量が少なく少しレアだと思います。

 

 

 

 

プロがやるRHODES(ローズ)の音はこんな感じです。

 

Armad JamalのSoul Girl。 この曲が入っているアルバムはLPしか流通していないのでレアです。

 

 

Pucho&His Latin Soul Brother

 

フランスのMichel Sardaby

 

 

1964年から1985年までにおよそ世界で25万台が生産されたようですが、現役のRHODESは半分~1/3ぐらいだと思います。

 

ハウスミュージックで使われたり、ソウルミュージックジャズなどにも使われています。

よく知られているアーティストではSTEVE WONDERやスティーリーダンなども積極的にローズを使ってきました。

jamiroquaiなども使っています。

 

 

Rhodesは製造された年代により大きく音が違います。

 

音の違いについて(Rhodes Mark1の製造年による音の違い)

1970年製FenderRhodes Suitscase 73keys

1971年製FenderRhodes Suitscase 73keys

1971年製FenderRhodes Stage Piano 73keys

1972年製FenderRhodes Stage Piano 73keys

1973年製FenderRhodes Stage Piano 73keys

1974年製FenderRhodes Stage Piano 88keys

1975年製Rhodes Mark1 Stage Piano 73keys(中身はFenderRhodes)

1975年製Rhodes Mark1 Stage Piano 73keys(中身はFenderRhodes)

 

ピックアップの故障率も変わるらしい。(メンテナンスを行う方の情報)75年までのものは故障率が少ないらしい。

 

 

RHODESについて情報を集めている方がいるかもしれませんので、

少し自分の持っている情報を少しまとめておきたいと思います。

 

RHODESの歴史(製造年代ごと)

 

もともとハロルド・ローズ(Harold Rhodes )によって「前線の兵士たちを慰安する(音楽療法)目的で」発明されたようです。

 

 

1965年から1969年に製造されたSilverTop Modelなどもあるのですが、

以下現在流通しているMark1,Mark2,Mark3,mark4,Mark5,Mark7についてざっくりとまとめました。


■1969-1975年

Fender Rhodes Mark I 
Serial No. 6****代 (シリアル番号というのがあるがこちらの番号が6****代)

Rhodesには正確にはFenderRhodesとRhodesという2つがあります。

*1974年まではロゴはFenderRhodesで中身もFenderRhodes

*1975年はロゴはRhodesで中身はFenderRhodes

*1976年以降はロゴはRhodesで中身もRhodes

 

さらに

Rhodes(もしくはFenderRhodes)はsuitscasestage pianopiano bassという3種類に分かれています。
(1970年~) suitscase 73keys販売スタート
(1972年~) suitscase 88key販売スタート

suitscase(スーツケース)は、下にスピーカーが付いているタイプのこと。このタイプは3つのノブがあることから日本では「ミツノブ」と言われています。

stage piano(ステージピアノ)は、下にスピーカーが付いていないので、スピーカーアンプ等を用意する必要があります。


個人的には75年製と71年製のSuitscaseが好きですが好みなので個人差があるでしょう。

 


■1975-1979年

Rhodes Mark I 

ここからはFender傘下から外れロゴもRhodesとなっている。
Serial No. 7****代 

(1975年)このころにはすでにFender傘下から外れていたが、構成する部材はそのまま引き継がれていた。ロゴがFenderRhodesからRhodesに変更された年。

(1975年)エフェクターを充てるためにアクセサリー1,2(in,out)の穴がついた。

(1976年)この年に設計変更が大幅に行われた。この年の製造はクレームが多いらしい

     →購入をされる際は要注意。

 

Mark I 鍵盤は、 
・フラットでフェルトなし 
・フラットでフェルトあり 
・段差をつけてフェルトを付けたタイプ 
・段差部分がフェルト製のタイプ 
         の4パターンに分かれるようです。


■1979-1983年

Rhodes Mark II/III
Serial No. 7*****代

 

