• 12 Aug
    • あなたのからだ冷えてませんか?

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。立秋をすぎ、暦上では秋ですが、まだまだ熱い日が続いています。 冷房のきいた室内で、キンキンに冷えた飲み物やアイスクリームに手が伸びてませんか?この時期、治療所でも冷えが原因の腰痛の患者さんが沢山こられています「熱いねんけど、足元は冷えるわー」って方はからだがしんから冷えているかも!?冷房の冷気は足元に溜まりやすく、体をしんまで冷やす原因になります。<わたしは冷えてる!?簡単チェック方法>・じぶんの手で足元を触って冷たいと感じたら要注意・最近、おなかの調子がよくない・最近、疲れが抜けにくい、ダルさがとれない<すぐ出来る夏場の冷え対策3ヶ条>1.飲み物を常温に変えてみる2.寝るときは長ズボンにして足元を冷やさない3.適度に汗をかく(汗をかいた後はそのままにしないで着替える)まずは一つでも出来る事からはじめて見て下さい。気になる事があれば、気軽にお問い合わせ下さい。 今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      3
      テーマ:
  • 29 Jul
    • 夏休み、子供の姿勢を見直しませんか?第2弾

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。夏休み、お子さんと姿勢を見直しませんか?第2弾、机の高さ編です。著作者: mripp前回のブログでイスの高さの合わせ方をお伝えしました。正しく座れていても、机の高さが体に合ってないと上半身から姿勢が崩れて行きます。【正しい机の高さの合わせ方】①肘が100°~110°になるくらいの高さにする②お腹と机の距離をこぶし二つ分にする子供は大人と同じテーブルで食事したり、勉強したりすることが多くなりがちです。上の写真の子供みたいに、テーブルの高さが胸まであると、肩を担ぎ上げたり、肘を高く上げたり、体を斜めに反らしたりと色んな姿勢を取ります。これが子供の姿勢を悪くする原因になります。お子さんの姿勢が悪くならないように、自宅の机の高さを一度見直してみて下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      5
      テーマ:
  • 21 Jul
    • 夏休み、子供の姿勢を見直しませんか?~第一弾イスの高さ編~

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。学生の皆さんはもうすぐ夏休み。夏休みの宿題や課題など、自宅でも机に向かう時間も増えるはず!親御さんにとってはわが子の姿勢を見直す絶好の機会ですねー。「真っ直ぐしなさい!」「姿勢を正して!」って言ってもなかなか良くならない・・・原因はイスの高さがあってないからかも。下の写真みたいになってませんか??踵が浮いていたり足を交差させてみたりイスの脚に絡ませたり足元が安定してないと姿勢をよくするのが難しくなります。【姿勢が良くなるイスの座り方】①足の裏全体がベターと床についていること②足首、膝、股関節はすべて90°③坐骨が座面にあたっていることでも、そんなちょうどいい高さのイスなんてなかなかない~(><)わざわざ買い替える必要はありませんよー家にあるものでも調整することができます。例えば雑誌など。足首、膝、股関節が90°になる様に足元に敷いてあげるだけ。たったこれだけで3つの条件をクリア!座り姿勢が良くなると、集中力もアップし、宿題や課題もはかどるはず!親御さんの心配事も一つ解決です!それでもなかなか改善しない場合は一度ご相談下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 28 Jun
    • 「ずっと背中に力を入れとかないといけないと思ってました」正しい姿勢の作り方

