【産業財産権制度】地震等により手続きができなくなった場合 | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)

山形県沖で地震が発生しましたが、その地域の方は、大丈夫でしたでしょうか?
被災された方、また不自由な生活を強いられている方の、一日でも早い復旧・復興を願うばかりです。

 

一方、地震等により、特許庁への手続きをすぐに行えないようなケースもあるかと思います。

特に、拒絶理由通知の応答期限が迫っているようなケースもあるかと思います。

その対処に関しては、特許法はじめ産業財産権関連法規では、とても丁寧に規定が設けられている。

また、特許庁も、必要な情報をすぐにHPに掲載してくれています。

山形県沖を震源とする地震により影響を受けた手続の取り扱いについて

焦ることなく、まずできるところから、という感覚で対応していただくのが良いと、私は思います。

 

代理人よらず出願を行った案件で、「期限が過ぎてしまった!」というようなケースでも、まずは特許庁に相談するなり、私どもにご連絡ください。

救済措置があるかもしれません。