(1980年)木製keyではなくプラスティックに変わった。当時は失望も大きかったらしい。私はピアノ専門店の方からプラスティック製のメリットも聞きました。


詳細は時間があるときに記載するかもしません。

 

*豆知識としてフェーダー型になっているので、動かしたときにガリが出やすい。


■1983年

Rhodes Mark IV

■1984年

Rhodes Mark V 

 

■2007年

Rhodes Mark7

故障が多いようです。山下達郎も持っているようです。

 

メンテナンスや購入は大手で購入するよりも、結局、大手が発注をしている厚木ピアノ職人さんなどがおすすめです。

神奈川県厚木市にあるため、遠方の方は在庫があっても譲ってもらえるかわかりませんが、相談は出来ると思います。

また、こちらは、連絡をしたことがありませんが、少し気になります。

 

結論として、個人的にはやはりRhodes MarkI スーツケースの75年製or71年製の音が好きです。

 

 

 

 

 

補足 製造年月日の確認方法

 

これから楽器店で購入される方は製造年は重要です。

RHODESの製造年月日を調べる方法(文献は英語))

 

個別に割り振られたシリアルナンバーでおおよその年代はわかるのですが、詳細は不明です。
ピアノの中を開けて4桁の番号があるのですが、それで製造年を決定することはできます。


*1965年から1973年まで
ピックアップレールとトーンバーレールの2つの4桁の日付コードが2つあります。
ピックアップレールのコードは、部品番号の下の右側にあります。


最初の2桁は年の週を示し、最後の2桁は年を示します(例:0978 = 1978年の第09週、3月初め)。
これはピックアップレールが完成した週で、通常はピアノが完成する1〜4ヶ月前です。このコードは、製造年月日を示す最も良い指標です。

 

*1974年にはコードが週/年/日に切り替えられ、例えば4桁のコードが1581の場合は、製造年月日が1978年の第15週と解釈され、作業週(月曜日)の第1日となります。 

1980年は年の数字は0から始まります。4桁のコードが1501の場合は、週の第15週、1980、第1日となります。

仕事をする上で、近い将来を予想することがある。


自分は通販の仕事をやっていて、

例えば物流分野等の人材不足から、

発送料金、梱包費用、資材など物流コストなどの値上げにいま直面していたりする。


こういう問題が目の前にない時は、
近い将来、AIがどう関係してくるかや、

シンギュラリティとはなんなのか、
正直どうでもいいと思っていた。


しかし、これは一時的な問題なのか
長期的なものなのかを予想し、

長期的な視点で見てから、
短期的な判断を下す必要性に
迫られてきている部分もある。


経営者の間でも、
AIやシンギュラリティが話題の中心に
なっていることに拒否反応をしている一方で、

近い将来を予想する上で、
やはり避けて通れないと再認識したのが

AIだったり
そして、シンギュラリティだったりする。


指数関数的な視点からみると、
20世紀のうちに達成した進歩の

1000倍の進歩を21世紀は遂げることになると思う。



指数関数的な視点に立つと、

昭和を生きた私のような人間が物事を判断する時、
20世紀と同じ視点から
その進化の延長線上で、

線形的に物事を見てしまうと
間違えた判断をする確率がとてつもなく上がる。

ほんの短い期間だけを捉えて経験するのなら 、指数関数的な傾向も線形に見える。)



シンギュラリティとそれ以降を考える上で

レイ・カーツワイルの未来予想は

線形的な視点でなく
指数関数的な視点で考えているので
ワクワクする。

(場合により、指数自体の指数関数的進化の視点)