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 今日は社交ダンスをしている方に姿勢のワンポイントアドバイスをしていました。そこで、この方が姿勢を正すため普段から行っている"ある癖"がありました。女性に共通する事の多い癖なのでみなさんチェックしてみて下さい~先ずは壁立ちをしてもらいます。普段の姿勢の確認です。壁立ち普段の腰の反りを確認し、呼吸エクササイズ後との変化を感じて貰う事にしました。壁立ちをしてもらうと腰から肩甲骨の下にかけて大きな隙間が空いています。この方は、普段から色んな所に力を入れ姿勢を正そうと頑張っている方でしたが、治療後には全身整い「頑張らなくてもいい姿勢ができる!」と体の変化に喜んでいました。が、しかし壁立ちをしながら、呼吸のエクササイズをすると、肩を引き胸を張り"がんばって"真っ直ぐ立とうとする、普段の体の使い方の癖が出てしまいました。この「肩を引き胸を張る姿勢」が肩凝りや筋緊張性頭痛の原因になる事もあります。そこで下記の3つのポイントだけ意識しながらもう一度やってもらいました。✅肩を後ろに引かない✅肩に力が入ったら抜く✅呼吸をするときは出きるだけ深いと所に入れる意識で行う意識してもらったのはたった3つですが、 効果覿面背中と壁との隙間も狭まり、爪先よりだった重心の位置も踵の方に寄ってきました。でも何よりご本人が「私すっと背中に力を入れとかないといけないと思ってました。」と自分の姿勢の癖に気がつきました。施術で体を整え、エクササイズで体の使い方の癖を修正する。両方をしっかりしていく事で普段の自分の癖に気がつきます。興味のある方は気軽に問い合わせ下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      3
      テーマ:
  • 19 Jun
    • 三点倒立が出来た!月1イベント「ワンコイン姿勢教室」

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。昨日は月に一度のイベント「ワンコイン姿勢教室」でした。 今回は予約人数オーバーの中開催です。基本となる、深い呼吸や真っ直ぐ立つという事を中心に90分間自分の身体に向き合ってくれました。少しお伝えするだけで、開脚がベターとなる方や出来なかった三点倒立が出来る様になった方など、短時間での変化にお伝えしている立場の僕も驚きです。「呼吸だけやのに、なんでなーん!?」との驚きの声や「私も三点倒立出来る様になりたい!」と皆さん意欲的に取り組んでくれました。呼吸したり、真っ直ぐ立ったり、ハイハイしたり、楽しい時間はあっと言う間でした。ワンコイン姿勢教室は自分の身体を感じてもらう入口です。更に深く「真っ直ぐ立つ」や「深い呼吸」を追究して行きたい方は、治療所で僕が担当している体幹指導でマンツーマンでお伝えしています。 もちろんワンコイン姿勢教室の内容の復習も大歓迎! 次回のワンコイン姿勢教室は7/16(日)です!既に来月の予約も埋まりはじめています。興味のある方はお早めにお問い合わせ下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 【膝の痛み 臀部の張り】ヨガ、ダンスをされてる方のセルフケア

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 今日は、ぼくがさいの整骨院で担当させて頂いている体幹指導=いわゆる自分自身でも身体を整えられる方法をお伝えしている、セルフケアエクササイズについて書きたいと思います。今日来られたのは、ヨガとダンスをしている方です。膝の痛みのためレッスンを1か月以上休まれていましたが、3回目の施術で膝の痛みも無くなり、レッスンにも復帰以前より動く体の変化に喜ばれて自分でも体を整えれる様になりたいということでの受講です。「自宅やレッスン前後に取り入れたい」とのことで、それに合わせたメニューとしてアレンジしながらまずは、どんな動作でも基本となるとまっすぐ立つからしてもらいました。ここで自分の普段の癖を知ることが出来ます。体幹を整える20秒呼吸   体幹が整い、内圧コントロールが上手く行くようになります。これは自律神経を整えるのにも最も効果的な方法です。次に真っ直ぐ立つ練習リンケージボードという板をつかって体の表面の力みをとり内側から立つことをしていきます。ダンスのレッスン後に左のお尻に張りを感じる事が普段からあるそうで、リンケージボードでまっすぐ立とうとした時も左のおしりが張っていて、癖がはっきり出ていました。ここで✅膝を伸ばす時、膝裏を後ろに押し付けない✅骨盤が捻れていないかのチェック✅背中に力が入ってないかチェックというポイントをお伝えしただけで、踵が地面につき、両足に体重が乗り始めました。すると左のお尻の張りが軽くなったとすぐに実感されていました。 そして、なんとなく真ん中を感じる事ができるように。この「なんとなく」という感覚が重要で、"なんとなく真っ直ぐ"という感覚を育てていくと、体はどんどん変わってきます。ひと通りエクササイズが終わった後は普段と立っている感覚の違いにビックリされていました!普段から体と向き合いいろんな変化を感じている方なので、次回のダンスやヨガのヨガのレッスンでの動きやすさも感じて頂けると思います。これは、覚えていくと、家で誰もができるようになる体メンテナンス法です。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 産前恥骨の痛み 産後 腱鞘炎 など産前産後のセルフケア

