中日春秋より | モンシェルのブログ

モンシェルのブログ

お店のこと、日々の日記、グルメ日記など、思ったこと感じたことを書いていきます。


テーマ:

落語家の立川談春さんの書いた「赤めだか」に師匠の立川談志さんからこんな教えを受ける場面がある。

テーマは「型破り」と「型(形)なし」。大きく異なる。
型ができていない者が芝居をすると型(形)なしになる。メチャクチャだ
型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。どうだわかるか」

「型」とはその道の守るべき基本、土台であろう。

「型をつくるには稽古しかないんだ」。
これも談志さんの教え。

 

パンの道にも通じます。

    ◦    

パン屋のおやじ、モンシェル主人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス