【三鷹 吉祥寺 武蔵境 不動産所得相談 おすすめ 口コミ 評判】税務署によるお尋ね・税務調査強化 | 三鷹 税理士 起業・会社設立・相続◆将軍への坂道◆ 吉祥寺・三鷹・武蔵境の税理士事務所で頑張る野良うさぎの青雲ブログ

三鷹 税理士 起業・会社設立・相続◆将軍への坂道◆ 吉祥寺・三鷹・武蔵境の税理士事務所で頑張る野良うさぎの青雲ブログ

水原会計事務所での経験はまだ浅い足軽ブログです。一所懸命頑って、三鷹 税理士事務所での侍大将、将軍を目指す山あり谷あり人生を描きます。
また、武蔵野市(吉祥寺)、三鷹市、調布市の地元最新情報、高尾山ハイキング、家庭菜園、果樹園、等も書きますね。

おはよ。東京都武蔵野市(吉祥寺、三鷹、武蔵境)、三鷹市(三鷹)、

 

練馬区(上石神井、武蔵関)、西東京市(東伏見、西武柳沢、田無)

 

密着の年中無休 税理士&行政書士

 

吉祥寺・三鷹・武蔵境の税理士事務所 水原会計事務所

 

で頑張る野良うさぎです。(^-^)/

 

 

今日は快晴の週明け。がんばろ。晴れ

 

 

昨日、東京都西東京市東伏見の

 

お客さんに、

 

地域完全密着・年中無休の起業・開業

 

会社設立(法人なり)・創業融資無料相談

 

のとき(税金駆け込み寺)、

 

不動産業の会社設立後の出費と

 

創業融資についていろいろ聞かれたんだな。

 

そのあと、社長個人が所有する不動産

 

賃貸物件についてもまた聞かれたんだな。

 

そこで、いい記事があったので、

 

折角だから、その記事を見せて説明

 

もさせていただいたんだな。ニコニコ

 

 

水原会計事務所は、トップが不動産会社

 

役員の経験もあることから、噂を聞きつけた

 

不動産関係者から

 

の無料相談が結構多いんだな。あせる

 

ちなみに、水原会計事務所が入ってるビルには、

 

不動産のはとさんの支部も入っているんだな。ニコ

 

 

さて、先日の新聞記事によると、

 

税務当局(税務署)による個人の

 

不動産所得に対する税務調査強化の

 

記事が出ているんだな。叫び


吉祥寺税理士 起業・会社設立・野菜ソムリエ ◆将軍への坂道◆ 武蔵野市(吉祥寺・三鷹)の税理士事務所で頑張る野良うさぎの青雲ブログ

 

水原会計事務所はもともと不動産部門や相続税部門という

 

資産税専門部署があり、

 

他の税理士事務所で不動産の知識面(実務や具体的節税面)で

 

満足できない人が相談に来るケースも結構あるんだな。得意げ

 

 

もともと不動産所有者は不動産の知識がそれなりにあるので、

 

不動産に詳しくない専門家はすぐにわかる

 

みたいなんだな。滝汗

 

 

最近、確かに、水原会計事務所での年中無休無料相談で、

 

不動産賃貸所得(不動産所得)に関する

 

税務署からのお尋ねを原因とする相談が

 

新聞記事を裏付けるかのように、

 

特に多くなってきているんだな。あせる

 

 

いろんなルートからの最新情報を

 

総合すると、どうも個人の不動産所得者にたいして、

 

税務署の矛先がついに本格的にターゲットとして

 

向けれたらしいんだな耳

 

 

個人の確定申告というと、どちらかというと

 

土地建物の譲渡所得や規模の大きい事業所得が

 

今まで税務調査の標的にされ、実のところ、

 

不動産所にたいしては、一部例外を除き

 

手付かずという実態があったんだな。べーっだ!

 

従来、税金駆け込み寺である水原会計事務所内で、

 

無料相談時にお客さんが持参する

 

不動産賃貸所得(不動産所得)

 

の確定申告書をの内容をチェックしてみて、

 

よく今まで税務調査に来られなかったものだ!?

 

という感心させられる申告書を数多く見て

 

来たりもしてきたんだな。にひひ

 

もちろん、事務所で、きちんと無料で改善アドバイスも

 

してきたんだな。得意げ

 

 

最近、税務当局(税務署)は国の財政難を

 

背景に富裕層、無申告者への課税強化

 

に努めているんだけど、遂に

 

税金がとれそうな宝庫とも言うべき、

 

不動産所得者をターゲットに

 

したなビックリマーク、という実感なんだな。ガーン

 

個人の不動産賃貸所得(不動産所得)の場合、

 

専門家の申告書作成提出代行を依頼しない人も多いし、

 

無申告者や内容の間違いも結構多いんだな。汗

 

税務署は、遅まきながら、ある意味おいしい調査対象を

 

やっと選んだと言えるんだな。うーん

 

 

よく無料相談時に税務署からのお尋ねの

 

対応についてアドバイスを求められるんだけど、

 

やはり、正直に事実を伝えることを

 

お勧めているんだな。グッド!

 

結局、答える義務は無いとはいえ、お尋ねを無視して、

 

税務調査に入られてたくさんの税金を

 

取られては、元も子もないからなんだな。べーっだ!

 

 

不動産賃貸所得(不動産所得)については、

 

売上の計上漏れや無申告は問題外として、

 

素人の方は経費の計上において

 

誤解が結構多いんだな。叫び

 

 

例えば、よく拝見する基礎的な誤りをちくと列挙すると、

 

1.事業的規模の概念が正確にはわかっていないこと

 

→たまに専門家も然り!?

 

2.事業的規模か否かで経費の範囲(節税)が格段と

 

差が出ること。

 

これを知らないないし誤解していること。

 

→例えば貸倒や給与なんかがそうなんだな。

 

3.賃貸アパート兼自宅の自宅部分の固定資産税を

 

計上していること

 

4.同じく自宅部分の水道光熱費を計上していること

 

5.現在住んでいる自宅部分の修繕費を計上していること

 

6.賃貸アパート建設時に借り入れた借入金の

 

返済時の元本を費用計上していること

 

7.アパートの工事・修繕費に関しては、建物等固定資産

 

とすることなく一切合切修繕費としていること

 

8.相手にかかわらず、飲み食い代は無制限に

 

経費としていること

 

等なんだな。

 

書くと延々と書けるので、

 

一部だけにしておくんだな。得意げ

 

 

不動産賃貸所得(不動産所得)の確定申告の場合、

 

不動産所得が得意な専門家に確定申告代行すれば、

 

支払う報酬以上に節税できる場合もあるのに、

 

何年も損をし続けているケースがよく見受けられるんだな。あせる

 

 

不動産所得に関しては、国税の所得税の節税に限らず、

 

固定資産税等の地方税の節税にも関連性があるので、

 

知識さえあれば、その節税範囲は実は意外と広いんだな。ニコニコ

 

 

野良さん的には、地元の不動産所得に強い税理士をうまく

 

安く使えばいいのにビックリマーク、とよく思うんだな。

 

無料相談もよくやっているだろうし・・・、

 

たまにチェックの意味で頼むとか・・・

 

 

 

では、今日はこのへんでー。パー