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 6/5(月)に毎月恒例の助産所講習に行ってきました。妊婦さんや産後の方向けの講習会です。産前、産後には腰痛、恥骨の痛み、腱鞘炎、乳腺炎など様々な症状で悩まれている方が沢山います。今回参加してくれた方の中にも腰痛や股関節の痛みでお悩みの方がいらっしゃいました。自宅で出来るセルフケアをお伝えする事で、頑張るお母さんのお役に立ちたい!そんな思いで行ってきました。 産前、産後の方の不調に共通する原因として重心位置のズレがあります。妊娠中の方はお腹が大きくなるにつれ、重心の位置が前に移動していきます。イラスト:真鍋そうする事で妊娠前と体の使い方が変化していきます。産後にも妊娠中の体の癖がとれないため、産前、産後に特徴的な症状があらわれます。今回はまず、自分の重心がどの辺にあるか確認してもらう為、壁立ちをしてもらいました。"壁に真っ直ぐ立つだけ"のはずなのに指先の方に重心が移動し腰が反って、前のめりになる方も。地面に着いてるはずの踵が感じにくいなどの感想も頂きました。ひと通り確認してもらってからは、脱力と体幹を安定させる目的で、腹式呼吸を行いました。ここでの腹式呼吸のポイント✅仰向けで行う(妊婦さんは膝をまげると楽です^^)✅お腹を無理に膨らまさない事✅最後まで息を吐ききること✅いい匂いを嗅ぐように優しく吸い込む✅背中の方にも空気を入れる意識を持つ「腹式呼吸=お腹を膨らます呼吸」ってイメージする方が多いんですが、お腹を膨らます事を意識し過ぎると、背中や腰に力が入り反ってしまいます。そこで背中~お尻にも空気を入れてあげる様に意識すると脱力しやすくなり深い呼吸がしやすくなります。呼吸の後に再び壁立ちをしてもらうと・・・「さっきより楽に立てるー 」「踵が感じやすくなった」などみなさん変化に驚かれていました(^^)出産前からまっすぐ立つ事や正しい呼吸を覚える事で産前、産後特有の症状の予防にもなります。自宅でセルフケアをして元気な赤ちゃんを産んで下さいね~  治療所内でも助産所で行っているエクササイズを受ける事も可能ですので、興味のある方は気軽に問い合わせ下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      テーマ:
  • 31 May
    • 野球少年の肘の痛みの施術

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 今日、施術を僕が担当した患者さんで週末に中学最後の大会を控えた野球少年がいました。昨日、弟とキャッチボールをしていて右肘の内側を痛めたという事でした。週末の試合にも先発が決まっているということで、僕自身いつも以上の緊張の中、施術に集中しました。右投げ右打ちのピッチャーなので、投球動作の癖で右足に体重が乗りやすく、左足へ乗り込み(重心移動)がスムーズに行えず、右の股関節が力み、腰が上手く回せず右肘に負担をかけていました。イラスト:真鍋話している中で、本人も投球時に上半身が突っ込みやすく、意識的に右足で大きくタメをとる様にしていたという気づきがありました。早期回復や繰り返さないためには自分の癖を知ることはとっても大事だと思います。施術では、右の股関節の力みをとり、スムーズに重心移動が出来るように調整しました。本人の身体の癖の自覚が手伝ってくれた事もあり、さほど時間はかからず腰が上手く回る様になり、右肘の痛みは軽くなりました。固さのみられた胸周りを調整すると痛みは無くなったので、本人も喜んでいました。僕も痛みがとれほっとしました。試合直前のケガは焦りや本当に不安になります。万全の状態で試合に挑めるように今後も僕の出来る限りサポートしていきたいと思っています!中学生活の最後の大会、後悔しないパフォーマンスが出来る事を願って、いい報告を期待しています(^^)今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      1
      テーマ:
  • 30 May
    • 「なかなか治らない!?テニス肘の施術」

