日々幸進(ひびこうしん)

日々幸進(ひびこうしん)

日々、自分が楽しくて生きている事を簡潔に記しておきたいと思います♪
演劇、音楽、TVドラマ、映画、バラエティ、漫画、アニメ、特撮、他を色々自分の視点で面白しろ可笑しくね♪

我、書く故に、我あり♪









石田1967(まさまさ)です♪











日々幸進(ひびこうしん)-LINX‘S白





●演劇ソリッドアトラクション LINX’S


他のショーケースと一線を画す、


各劇団さんが本公演に匹敵するものをもってきます!


劇団が劇団であるが故に、己の信念を賭け出演するイベント!


それが、演劇ソリッドアトラクション LINX’S!








■6劇団×20分芝居= LINX’S


【LINX’S PRIME】


全公演終了!!


ご来場、誠にありがとうございました!!











会場 大阪 千日前トリイホール

日程 2014年9月26日~30日




【参戦劇団】


KING&HEAVY(神戸大学自由劇場出身ユニット)


劇団ちゃうかちゃわん(大阪大学 演劇サークル)


犬と串(from 東京)


劇団ほどよし(from 大阪)


がっかりアバター(from 大阪)


匿名劇壇(from 大阪)













■次回公演


演劇ソリッドアトラクション LINX’S

【LINX’S PRIME W(ダブル)】

2015年5月 予定


COMMING SOON!!!

(無期延期となりました。ご了承ください)


http://ameblo.jp/linxs/entry-11997085820.html






■「こりっちサイト」

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=56999


(皆様、観たい!コメント大絶賛募集中でございます!)













LINX’S DVD を通信販売しております!




DVD詳細はこちら!↓




http://ameblo.jp/linxs/entry-11935275797.html




貴方のお気に入りの劇団の、あの特別なアクトがあなたのお茶の間に!




しかも今では人気者のあの方の素晴らしいアクトもここに!

※数に限りがございます。





何卒、よろしくお願い致します!!




(お問い合わせ: linxslinxs@gmail.com











演劇ソリッドアトラクション LINX'S




主宰 : 石田1967(イシダ・ナインティーンシックスティセブン)






◆インタビュー掲載

京都の演劇人にインタビュー+ギャラリー

「頭を下げれば大丈夫」




掲載URL

「頭を下げれば大丈夫」


石田1967インタビューページ


http://www.intvw.net/ishida_1967.html






石田1967観劇Tweetまとめ


http://togetter.com/li/793011

五里霧中。

 

まったく未来が見えない。

いま自分が感染者かもしれないというリスクは僕にブレーキをかける。

昔の自分、

家族を省みない考えならば問題はない。

ただ、

施設に入っている母や、

同居している嫁や次女の生活、

また所属している会社の業務ストップなど考えると二の足を踏む。

今、会社で進行している現場数はおよそ15件。

その枝葉となるとそのおよそ倍。

また嫁次女の勤務先にも影響を考えてしまうと考えると、

安易にコロナにかかるリスクを自分の近しい人たちに与えてしまう可能性があることは非常に辛い。

いや辛いだけではない。

その大好きな人たちの生活範疇すらを破壊しかねない事は恐怖だ。

だから動けない。

 

勿論、今僕が抱えている仕事の現場が指先からこぼれるほどあるというのも原因だ。

しかも休みがなかなかにない。

おまけに仕事は重労働の工事が多いことも精神的にヤバい。

メンタル的に追い遣られている事もある。

だからいまエンターテイメントの世界から僕が足を遠のかせている。

仕事は後から後から山のように湧いてくる。

それはうちの社長の貪欲さと、

このコロナ禍の中会社をどうにか存続させようとしているからだ。

うちの社長のアンテナ力は本当に半端ない。

 

まぁその話しはまたということで。

 

今は仕事と家庭とメンタル的な事の修正を行うことで精一杯。

ただその家庭的な事をさらえているのは僕人生において極めて重要だ。

何せ今まで「演劇」に夢中になりすぎていて家庭を放り出しすぎていた。

だからいま自分が出来ることを粛々と行っている。

粛々と。

 

 

そして僕がそうしたエンターテイメントに帰れる日が来るのはまだまだ先だ。

と、感じている。

その日がいつになるのか。

僕も心待ちにしている次第。

 

さて。