【中小企業支援】知的財産権を不当に吸い上げ!? | アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

アイデアやブランドを経営の武器として ~知財医®からのご提案~

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産権の検索・出願(申請の流れ)・取得
・費用や著作権(音楽やホームページ等)の話題を提供
(弁護士ではなく、理系の弁理士だからこそ分かるものもあります)

(令和元年6月14日)製造業者のノウハウ・知的財産権を対象とした優越的地位の濫用行為等に関する実態調査報告書の公表について

という調査報告が、公正取引委員会から公表されました。
「優越的な地位にある事業者が取引先の製造業者からノウハウや知的財産権を不当に吸い上げている」という声を受けた実態調査の報告です。
 
心当たりのある中小企業の経営者が、いらっしゃるのではないでしょうか。
正直、私も、この手の話はよく聞きます。
 
取引を維持したまま、具体的な法的根拠もある予防手段はあると思っています。
いずれにしても、知財に関する正しい知識と、自分たちの強みをどう守って、社員のやる気を引き出すか、そんな前向きな取り組みをお願いしたいと思います。
 
もちろん、そのためのお手伝いを、しっかりさせていたdかいます。