      こんばんは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 患者さんが「テニス肘」と診断され、なかなか痛みがとれないため施術を受けにいらっしゃいました。一度痛みが出ると治りにくいと言われる「テニス肘」名前の由来はテニス愛好家に多く見られるので「テニス肘」と呼ばれますが、手首や指先を使う方もよくなります。一般的には指や手首を伸ばす筋肉の使いすぎが原因と言われ、サポーターやアイシング、ストレッチなどが行われています。今回テニス肘の患者さんは大きな黒板消しで黒板を消す作業を繰り返していました。手首を反らす黒板消しを持つ動作と、黒板を消す手首を曲げる動作を一緒に行ったわけです。局所の状態として、肘の外側から手首を反らず筋肉、内側から手首を曲げる筋肉がついていて、両方が引っ張りあいをし、肘の外側の痛みを出しいました。全身の状態として、黒板を消す時に右脇をしめ、肘を固定しながら力一杯行っていたようです。モデル:いんちょー イラスト:真鍋これが肘への負担をかけ、更に胸周りの偏りを作っていました。施術では、肩の土台である肋骨を整え、胸周りの偏りをとっていきました。すると痛みにも変化が最後に手首を調整すると痛みが無くなりました。自宅でのケアは以下をお伝えしています。✅体幹を整える呼吸法✅正しい座り方、立ち方の指導「テニス肘」と診断され、安静にしてるけど、あまり良くならない方は一度ご相談下さい。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      3
      テーマ:
  • 18 May
    • 全身のバランスからみる脊柱菅狭窄症の施術

      おはようございます。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 今日も腰痛の患者さんが来られました。この患者さん、過去に「脊柱菅狭窄症」の診断を受けた事があるそうです。腰痛や足のしびれや痛みを引き起こす「腰部脊柱菅狭窄症」について書きます。「腰部脊柱菅狭窄症」の原因は姿勢にあります。※生まれつき脊柱菅が狭い方を除く。まず脊柱菅とは?背骨は頭から腰まで24個の骨(椎骨)が重なって出来ています。背骨の一つ一つには穴(椎孔)があいていて、神経が通るトンネルを作っています。そのトンネルの名前を「脊柱菅」といいます。そのトンネル(脊柱菅)が加齢により狭まり、神経が圧迫されたのが脊柱菅狭窄症です。脊柱菅狭窄症の症状として「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と呼ばれる症状があらわれます。この症状は、ある程度の距離を歩くと腰や足に痛みやしびれが出て動くのが辛くなるというものです。イスに座ったり、前屈みで休むと痛みやしびれが和らぎ、また歩き出す事が出来るようになるのもこの症状の特徴の一つ。さいの整骨院では、加齢による脊柱菅狭窄症も長年の座り方のクセが原因で起こるものと考えます。まずは下のイラストをご覧ください。この姿勢が続くと、赤い矢印(上の右側の写真)の方向へ偏った負担がかかります。この偏った負担を受けた背骨や靭帯が、受け皿を広げよう変形する事で脊柱菅を狭めます。全身を整え、骨盤が立つように調整する事で背骨や靭帯へかかった偏った負担を減らす事ができます。すると痛みやシビレが緩和していくんです。さいの整骨院では脊柱菅狭窄症と診断された患者さんに以下の事を行ってもらっています。✅偏りを改善し身体を満遍なく使う呼吸法✅伸びの体操(体が反らない様に注意)✅正しい座り方、立ち方の指導をお伝えしています。普段、当たり前に行っている歩く事。そこに痛みやシビレがあると不安やストレスになります。脊柱菅狭窄症と診断され、お困りの方は一度ご相談下さい。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      1
      テーマ:
  • 05 May
    • ヘルニアからくる腰痛 を繰り返さないためには