子供のころ、
銀河鉄道999の松本零士や
スターウォーズのジョージルーカスが

近未来を見せてくれてワクワクしたのを、

大人になったいま
レイカーツワイルが子供の頃のそれに近いものを見せてくれていると思う。

レイカーツワイルは、いまはGoogleでAI開発の総指揮を取っている。


レイカーツワイルが何を考えているか?本から一部抜粋。


シンギュラリティ以後の世界では 、人間と機械 、物理的な現実と拡張現実 ( V R )との間には 、区別が存在しない 。


人間の脳のスキャンも 、指数関数的に向上しているテクノロジ ーのひとつ。


今や 、人間の脳が働く原理の本格的なリバ ースエンジニアリング (解読し 、それを A Iなどのテクノロジ ーに応用すること )に充分なツ ールを手にしている 。すでに 、脳の数百の領域のうち数十は 、かなり高度にモデル化されシミュレ ーションされている 。二〇年以内には 、人間の脳のすべての領域の働きについて 、詳細に理解できるようになる


二〇二〇年代の終わりまでには 、コンピュ ータがチュ ーリングテストに合格できるようになり 、コンピュ ータの知能が生物としての人間の知能と区別がつかなくなるまでになる 。


非生物的な知能は 、技能や知識を 、他の機械からダウンロ ードするようになるだろう 。そのうち 、人間からもダウンロ ードするようになる 。


機械は 、インタ ーネットを通じて 、人間と機械が合体した文明にあるすべての知識にアクセスし 、そのすべてを習得することができる


機械が 、人間のもつ設計技術能力を獲得すれば 、速度や容量は人間のそれをはるかに超え 、機械自身の設計 (ソ ースコ ード )にアクセスし 、自身を操作する能力ももつことになる 。


ナノテクノロジ ーを用いてナノボットを設計することができる 。ナノボットとは 、分子レベルで設計された 、大きさがミクロン (一メ ートルの一〇〇万分の一 )単位のロボットで 、 「呼吸細胞 」 (人工の赤血球 )などがある 。ナノボットは 、人体の中で無数の役割を果たすことになる 。


ナノボットは 、生体のニュ ーロンと相互作用して 、神経系の内部からヴァ ーチャルリアリティ ( V R )を作りだし 、人間の体験を大幅に広げる。


脳の毛細血管に数十億個のナノボットを送り込み 、人間の知能を大幅に高める 。


ナノマシンは、脳内に直接挿入することができ、脳細胞と相互作用することが出来る。その結果、真のバーチャルリアリティが、外部機器を必要とせずに生成することが出来る。


宇宙が覚醒する
シンギュラリティの到来後 、人間の脳という生物学的な起源をもつ知能と 、人間が発明したテクノロジ ーという起源をもは 、物質とエネルギ ーを再構成し 、コンピュ ーティングの最適なレベルを実現し 、地球という起源を離れ宇宙へ 、外へと向かうことで 、この段階に到達する 。



と、本に書かれていています。





自分が考えるに、


これまでテキストや動画、写真などがクラウドで共有されてきたように、

シンギュラリティ以降、
それが人間の脳を含めて
クラウドにバックアップする時代が訪れて、


VR技術がさらに発達し、

それらのバックアップされた他人の経験を
感覚なども含め、疑似体験することが容易になる。

(臨死体験者が、死後、他人の経験を体験したい時体験出来たと話していた事を思い出しました。)


また、人間の脳のバックアップから
スターウォーズで言うC3POみたいなドロイドに移植出来るようになる。

という事でしょうか?


現在、インターネットは
地球上をネットワークしているに過ぎないが、

宇宙全体に
ネットワークされる技術が出来、
宇宙全体がひとつのネットワークにつながれ、


宇宙全体の生命や非生命を含め、

アップロードされたデータから、
疑似体験なども可能になり、

宇宙全体がまたひとつに戻る事を、レイカーツワイルは宇宙の覚醒と言っているのかどうか。。


VRが生命体に組み込まれ、

感覚を含め体感できるVR内での作られた現実と、
いま見ている現実が

区別が出来ないレベルに達した時、

私ならもしかしたら、
どちらも実は実在しないと感じているような気がしてなりません。
どちらも、ただの脳の解釈なだけだったと。


時間自体が幻だと言う
物理学者も多い時代なので

何が究極の現実なのか?
知りたい事がますます増えます。


 

普段はあまり人の言うことに

耳を傾けることはないのですが、

 

一部の方々などの意見に耳を傾けることもあります。

 

 

例えば

ニトリ会長の意見は全部読んでいます。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073

 

少しようやくすると

 

 

・アメリカは'18年中に下降局面に入るでしょう。トランプが掲げた政策はうまくいかない。いまは法人税減税に沸いていますが、じつは別のところでは増税しているのだから、冷静に見ると経済効果はあまりない。

 

 

・為替市場が円高に振れていく。'18年は1ドル=100円近くまでいく場面もあるかもしれませんが、年末に1ドル=105~108円前後

 

 

・アメリカで起きたことは、将来そのまま日本で起きる

 

 

あとこのURLの記事ではないですが、

2019年から停滞期に入るのでそのころから

投資活発化させるということも話されていました。

 

 

 

あとインターネット関連については、

デジタルガレージという会社の投資先については

すべて把握するようにしています。

 

デジタルガレージの投資先は、

最近の例ではビットコイン関連(ブロックチェーン)やかなり前だとツイッターなど。

 

 

 

数年後のインターネット業界については、

この会社の投資先を見ているだけで少し想像ができます。

 

いま、ビットコイン等が盛り上がっていますが、

たしか4年ほど前からデジタルガレージは投資していた?

ような気がします。

 

 

最近はやっていないですが

毎日、デジタルガレージさん周辺の動きを、

RSSやらツイッターやら情報収集に時間をかけていました。

 

 

ビットコイン関連はツイッターやRSSなどの情報収集していて、

2013年ごろに一番話題になっていたと思います。

 

 

それ以外だと、

 

ネット関連だとファンコミュニケーションズの

社長 柳澤安慶さんは

 

2001年春夏?頃存在を知り、

それから尊敬しています。

 

 

芸能人のブログは読まないのですが、

この方のブログ、ツイッターは

よく読んでいます。

 

 

最近はアマゾンに対する言及が多く、

ニトリの似鳥会長との共通点も多々あると思います。

 

 

 

また、歴史は学生の時は

暗記暗記でまったく興味がなかったのですが、

 

歴史の大きな流れを見ることは

30歳以降、

すごく好きになりました。

 

 

例えばニトリの会長が言っていた

アメリカで起きたことは将来そのまま日本で起きる

という発言を100%そのまま信じてしまいます。

 

ここ20年間の日本のインターネット業界についても、

アメリカがやっていて日本がやっていないサービスに

一番早く気付いた会社が、

いま大手になっています。

 

 

商品の内外価格差ではないですが、

サービスについても

 

アメリカで急激にアクセスを伸ばしつつあるサービスで、

日本に導入されていないのであれば

 

日本でのファーストペンギンが

リスクを最小化し、リターンを最大化できる手法のひとつかと今でも思っています。

 

 

戦後アメリカがたどった小売業などの流れ、

景気の流れ等を

10年単位で見ることも非常に有用だと感じます。

 

 

 

実用的ではないのですが、

もう少し大きな100年単位の流れを

たどることも好きです。

 

 

情報を得るだけでなく、

会社も頑張っていこうと思います。

 

関連会社含め、

今期はグループで年商20億円弱になりそうです。

 

この数年であともう少し(1.5倍)やろうと思います。

 

スタッフへのボーナス額の目標があるので、

それを実現させたのち、

 

寄付についても、

途上国のトイレなどまだまだ作っていきます。

 

 

しかし本音は、

売上や為替、足元のこと、

数年後のインターネット業界についても、

 

池の水がじゃぶじゃぶその場で波を打っているような、

小手先のことと感じています。

 

 

それが果たして自分にとり本質的なことなのか?

いつものことながら考えてしまいます。