ふ~みん夢カフェ

ふ~みん夢カフェ

ようこそ いらっしゃいませ!
※画像集の写真・イラストを使うことがあります

 

宇都宮セミナーに参加してきます。11/5・6の二日間の実施なのですが、初日は岡山でハンセン病療養所「長島愛生園」訪問の予定が入っていたため、2日目のイベントに参加します。とても楽しみ💓

2024年に岡山セミナーが開催予定のため、宇都宮の実行委員の方にお話しをお聞き出来たらと思います。宇都宮へ行くのは初めてですが、宇都宮餃子は有名ですね。是非食べてみたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

今年の「市民の童話賞」の表彰式・記念行事の参加受付が始まっています! 今朝気づいて、早速申し込みました。

表彰式の後、記念行事がいつも楽しみです。今年は、立石憲利さんの民話の語りや中脇初枝さんの昔話の語り、そして、坪田譲治賞受賞者の中脇初枝さんと乗代雄介さんのお二人の対談がとても楽しみです。

 

 

 

日本児童文芸家協会が審査に関わっている「日本新薬こども文学賞」の、第14回の最優秀賞作品が絵本「ゆうちゃんのノート」(文:藤田陽一さん 絵:やぎひさこさん)が協会から送られてきました。とってもかわいい絵と心にしみる温かいお話しです。

 

第15回の募集ももうすぐ始まります。例年、11月初旬から受付開始で日本新薬のウェブサイトでも見ることができます。

 

所属の同人誌や協会のサークルでも、絵本の勉強会をしています。来月中旬、サークルみらくるぺんの勉強会で作家の楠章子さんを講師に来ていただき、京都で「絵本テキスト講座」を開催予定です。

現在その合評会に提出する絵本テキストを執筆中ですが、この機会に「絵本テキスト」の作り方の基本を学びたいと思います。

 

 

10月例会は、同人誌「松ぼっくり」93号の掲載原稿集約と編集作業を行う予定。

今号から新たに編集委員会を立ち上げた。けれど同人誌の編集手順については、ほとんどの編集委員が初めてのこと。

今まで事務局長の和田さんに編集作業ぜんぶお任せだった。本当に大変だったと思う。ただただ感謝!!

 

これからは編集委員で手分けして作業するが、 9月例会で作業手順についてレクチャーしてもらう予定が、台風接近で出来ず、今月は ぶっつけ本番になるが、和田さんが発行までの作業手順を時系列で分かり易いようにまとめてくださるのでありがたい。

 

 取りあえず、10月例会で出来ること(決めること)はやってしまい、 残りは11月例会に間に合わせることになると思う。初めての編集なのでどうなることやら。

これからも誰か一人に負担がいかないように、みんなで協力し合って活動をして行きたいと思う。

 

 

 

 

第4回文学散歩「長島愛生園と牛窓」

~ハンセン病療養所での創作活動を偲ぶ~

 

 岡山県詩人協会の友人から、長島愛生園に行こうと誘われている。彼女とはずうっと以前、邑久光明園の療養所へご一緒したことがある。その時は詩人中山秋夫さんのところでお話しを聞かせてもらった。

 

私は岡山のハンセン病国賠訴訟の事務局を手伝っていたので、その当時なんども長島の両療養所には訪問を重ねていたが、裁判後も愛生園の金泰九さんの所には時々訪問していた。金さんは私に初めて長島愛生園を案内し話をしてくれた方でもある。天へ旅立たれてからは、長島を訪れることもなくなっていた。11/5(土)は、久しぶりの愛生園を歩いてみよう。

 

翌日11/6(日)は、日本児童文学者協会の「児童文学セミナーin宇都宮」2日目の分科会に参加する予定。朝が早いため、自宅には戻らずそのまま東京の娘宅へ向かう。

 

今年はなにかと慌ただしい。これから年末に向けても忙しさは続くが、「先へ、先へ」と急ぐのではなく今現在の状況を見て回り、「なるほど、自分は今こういう世界にいるんだな」と感じながら、やわらかく、新しいものも見つけていきたい。

 

今日玄関先のキンモクセイのつぼみが少しふくらんでいました。とてもいい香りがして気づきました。

なので、ひさしぶりにブログを書こうかと……。