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋です。 「病院でヘルニアと診断された」という患者さんがいらっしゃったので、「ヘルニア」について書いてみたいと思います。「ヘルニア」は典型的な姿勢の崩れからくる症状です。腰骨の間の軟骨が飛び出した部分のことを「ヘルニア」といいますが、手術してヘルニアを取ったとしても姿勢を変えなければヘルニアを繰り返すことになります。理屈はこんな感じ 本来、背骨は24個の骨が重りS字に曲がっています。その一つ一つの間に軟骨(椎間板)があります。椎間板はよく饅頭例えられ、饅頭の中身のあんこ(髄核)が飛び出したものをヘルニアと言います。では、何故ヘルニアが姿勢の崩れからくるのかそれは本来、前弯(前に反ってる)はずの腰骨が、姿勢が崩れることで後弯(後ろに反る)するからです。                                崩れた姿勢                         絵:真鍋                             正しい姿勢  これが長期間続くと椎間板(饅頭)へのストレスが増え、やがてあんこが飛びてしまいます。  絵:真鍋もちろん手術が必要な場合もあります。ヘルニアが神経を圧迫して、膀胱直腸障害(おしっこや便がでなくなること)や高度な麻痺が出ている場合です。しかし本当に手術が必要なケースはヘルニアと診断された中の全体の一割程度と言われています。施術で体を整えながら、下記の3つは必ずしてもらっています。✅鉄棒やぶら下がり健康器にぶら下がってもらう✅伸びの体操をしてもらう✅強制的に横隔膜を下げ、腹圧を上げる呼吸法をしてもらうヘルニア予防に、またヘルニアになっても痛みをとることは可能なので、極力手術をしなくていいように、正しい姿勢を知って、自然治癒力で治していきましょう!腰痛でお困りの方はお気軽にお問い合わせ下さいね。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 03 May
    • ぎっくり腰の治療(上半身編)

      こんにちは。 尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。  ここ最近、腰痛で来院される患者さんが多いです。 治療所のある武庫之荘以外の遠方から来院される方も多いので、 慢性的に繰り返さないように施術と予防法もしっかりお伝えしています。絵:いんちょー腰痛の原因は様々です。上半身や下半身、内臓に原因がある事もあります。痛い腰だけに原因があるとは限りません今回は上半身に原因がある場合に関してお伝えします。その場合の腰痛の改善方法としては✓手首の動きを良くする✓肋骨の偏りを改善する✓頭の位置を整える に重点を置いて施術を行っています。湿布をしたり、患部だけへの処置は行いません。和らぐことはあっても腰に負担がかかる原因を取り除いてあげる事をしてあげないとまた繰り返す事になります。上記を施術で整える事で腰に負担がかからなくなるので、痛みはとれますが、繰返さないように家でしてもらう予防法として✓手を床につけて肩が回らないように肘をまわす運動✓肋骨の柔軟体操になる呼吸法✓壁を使ってチェックする姿勢矯正などを患者さんの身体の癖に添ってお伝えしています。なかなか良くならない、繰り返す腰痛は、腰とは別の所に原因が隠れているかもしれません。次回は骨盤周辺下半身に原因がある場合の腰痛の改善方法をお伝えします。じめじめした梅雨が来る前に体のメンテナンスをしっかりしていきましょう!さいの整骨院HP腰痛でお困りの方は06-6435-2417までお問い合わせください。

      3
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 介護をする方が腰痛にならない為に必要な事

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 4月から介護の仕事を始めた新患さんが紹介で来られました。早く現場に出られる様に一生懸命研修を受けていて、腰に痛みが出てしまいました。介護の現場では腰痛で悩んでいる方が沢山いて、新人研修でも腰に負担をかけないいために「足幅を開いて重心を落とす様に!」と指導されるそうです。この患者さんに「実際にどうやって重心を落としてるのか」を聞いてみると、少し考えながら「うーん・・・腰を下げる事・・・?」と答えてくれました。腰が下がっていると重心も下がってる様な気がしますよね。実は重心を落とす為には、見た目では分かりにくい大切なポイントがあるんです。それが「横隔膜が下がっている事」です。実は横隔膜が下がってる状態がそのまま重心が下がる事にリンクするんです。横隔膜がしっかり下がっていると、腰を下げても背中が丸まらず腰が立ってきます。逆に横隔膜が下がっていないと腰が落ち背中が丸くなります。外見上、同じ腰を下げる動作でも体の中(横隔膜)の状態で重心の位置は変わってくるんです!横隔膜が下げるためには、「深い呼吸」がカギになります。 体に不調を抱えていると気持ちにも余裕が無くなってきます。まずは深い呼吸でリラックスしながら横隔膜を下げてあげましょう!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 快適に夏を迎える為の春の過ごし方

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 4月も下旬にさしかかり、ようやく過ごしやすい気候になってきました。自然界に四季があるように、人の体にもそれぞれの季節によって影響を受けやすい場所があります。春に影響を受けやすい場所は「股関節まわり」です。春先に多いシンスプリント(足のスネの痛み)なども、横隔膜と腹腔や股関節の影響を大きく受けています。明け方に足がつりやすかったり、肉離れなど筋肉のトラブルにも注意が必要なのがこの時期の特徴です。今日はそんな「股関節」を柔らかく使えるようになるエクササイズを紹介したいと思います。使用するはこちら「リンケージボード」です。人の体は誰でも3㎝までの段差を克服する能力が備わっています。それ以上の高さ(3㎝+a)になると全身を使って調整する能力が必要になります。 特に板に乗せてる方の股関節はつまりやすくなるので、股関節の力みをとり左右の足に均等に体重が乗るように調整してみて下さい!左右の足を乗せかえると、同じ板に乗ってるのにまったく違う感覚になります。春は夏の成長を夢見てしっかり準備する時期です。この時期の過ごし方で、快適に夏を迎える事ができます。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。 さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 「○○に痛みがあるけど姿勢教室参加しても大丈夫ですか?」

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 4/16(日)は毎月第3日曜日にさいの整骨院が主催するイベント「ワンコイン姿勢教室」でした。主婦の方、フィギュアスケート選手、バレエダンサー、治療家の先生から子供達まで幅広い方が参加してくれました。参加頂いた方の中には「呼吸の大切さを実感しました」「もっと深くわかるようになりたい!」と2回目参加の方も!会場の武庫之荘カルチャースタジオにも沢山問い合わせを頂いているそうで、中でも多かったのが「○○が痛いねんけど参加して大丈夫ですか?」というものでした。「ワンコイン姿勢教室」で行っているエクササイズは大きくわけて3つです。・正しく呼吸するための呼吸法・真っ直ぐ立つ・正しく座るそれぞれのテーマに沿ったエクササイズを無理なくその人に合わせてやってもらいます。痛みがある方でも、エクササイズで体が整ってくると、「体が軽くなった」や「痛みが軽くなった」などの感想も沢山頂いてますので安心して参加して下さい。次回は5/21(日)です。15名限定ですので、気になる方はお問い合わせ下さい!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      1
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 足が速くなる体の使い方

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。 今日も大学で陸上をしている患者さんがエクササイズに来ました。以前からの足の痛みが練習で悪化してしまいました。良くなりかけていただけに、本人もショックが大きかったと思います。僕も経験がありますが、ケガや痛みで好きな事が出来ないのって辛いし、本当に悔しいです。「ケガから復帰した時は以前より動ける体に!」そんな思いを込め、呼吸のエクササイズやリンケージボードで自分の軸を育てていくトレーニングなど一時間みっちり頑張ってくれました。前回のブログで痛みや不調が出にくい体について書きましたが、速く走るためにも条件は同じなんです。綺麗に膨らんだボールは真っ直ぐスムーズに転がる事ができます。一方、空気が抜けたボールはどうでしょうか?  空気の抜けたボールは[形がいびつになるため] 真っ直ぐスムーズに転がる事が出来ません。人も体に力み、偏りがあるとスムーズに重心を進めにくくなります。スムーズに重心を進める事ができない分、余計な所に力を入れ必死に前に進もうとします。これが、脚の疲労感や痛みの原因につながります。空気の抜けたボールには空気を入れますよね。人の体も綺麗に膨らませてあげる必要があります。ボールは空気入れで、人の体は20秒呼吸でしっかり膨らませてあげましょう!今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 痛みや不調を繰り返しやすい体とは

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。人の体は体幹という大きな風船があり、その中に「胸の風船(赤)」と「お腹の風船(青)」があります。その2つの風船の間の仕切りが「横隔膜(黄)」です。 全ての風船が綺麗に膨らんでいる、上の図は様な状態では痛みや不調は出にくくなります。体も満遍なく使う事ができ、高いパフォーマンスが発揮できます。では、「長引く痛み」や「痛みを繰り返す」体の状態とはどんな状態でしょうか?下の図がそうです。「黄色のテープ」=力み、使えていない場所風船に「黄色のテープ」が貼ってある影響で、体幹の風船に偏りができ、綺麗に膨らむ事が出来きません。この偏りが原因となって様々な痛みや不調(風船が傷ついている所)を引き起こします。さいの整骨院で行っている施術法「BCトータルバランスシステム」では、まず風船に偏りをつくる「黄色のテープ」の位置をセンサーで測定し、施術で綺麗に風船が膨らむ様に調整していきます。黄色のテープ(力み、使えていない場所)が無くなる事で、風船が綺麗に膨らみ体が満遍なく使えるようになります。その人が持っている「本来の力」を発揮できる体になるわけです。痛みや不調が無くなってからは、再び黄色のテープが出来ないように、エクササイズを取り入れます。満遍なく使える体づくり、更に「動きの質・精度」を上げて行くことが可能です!なかなか取れない痛みや不調。もしかしたら痛みが出ている場所とは別の所に原因"黄色のテープ"が隠れているかも知れません。「自分の体ももしかして」など気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      2
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 脚の形がかわる!?「真っ直ぐ立ち方」とは

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。ようやく春らしい暖かい日が増えてきました。冬服から春服になり、薄着で出かける機会も増えてくるのではないでしょうか?最近セルフケア指導をしていても、ヒップアップやO脚など、女性ならではのお悩みを沢山頂きます。両方のお悩みに共通するのが「正しく立つ事」です。 「O脚改善の一番近道は、真っ直ぐに立てる様になる事なんです」僕がそう考えるようになったきっかけは同居している祖母にあります。僕の祖母は背中が円く、僕が物心ついた時には既になかなかのO脚でした。ところが15年くらい前に変形した膝の痛みが強くなったため人工関節にする手術をしました。すると、あんなに曲がっていた膝が真っ直ぐに!O脚だった脚も別人の様に変わって祖母も家族もとても喜んでいました。ところが、手術から15年立つと、一時はまっすぐだった膝も徐々に曲がってO脚も酷くなっていきました。いくら手術で形を真っ直ぐにしても、以前と同じ使い方をしていると、いずれまた元通りの曲がった状態なってしまうんです。元通りにならない様にするためには、脚に正しく力を伝える姿勢や体の使い方を身に付ける事が必要になります。そのためには「真っ直ぐに立つ事」が鍵になります。真っ直ぐに立てると正しく脚に力が伝わります。 膝に痛みがある方もO脚、X脚でお悩みの方も、先ずは普段何気なく立っている時に「足のどの辺に体重をかけているか」「左右どちらかに偏って体重がかかっていないか」など自分の体を感じる所から始めてみてはいかがでしょうか。「自分ではよくわからない」という方は直接院内でお伝えする事も出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい! 今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      テーマ:
  • 05 Apr
    • 「呼吸するだけで膝の痛みがとれました」講習会参加者の声

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。月曜日の午前中に御影にある毛利助産所へ講習会に行ってきました。産前・産後の方、助産師の方に向けに毎月行ってる講習会、今回も7名の方に参加頂きました。参加者の中には腰の痛みや膝の痛みがあり、出産後すぐには治療に通えないので、「産前から自分でケアする方法をしりたい!」「普段から体が固いので少しでも楽に出産したい!」などなど皆さん意欲的に取り組んでくれました。まずは、いんちょーから体の話。その後は自分の体を思い通り動かせるかのチェックもしました。皆さん苦戦してましたね(笑)真っ直ぐ立てるかの確認も、「壁立ち」でしてもらい、普段どこに重心をかけて立ってるのか、今の自分の状態を感じてもらいました。ここからは各自、寝転んでゆーっくり腹式呼吸をしてもらいました!腹式呼吸ってお腹を膨らます呼吸ってイメージないですか?実はそこに落とし穴があって、お腹を膨らまそうとすると、腰が反ってしまう方が結構います。正しく腹式呼吸を行うと脱力でき背中がベターと床に着いてきます。しっかり脱力した状態で壁立ちをしてもらうと、「さっきと重心の位置が違う」「足の裏全体に体重が乗ってる感じがする」と変化に驚いていました。何より、呼吸するだけで、腰の痛みや膝の痛みが無くなっていた事に皆さん驚いていました。妊娠中、お腹が大きくなってくるにつれ、妊娠前と重心の位置も変化していきます。出産後も、"重心の位置のズレ"が戻らない事で様々な症状が出ます。出産後、直ぐに治療に通える方の方が少ないと思います。自宅で出来る呼吸から始めてみてはいかがでしょうか。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      テーマ:
  • 31 Mar
    • 真っ直ぐ立つ事で体型もかわる!?

      こんにちは。尼崎市 武庫之荘 さいの整骨院の真鍋 卓です。「姿勢美人に見られたい!」「ヒップアップしたい!」セルフケア指導を受けた女性の患者さんのご要望でした。良い姿勢はもちろんヒップアップしたいという要望も正しく真っ直ぐ立つ事で叶うんです。かかるべき所にしっかり荷重すると自然とお尻に丸みがでてきます。その"かかるべき所"の指標になるのが真っ直ぐ立つ事なんです。特に女性の方に姿勢を正してもらうと、腰を反って鳩尾(みぞおち)を前に突きだす様な格好を取る方が多いんです。一見背中が伸びて良い姿勢と思われがちなこの姿勢。実は調度いい所を通りすぎてしまってるんです。ヒールを履くと、この腰の反りがより強調されてしまいます。腰が反る事で、重心の位置も前に移動し、その分下半身への負担も大きくなります。「足が疲れる」や「腰が痛くなる」のもこのためです。真っ直ぐ立つ事を覚えるとヒールだって綺麗に履きこなす事ができます。今回は呼吸法で内側から体幹を安定させ、表面の筋肉に頼らないで真っ直ぐを作ってもらいました。すると壁立ちをした時の腰の反りも小さくなり、かかるべき所に体重が乗り、楽に立つ事ができました。正しい姿勢を身に付けると頑張らなくても良い姿勢がとれるので「今まで無理してたのがわかった!」との感想を頂きました。自分では気がつきにくい体の癖や使い方を見直すと、ちょっとした事で楽に毎日を過ごす事ができます。興味のある方はお問い合わせ下さい。今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。では、またここで。さいの整骨院HPお問い合わせ06-6435-2417

      3
      テーマ:

プロフィール

真鍋 卓

自己紹介:
はじめまして!尼崎市武庫之荘 さいの整骨院スタッフの真鍋 卓と申します。 奈良県出身、6人家族で弟...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。